アイドル 芸能 見張り隊

エアバンド、ゴールデンボンバーが一発屋で終わらないワケ?『女々しくて』がカラオケでの年間支持1位が証明。

『女々しくて』で大ブレークし、自ら「一発屋」と公言していたゴールデンボンバーですが、昨年2年連続でNHK紅白歌合戦に出場しています。

元日にリリースした『101回目の呪い』も、前作『Dance My Generation』に続きオリコンシングルランキング1位を獲得するなど、今もって勢いは止まりません。

人気は長く続かないと言われながら、今も音楽界の話題を集め続けている理由を、音楽評論家の富澤一誠さんが分析しています。

ゴールデンボンバー/女々しくて(PV)(DVD付)

ゴールデンボンバー/女々しくて(PV)(DVD付)

(関連商品)

(以下引用)
エアバンドということで、最初は企画もの、コミックバンド、という捉え方をされてしまい、一発屋というイメージがあったと思うんです。

ですが、ヒット曲だけではなく、アルバムを聞いてみると、曲はすごくよくできている。作詞作曲は鬼龍院翔くんがやっていますが、かなり実力があるバンドだと思います。印象に残りやすいサビや、哀愁を帯びた歌詞や曲は安全地帯の初期によく似ています。

鬼龍院君のボーカルも抜群にうまい。どうしても派手なパフォーマンスに目が行きがちですが、じっくり曲を聞いていると、音楽だけでも充分、リスナーを惹きつける力がある本格的なバンドであることがわかると思います。

今年のレコード大賞で特別賞を獲得していますが、私も常任実行委員をしているので選考委員になっているのですが、当初は企画賞に、という声も出たんです。でも、最終的に彼らは企画だけのバンドではない、ということで特別賞になった経緯があります。

受賞の決め手はいろいろありましたが、ひとつはカラオケでの支持の高さです。2013年のジョイサウンド年間ランキングで、『女々しくて』は1位でした。ちなみに、2位は高橋洋子『残酷な天使のテーゼ』、3位・WhiteFlame feat.初音ミク『千本桜』、4位・モンゴル800『小さな恋のうた』、5位・一青窈『ハナミズキ』と続きます。

カラオケの定番曲を抑えて、彼らが1位になっていますよね。カラオケで歌われ続けるということは、パフォーマンスだけではなく、それだけ、楽曲の良さが根強い支持を集めている証拠と言うことができます。

また、ステージ上で見せる派手なパフォーマンスも人気の理由だと思いますが、それだけではそれこそ一発屋になっていたはずです。

例えば書家でいえば、相田みつをさんは、崩した字を書きますが、きちっとした字を書かせると、とてもうまいわけですよね。書についてのベースがあるからこそ、彼のオリジナルの書のスタイルを確立できたのです。ゴールデンボンバーも同じで、音楽の実力があるからこそ、彼らのオリジナルのパフォーマンスが面白くもあり、さらにかっこよくなるわけです。これからも活躍を続けるバンドであるのは間違いないと私は見ています。
(女性セブンより引用)

CD/ゴールデンボンバー/101回目の呪い (DVD付) (初回限定盤A)

CD/ゴールデンボンバー/101回目の呪い (DVD付) (初回限定盤A)

(関連商品)

最近の音楽の傾向は、エアバンドや口パクなどが当たり前で、楽曲そのものの評価が二の次になっているようで、ちょっと残念でした。

しかし、この記事を読んでゴールデンボンバーの実力は”一発屋”のモノではないことがよくわかりました。これを機に、じっくり聞いてみたいと思います。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
玄関は全面鏡張り、壁には自分の顔面がびっしり……浜崎あゆみが公開した豪邸がスゴすぎる
松潤ドラマ低調でも、主題歌の新曲が話題に!大野によるユニークな振付けに、プロの振付師も絶賛。
マー君、異例の高待遇!家賃1000万円など特典もいっぱい
嵐・二宮和也はソロ向きのシンガー?個性際立つ歌声と作詞術に迫る
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


小島よしお、自身の死亡説に愕然!ツイッターで否定

お笑い芸人の小島よしおが25日、インターネット上でささやかれていた自身の死亡説をツイッターで否定しています。

小島よしお/単独ライブ「小島よしおのカチョマンテ」

小島よしお/単独ライブ「小島よしおのカチョマンテ」

(関連商品)

(以下引用)
小島の死亡説の元となったのは、「小島よしおさんが自殺ってマジか…」と始まるツイート。25日未明にフォロワーから「小島さん、大変なことになってますよ!!!!!」と自身の死亡説を知らされた小島は、「なにこれ!!私は生きてます!!」と否定した。

小島は25日夕方にもツイートを投稿すると、「死亡説が出たけど そんなの関係ねえ!」と筋トレ中の画像を掲載。持ちネタで健在をアピールした。

小島よしおは2007年に「そんなの関係ねぇ!」「おっぱっぴー」のギャグで大ブレイク。その後もお笑い芸人として活動しており、現在もテレビなどに出演している。
(シネマトゥデイより引用)

最近は、めっきり露出も少なくなった小島よしお。

”死亡説”で注目を集めるなんて、本人としては面映ゆいでしょうが
これも新ネタのひとつとして、頑張ってほしいですね。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
玄関は全面鏡張り、壁には自分の顔面がびっしり……浜崎あゆみが公開した豪邸がスゴすぎる
松潤ドラマ低調でも、主題歌の新曲が話題に!大野によるユニークな振付けに、プロの振付師も絶賛。
マー君、異例の高待遇!家賃1000万円など特典もいっぱい
嵐・二宮和也はソロ向きのシンガー?個性際立つ歌声と作詞術に迫る
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。