アイドル 芸能 見張り隊

森且行とSMAP共演のカギは「大雨」?

人気オートレーサーの森且行(40)が、かつて所属していたSMAPとの「共演がいよいよ実現するのではないか」とテレビ局関係者の間で注目されています。

これまで所属事務所の方針で森の話題はタブーだったんですが、最近は木村拓哉(41)や中居正広(41)がテレビ番組で森をトークのネタにすることが多く、雪解けも近いのではと…。

ファンとしても、奇跡の実現を待ち望んでおり、そのカギを握るのは「大雨」なのだというのですが、一体どういうことなんでしょうね。

[CD] SMAP/Can’t Stop!!-Loving-

価格:839円
(2014/7/25 16:50時点)



(関連商品)

(以下引用) 
森はオート界トップレーサーの永井大介(37)らやJRA騎手の川田将雅(28)、競輪選手の伏見俊昭(38)らと24日、都内で行われた「ラ・ピスタ新橋×JRA presents レーサー&ジョッキー夢の競演!!」に登場。

イベントはゲリラ豪雨の影響により一時、中断となったが、ファンは「森コール」で続行を要求。永井がオート用バイクにまたがり、森がマイクで「レース用のバイクにはなにも余計な物がついていないんです」と解説するなど、オート、JRA、競輪の選手たちがそれぞれ、各競技の魅力をPRした。

オートレースPRの旗頭として頑張る森は選手としても実績を積み上げている。6月には自身5度目のグレードレース制覇となる「GII川口記念」優勝。あとはレーサーなら誰もが目指すSG制覇、特にその年のナンバーワンレーサーを決める「SG日本選手権」制覇は悲願でもあるが、実は18年前に袂を分かったメンバーたちとの“約束”でもあった。「やるからにはお互い日本一になろう」と誓い合ったというのだ。

木村や中居らが番組で森のことを口にすることに、ある局プロデューサーは「一刻も早く共演したいという気持ちの表れでしょうね」と指摘する。
(東スポより引用)


後輩たちも頑張ってますが、やっぱりSMAPは今でもトップ。これまでは森選手の話題は事務所から止められてきましたが、そういうこともはねのけられるほど、SMAPは力をつけている。

あとは森選手がSGを制覇すれば、お互いが“日本一”となる。約束を守ったことで、絶対ないといわれていた奇跡の共演も現実味を帯びてくる。これはファンだけでなく、業界中が注目していることですね。

(以下引用)
森はかつて「40歳までには何とかしたい」と意気込みを口にした。今年、その「40歳」を迎えた。本人にとっても10月30日開幕の日本選手権は重要な意味を持つ。

そんな森にとって重要なキーとなるのが「大雨」。実は最近の森は「雨のレースが大得意」なのだ。

あるベテランオートレースウオッチャーによると「晴れの日でも森は速いけど、強い選手に競られるともろい一面がある。それを解消しないとSG制覇は難しい。でも雨だと『水を得た魚』じゃないけど、走りが違う。水かきでもついてるんじゃないかって感じ」なのだという。

実際に前述した「GII川口記念」も雨で圧勝。その約1年前の「GIキューポラ杯」もレース直前に雨が降り、自身2度目のGT制覇を果たした。ある意味でオート界の「雨男」なのだ。

SG日本選手権は5日間制で3日目までに優秀な成績を挙げ、4日目の準決勝戦で2着以内に入れば、優勝戦に進出できる。
(東スポより引用)


【30%OFF SALE】カッパ/カッパスポーツ ゼロ/パンツ ロングパンツ トレーニングパンツ オートレーサー森且行選手着用モデル/Kappa Sports【メンズ】カッパスポーツ ゼロ【2014年春夏新作】

価格:4,762円
(2014/7/25 16:33時点)



(関連商品)
さすがに5日間も雨というわけにはいかないでしょうが、先述のウオッチャーによると晴れでも準決勝戦に乗るぐらいの力はあるという。果たして狙い通りにいくか、後は祈るしかありませんね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


おぎやはぎ矢作が暴露・・・「ジャニタレが挨拶するのは同じ事務所の先輩だけ。「打ち合わせ中に机の上に足を乗っけて携帯いじってる」

お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼さんがジャニーズ事務所に所属するタレントたちの「後輩力」についてラジオ番組内で辛口評価する一幕がありました。

ジャニーズ事務所といえば先輩後輩の上下関係が厳しいことで知られていますが、矢作さんによれば彼らの礼儀正しさは「同じ事務所の先輩に対してだけ」「違う業界の先輩には挨拶しない」というのです。

後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ / 入江慎也(カラテカ) 【単行本】

価格:1,404円
(2014/7/26 10:15時点)
感想(1件)



(関連商品)

(以下引用)
●「TOKIOだって『昔は実は調子に乗ってました』って言ってた」

矢作兼さんと小木博明さんは2014年7月24日に放送された「おぎやはぎのメガネびいき」(TBS系)の中で、若いころに上下関係を学ぶことの大切さについて語っていた。中高生時代の「部活動」を学びの場として推す中、小木さんが「ジャニーズ事務所」を挙げた。

ところが「ジャニーズの上下関係…あの教育っていうのは素晴らしいと思うよ。いい子たちじゃない」と絶賛する小木さんに対し、矢作さんは「いやそんなことないよ、良い子じゃねぇよ。人による」とはなから反論した。

バラエティー番組で共演していた7人組アイドルグループ「Kis-My-Ft2」(キスマイ)については矢作さんも「マジでいい子」と認めるが、彼らは「ブサイク」であることを売りにしているため、他と違って「調子に乗れなかった」結果、「いい子」なのだと分析。

その上で、「TOKIOだって『昔は実は調子に乗ってました』って言ってた」「どこのグループとは言わないけど、ディレクターとの打ち合わせ中にみんな机の上に足を乗っけて携帯をいじってたって聞いたことがある」などと話し、小木さんの主張に首をかしげた。

これに小木さんは、キスマイのメンバーから「必ず指導してくれる先輩がいて、怖いからそこで教育を受ける」という話を聞いたとして、事務所内で指導が行き届いていることを強調した。

すると矢作さんは「いや違うんだよ。あれはジャニーズ内だけなんだよ。ジャニーズの先輩がいるときには、すごいちゃんとしてるんだけど、違う業界の先輩が来たとき挨拶しないからね」と暴露した。

●上下関係教育が行き届いているのは「吉本興業」?

ジャニーズ事務所内の「上下関係」は有名で、所属タレントがバラエティー番組内で先輩に怒られたエピソードを紹介することもしばしばある。

先輩後輩の基準は、年齢ではなく事務所入りした順番で決まると言われているが、7月2日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)ではキスマイの北山宏光さんが、「ジュニアの頃、結構年上のほうだったんですけど、同い年とかに先にデビューしている人がいて、その中でも敬語を使わなきゃいけないとかありました」
と細かいルールを披露して周囲を驚かせていた。

しかし矢作さんの話によれば、若手や後輩が気を遣うのはあくまで事務所や同じ業種の先輩であり、「芸能界の先輩」「目上の人」に対して同じような態度を取るわけではないようだ。実情を知るためジャニーズ事務所に聞いてみたが、返答は得られていない。

ただし否定的な見方を示していた矢作さんも、ジャニーズだけが挨拶をしないと思っているわけではないようで、ラジオでは「芸人は全部挨拶するじゃん。『テレビで観たことある先輩だ』って思ったら(歌手や俳優でも)挨拶するじゃん。でも、芸人以外の業種の人は自分の業種以外、挨拶しない」と話した。むしろ業種をまたいで挨拶をするお笑い芸人は珍しいという見解のようだ。

すると小木さんは「じゃあジャニーズじゃなくて吉本(興行)がいいんだな」と再提案。「後輩力」という本まで出しているカラテカの入江慎也さんを筆頭に、どの世代にも上下関係意識のしっかりした芸人がいると指摘し、吉本興業の組織としての魅力を評価した。
(JCASTニュースより引用)

地味ですが何か?/おぎやはぎ/ソフトカバー【中古】[☆3]【25-Jul】

価格:370円
(2014/7/26 10:29時点)



(関連商品)

「おはようございます」「こんにちわ」「さようなら」。しつけの第一歩は”挨拶”だ、とよくいいますよね。
これは、上下関係ということではなく、相手が誰であれするのが普通なんじゃないか、と思うんですが…。

もっとも、挨拶をしても(存在さえ)無視する先輩もいるようで、芸能界ほど上下関係が厳しいのは、今も昔も変わりませんね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。