アイドル 芸能 見張り隊

「創造の10年」終わった!宮崎駿監督、引退を表明、アニメ「風立ちぬ」を最後に

スタジオジブリの宮崎駿監督が、長編映画の製作から引退することが分かった。
同社の星野康二社長が、開催中の「第70回ベネチア国際映画祭」の会見で明かしています。

「風の谷のナウシカ」「千と千尋の神隠し」など数々の人気アニメを手がけるなど、半世紀にわたってアニメに携わり、監督としても約40年活動してきましたが、現在公開中の「風立ちぬ」が長編映画として最後の作品となるようです。

スタジオジブリ 『風の谷のナウシカ』 宮崎駿 監督作品DVD VWDZ-8006 

スタジオジブリ 『風の谷のナウシカ』 宮崎駿 監督作品DVD VWDZ-8006 

(関連商品)

宮崎監督は、1941年生まれ。63年にアニメ制作会社の東映動画に入社。間もなく頭角を現し、高畑勲さんらと「太陽の王子 ホルスの大冒険」(68年)などを手がけた。その後、いくつかの制作会社を経て「アルプスの少女ハイジ」(74年)、「未来少年コナン」(78年)などに携わり、「ルパン三世 カリオストロの城」(79年)で初めて劇場版アニメの監督を務めた。「風の谷のナウシカ」(84年)でアニメ作家として広く知られるようになり、85年にスタジオジブリを設立。「天空の城ラピュタ」(86年)、「となりのトトロ」(88年)、「もののけ姫」(97年)など数々のヒット作を手がけ、2001年の「千と千尋の神隠し」は、アカデミー賞の長編アニメ賞やベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞など数々の賞を受け、興行収入も国内歴代最高の304億円を記録した。

「崖の上のポニョ」(08年)以来5年ぶりの監督作品となった「風立ちぬ」は、実在のゼロ戦の設計者、堀越二郎の生涯と、堀辰雄の小説「風立ちぬ」をイメージした作品。公開から6週連続で観客動員ランキング首位を獲得しており、37日間の累計で動員640万人、興行収入80億円を突破している。宮崎監督は、初めて自分の映画で涙を流したことを告白。鈴木敏夫プロデューサーも同作品を「宮崎監督の遺言」と発言するなど話題を集めていた。
(毎日新聞デジタルより引用)

スタジオジブリ宮崎駿監督作品 『となりのトトロ』ジブリDVD   VWDZ-8002

スタジオジブリ宮崎駿監督作品 『となりのトトロ』ジブリDVD   VWDZ-8002

(関連商品)

引退理由は明らかにしていませんが、『風立ちぬ』の中でクリエイティブ(創造的)な期間は10年しか続かないという意味のせりふがあります。
宮崎さんは『自分の10年はとっくに終わっている』と、引退を決意したようですね。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
「あまちゃん」次週予告でネット騒然! 震災描写に「ちゃんと見れるか自信ない」という声も
じぇじぇじぇ!「ユイが行方不明に!?」ついに東日本大震災が描かれる『あまちゃん』、結末は……
「あまちゃん」でブレイクの有村架純、”キス写真流出”はヤラセ!売名目的の内部リークだった!?
藤圭子さん、転落死の謎!なぜ警察は司法解剖も行政解剖もせず、自殺と断定したのか?藤さんの実兄との遺体確認拒否の裏で、警察の内部事情が明らかに。
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


掟破りの自宅襲撃にマー君激怒!出版社が出入り禁止に

ヒートアップする週刊誌の取材に激怒した、楽天・田中将大投手(24)。
決まりを守らない取材に対し、球団はこの出版社を“出禁”にしています。

インターホン越しとはいえ“ピンポン攻撃”を繰り返されては
たとえ取材慣れしているとはいえ、(里田)まい夫人も困惑したことでしょう。

【送料無料選択可】スポーツスーパースター伝 5/ベースボール・マガジン社/編集(児童書)

スポーツスーパースター伝 5/ベースボール・マガジン社

(関連商品)
 
楽天・田中将大投手が8月30日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に先発し、7回3失点で勝利。開幕からの連勝を「19」とし、大リーグのルーブ・マーカード(ジャイアンツ)が1912年に樹立して以来、実に101年ぶりの「世界記録」に肩を並べた。記録の上で“世界のマー”になったが、すべてが順調なわけではない。その裏では、ヒートアップする週刊誌の取材に絶対エースが激怒する事件が起きていた。

打線が2回まで7得点と大量援護したこともあり、初回からノープレッシャーで5回までスイスイと快投した。ところが、6回に2点、7回にも併殺打の間に1点を失い今季ワーストの3失点。自身の投球内容に納得のいかない様子の田中は「勝たせてもらったという感じ。何にも良くなかったです」とイライラを募らせた。

それでも不敗神話は継続中。次は稲尾和久(西鉄)が樹立した「同一シーズン20連勝」という記録に加え、昨季から24連勝となるため、これはカール・ハッベル(ジャイアンツ)が1936〜37年に達成した世界記録に並ぶ。自己新の20勝にも手が届く。調子が悪いながらも、白星が転がり込む流れの良さがあることから、一見、順風満帆にも見える今季の田中だが、実は人知れず苦しんでいた。連勝すればするほど、報道が過熱し“聖域”だったはずのプライベートまで侵されてしまったからだ。ある日に起きた“ピンポン事件”を出版関係者が明かす。

「ある週刊誌記者がマー君に直撃すべく、仙台の自宅を訪ねたそうです。その時は本人は不在だったようで、(里田)まい夫人が対応した。それにマー君が激怒して、球団の知るところとなり、その週刊誌を刊行する会社の全媒体を楽天が“出禁”にしてしまったそうです」

球団は報道陣に対し「選手の自宅への取材活動」を禁止事項にしており、田中に関しては「まい夫人への取材もご遠慮ください」とNGを出している。Kスタ宮城にまい夫人が応援に来ているにもかかわらず、新聞などにコメントが掲載されないのはそのためだ。エースにとってグラウンド外は“聖域”。リラックスできる時間を過ごせるはずだったのだから、怒るのも当然か。

今回の件について球団側は「確かに事実です。出入り禁止にしていることは、12球団にも通達しています」(球団広報)という。

「この措置に出版社は頭を抱えています。出禁がこの雑誌だけならまだしも、この出版社はスポーツ雑誌も刊行していますからね。このままだと楽天の初優勝が一切取材できなくなりますから」(前出の出版関係者)

とはいえ、現時点では“出禁”が解ける気配はないという。もともと田中は「うちの周りに週刊誌(の記者)がウロウロしているらしいんですよ」とこぼしたこともあるなど、プライベートに関する週刊誌の取材攻勢には敏感だった。たとえインターホン越しとはいえ“ピンポン攻撃”を繰り返されれば、まい夫人も気がめいるというもので、田中が怒るのも無理はない。

だが、皮肉にも不敗神話が続くほど、周囲が過熱していくのも事実。シーズン終了まで無敗で突っ走りそうな田中だけに、今後もヒートアップする取材攻勢から、愛するまい夫人を徹底ガードしていくつもりのようだ。
(東スポより引用)

【選手の本音が読める!】本格スポーツ議論マガジン RONSPO(論スポ)BASEBALL2010開幕特集号(Fight&Life4月号増刊)

【選手の本音が読める!】本格スポーツ議論マガジン RONSPO(論スポ)(Fight&Life4月号増刊)

(関連商品)

楽天も初優勝かかってるし、開幕20連勝をねらっているだけに
マスコミから、大事なエースを守らないといけませんね。

週刊誌とスポーツ誌の両方を持っているというと、文藝春秋社?でしょうか。

もっとも、週刊誌(漫画除く)売上NO1の天下の文春が
そんな危ない橋渡るような取材するわけはないと思うのですが…。

マー君・里田 ツーショット画像@⇒ ranking
マー君・里田 ツーショット画像A⇒ reading
マー君・里田 ツーショット画像B⇒ ranking

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
「あまちゃん」次週予告でネット騒然! 震災描写に「ちゃんと見れるか自信ない」という声も
じぇじぇじぇ!「ユイが行方不明に!?」ついに東日本大震災が描かれる『あまちゃん』、結末は……
「あまちゃん」でブレイクの有村架純、”キス写真流出”はヤラセ!売名目的の内部リークだった!?
藤圭子さん、転落死の謎!なぜ警察は司法解剖も行政解剖もせず、自殺と断定したのか?藤さんの実兄との遺体確認拒否の裏で、警察の内部事情が明らかに。
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

「セリフ棒読み」MAKIDAIドラマが、視聴率でジャニーズ超え!?

EXILEのMAKIDAIこと眞木大輔(37)主演の深夜ドラマ「町医者ジャンボ!!」(日本テレビ系)。
「セリフ棒読み」と指摘される一方で、深夜枠ながら視聴率ではジャニーズ超えと大健闘、にわかに話題となっています。

ただ、もてはやされる理由がそのイケメンぶりではなく、眞木の“大根演技”というからビックリ。
思わぬ誤算に日テレ上層部も大喜びで、続編制作の声も上がっているようです。

町医者ジャンボ!! 7

町医者ジャンボ!! 7

(関連商品)

「なぜか見てしまうんですよね。あの中毒性はヤバイですよ!」。そう語るのは他局のドラマ関係者だ。

今夏クールのドラマは、堺雅人(39)主演のTBS系「半沢直樹」が平均24・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と断トツの高視聴率を記録し、完全な独り勝ち状態。一方、深夜枠で大健闘しているのが眞木の連ドラ初主演作「町医者ジャンボ!!」だ。

同じ深夜ドラマで「KinKi Kids」堂本剛(34)主演の「天魔さんがゆく」(TBS系)が平均1・43%、最新話は0・8%と低迷する中、平均視聴率4・86%を叩き出している。「日付が変わるような時間帯の放送で3〜4%はオンの字。しかも連ドラ初主演でしょ」(テレビ関係者)

だが好調の理由を探ると、素直に喜べない側面も…。冒頭のドラマ関係者が声を潜める。

「もちろんMAKIDAIファンが大勢見ているんでしょうけど、何より眞木さんのセリフが棒読みでヒドい(笑い)。それが病みつきになる原因でもあるわけですよ。ストーリーうんぬんより、彼の“大根ぶり”を毎回楽しみにしている人が多いんです」

ネット上では「信頼の棒読み」「安定の棒読み」とやゆされ、妙な人気を獲得しているほどだ。こんな話もある。

「初回放送前に局の上層部を集め、CMも入った本放送と同じ形式の完全版の試写会を行ったんです。見終わった上層部は顔面蒼白。ドラマスタッフに『本当にこれで大丈夫?』と声を掛ける幹部も。みんな、彼の演技を目の当たりにして、絶句したようです」(同)

言わば、完全版の段階では日テレ上層部もこのドラマに過度な期待はしていなかった。いや、それどころか大きな不安を抱いていた。それがまさかの“逆転現象”で視聴率をそこそこ取っているのだから、制作サイドの笑いが止まらないのも無理はない。

「最近ではMAKIDAIさんの演技が少しずつうまくなっているのを親心で見守っている視聴者も多いとか(笑い)。局内では早くも続編の話が浮上しているそうです。あとはMAKIDAIさんがそのオファーを受けるかどうか。本人の耳にも棒読みを指摘する声は届いているようなので…」とは芸能プロ関係者。
(東スポより引用)

彼の“大根ぶり”を毎回楽しみにしている人が多いとは、本人的には複雑な心境でしょうが、視聴率がよければ全てよしなのがテレビ界。MAKIDAIが一躍“持ってる男”に浮上したことだけは確か。

今夜もテレビの前にクギ付けになりそうですね。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
「あまちゃん」次週予告でネット騒然! 震災描写に「ちゃんと見れるか自信ない」という声も
じぇじぇじぇ!「ユイが行方不明に!?」ついに東日本大震災が描かれる『あまちゃん』、結末は……
「あまちゃん」でブレイクの有村架純、”キス写真流出”はヤラセ!売名目的の内部リークだった!?
藤圭子さん、転落死の謎!なぜ警察は司法解剖も行政解剖もせず、自殺と断定したのか?藤さんの実兄との遺体確認拒否の裏で、警察の内部事情が明らかに。
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

「鬼にでも悪魔にでもなる!」半沢直樹が宿敵・黒崎と直接対決の第7話見どころ

堺雅人が型破りの銀行マン役で主演を務め、右肩上がりの高視聴率を記録している
ドラマ「半沢直樹」(TBS系)の第7話が9月1日、放送されます。

金融庁検査への対応と伊勢島ホテルの経営再建という二つの大問題に、「鬼にでも悪魔にでもなる!」と言い放つ半沢。
活躍が気になる第7話の見どころを、名シーンとともに紹介しましょう。

↓半沢直樹シリーズ第三作
ロスジェネの逆襲/池井戸潤

ロスジェネの逆襲/池井戸潤

(関連商品)

第7話は、金融庁検査への対応と伊勢島ホテルの経営再建という、二つの大きな課題を突きつけられた半沢(堺さん)が、ホテルが200億円の融資を得るために、資金運用による損失の事実を隠蔽(いんぺい)する工作を行ったことを突き止め、その黒幕を探し始める。それと同時にホテルを救い、東京中央銀行が金融庁の検査で巨額の引当金を積むことを避けるために、ホテルの聖域とも言われる領域に手を付けることを湯浅社長(駿河太郎さん)に進言する……という内容。

今回直接対決するのは、金融庁検査を先頭で率いる片岡愛之助さん演じる黒崎だ。大阪西支店へ国税局査察部統括官として査察に入っていた黒崎は、国税局から金融庁に戻り、東京中央銀行に対する検査の主任検査官として任命され、半沢の前に立ちはだかる。検査の手は半沢の自宅にまで及び、上戸彩さん演じる半沢の妻・花も巻き込まれることになる。果たして、ホテルを再建する切り札は見つかるのか。予告編では、父の敵でもある香川照之さん演じる大和田常務に土下座をしようとしている場面もあり、展開が注目される。

ドラマは、小説「下町ロケット」で直木賞を受賞した作家の池井戸潤さんの人気小説「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」が原作。銀行に入ったら一生安泰といわれていたバブル期に東京中央銀行に入行した銀行マン・半沢直樹が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していくさまを描く。

視聴率は、本部の営業第二部次長に栄転し、舞台を東京へ移した第6話で、平均視聴率は29.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、瞬間最高視聴率は33.6%(同)とこれまでの最高を記録。同話は関西地区でも平均視聴率32.8%、瞬間最高38.6%と高視聴率を記録した。
(毎日新聞デジタルより引用)

堺さんの演技の迫力には圧倒されてしまいますね。
もちろん、彼を支える悪役の人たちも、なかなか一筋縄ではいかないメンバーぞろい。

キャスティングもうまくいっていますが、悪役といわれている人たちが
悪役然として強かったので、堺さんの演じる半沢も強くできたんでしょう。

正直なところ、女性の視聴者が多いというのには驚きましたが
それだけ見ごたえがあるということでしょうね。

今夜も家族して、テレビの前にクギ付けになりそうです。

◆関連記事◆
<半沢直樹・東京編>「(原作より)もっと強い悪が必要だ」堺雅人のアイデアで、亡き父の敵役に香川照之を起用!
バブル世代の星「半沢直樹」後半を“10倍返し”で楽しむ方法!
堺雅人『半沢』好演生んだ“波乱の倍返し半生” 官僚目指すも、演劇の世界に没頭し早稲田中退、勘当同然、極貧生活…
菅野美穂に、おめでた情報!ドラマ「半沢直樹」に1回限りのゲスト出演話も浮上
「半沢直樹」なぜ主題歌がないのか?大ヒットドラマには付き物なのに
名前ドラマはヒットする? 「半沢直樹」人気の理由と次回作への期待!
大ヒット「半沢直樹」を生かせないTBSの大失態!放送回数延長を堺雅人に断られ、18日は世界陸上でお休みのお粗末ぶり

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
『24時間テレビ』が隠蔽?北斗晶が芸能活動を休止していたのは、無理に走らされてヒザが故障したためだった!
藤圭子さん、転落死の謎!なぜ警察は司法解剖も行政解剖もせず、自殺と断定したのか?藤さんの実兄との遺体確認拒否の裏で、警察の内部事情が明らかに。
ジャニーズの禁断ネタ4連発!ジャニーズ結婚騒動はV6のM、クビにできない赤西仁、他
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。