アイドル 芸能 見張り隊

「ウァー!」号泣会見の野々村県議は、“奇行”で知られた有名人だった。

兵庫県議員の野々村竜太郎議員が、政務費不正疑惑に関する記者会見でまるで駄々っ子のように「うわ〜〜ん!!」と泣き乱しながら、一切の証拠は提出できぬまま、潔白を主張していましたが、これで県議会議員とは呆れてしまいます。


政務活動費の不正使用疑惑が浮上した野々村竜太郎兵庫県議(47=無所属、西宮選出)が1日、泣きわめき取り乱す前代未聞の大荒れ会見を開いた。米国ほか、英、仏、伊などのメディアでも報じられている。

野々村県議は何をしてこのように追及され、あげくの果てに大泣きすることになってしまったのだろうか?

野々村県議は2013年度、「要請陳情等活動費」として301万5160円を計上しており、全額を交通費として使用したもの。これはほかの議員の60倍近い。

収支報告書によれば、東京に11回、福岡市に16回出張し、兵庫県内も168回行き来していた。計195回分の切符代を活動費で支払っていたのである。
本人は会見で、「政治活動の結果」としながらも「常識から外れたとすれば返納も検討する」と訂正する意向をみせたが支出の詳細は明らかにしなかった。

「野々村県議は日帰りで豊岡市の城崎温泉駅に100回以上も行っていました。そのため、<単に温泉に行っただけちゃうの?>という声も出ています。実は議員になった当初も、活動費は通常の議員よりも多く、毎年100万円以上は使っていました。その使途も明確にしていません」(兵庫県議会関係者)

活動費自体は支出が認められているが、すべての支出に義務づけされている領収書の添付はなく、現地到着後の交通費や現地での活動をしめす記載は一切なかったという。

このことから、実際には出張しておらず、政務活動費を不当に請求受給しているのではないか?というのが今回の疑惑である。

(以下引用)
■無関係の選挙で「自分の名前」記入

野々村県議は大阪市出身で、橋下徹大阪市長と同じ府立北野高校を卒業し、関大法学部へ入学。その後は兵庫県の川西市役所に勤め、11年の兵庫県議会議員選挙に出馬し、初当選した。本人はブログで「譲れないものは使命、結果、責任」と真面目さをアピールしている。一方で、ツイッターに「兵庫県議会が憎い。兵庫県議会が憎い」と繰り返し批判。県議会の中では“変人”とうわさされてきた。

「初出馬の際も、大阪維新の会と関係があるわけでもないのに、『西宮維新』なんて看板を掲げて当選した。維新の人気に乗っかって当選しただけでしょ。自分とは関係ない選挙でも、投票用紙に自分の名前を書くとか奇行も目立っとった。誰も関わろうとしない。こっちの言葉で言えば<アホちゃうか>ですわ」(別の議会関係者)

こんな議員でも1万人以上が票を入れていたのだから物好きだ。
(日刊ゲンダイより引用)


記者会見では、記者からの質問に具体的な回答は一切なく「この日本、世の中を変えたい!!」「やっと、当選したんです」「高齢者問題は、わが県のみならず、西宮 日本人の問題やないですか」「あなたにはわからんでしょうね〜!」と号泣しながら潔白を主張していました。

ただ、今回の政務活動費不正支出疑惑は、兵庫県議会としては手続き上の問題はなく(?)処分などの問題にはならないというから、納得いかない。普通なら、領収証添付というのが当たり前なのに、それすらなかったというのは、不可解な話である。

せめて、領収証添付のものしか認めない。という当たり前の判断をお願いしたいものです。

↓謝罪会見も、こちらは、気丈ですね。

小保方晴子氏STAP細胞論文不正疑惑記者会見から見る両者の思惑 STAP細胞論文不正疑惑 記者会見から見る両者の思惑 ーー対立する理研と小保方氏 日本の信用を-【電子書籍】

価格:95円
(2014/7/4 10:16時点)




★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。