アイドル 芸能 見張り隊

隔離病棟に入院中のASKA、“末期レベルの危険な状態”・・・禁断症状の姿に他の薬物中毒患者も騒然「あいつは絶対にやめられない」

音楽活動のかたわら、20年以上前からMDMAなど違法薬物を使用してきたASKA被告。現在、隔離病棟に入院中ですが、部屋には鍵がかけられており、引きこもりの状態だそうです。

覚せい剤の禁断症状が出ているようで、ブルブルと震えたり、突然うつろになったりするなど、“末期レベルの危険な状態”で、復帰することも絶望のようです。

ぴあ&ASKA 〈総力特集〉完全保存版!ASKAのすべて

ぴあ&ASKA 〈総力特集〉完全保存版!ASKAのすべて

(関連商品)

(以下引用)
東京ドーム4つ分という広大な敷地を持つ千葉市内のある総合病院の中に、入り口は常時施錠され、監視カメラが24時間作動し、入院患者の家族でさえも事前申請がなければ入れないという、ひときわ異様な隔離病棟がある。

コンクリート打ちっ放しのこの病棟の中には、現在、重度の薬物中毒患者30人弱が入院しており、彼らが過ごすわずか四畳半の個室は“外からの刺激を与えない”という理由で窓もなく、簡易ベッドにトイレが設置されているだけという、まるで牢獄のような部屋である。

今、こんな部屋で生活しているというのが、5月に覚せい剤所持で逮捕されたASKA被告(56才)だ。

「彼が入院して1か月近く経ちますが、入院患者同士で雑談できるスペースやテレビを備えた会議室など、みんなが集まる部屋に、一度も姿を現したことがないそうです。それもそのはずで、今、ASKAさんは入院患者の中でも特に“危険な状態”みたいですから…」

そう語るのは、ASKA被告と同じ病棟に入院する患者の妻・A子さんだ。彼女は夫から、ASKA被告の近況について聞かされていたのだ。

「あの病棟の各部屋は、外から鍵をかけられるようになっていて、看護師が数時間おきに施錠を確認するという徹底したセキュリティーです。部屋の中に監視カメラこそないものの、音声は24時間録音されているみたいですよ。症状が安定するまで患者は部屋の自由な出入りも認められておらず、ASKAさんはほとんど引きこもり状態だそうです。

そんな状況のなかで、ASKAさんは薬物更生プログラムを受けているんです。午前中はノート療法といって、クスリを使ったきっかけや反省文を書き、午後はタコ糸を結んでブレスレットなどを作ったり、刺繍をしたりする作業療法をしているそうです」(前出・A子さん)

彼女の夫は、ある夜、看護師に付き添われて、部屋を出て廊下を歩いているASKA被告を幾度か目撃したというが、それは異様な光景だったという。

「握りこぶしをつくりながら、グッと肩を怒らせて、全身が力みまくっていて、ブルブルと震えていたそうです。目はキッと一点を見つめていたり、突然うつろになったりしていて…。そんな状態で、下を向いて、呻き声を上げながら、ゆっくりと廊下を歩いていたんですって。完全に、覚せい剤の禁断症状が出ているみたいです…」(前出・A子さん)

隔離病棟の中で、こんなゾッとする姿を見せるASKA被告の存在は、同じ病棟の患者たちにも衝撃を与え、今や病棟内では彼の話題で持ちきりだという。

「“やたらと汗かいていた”とか“目が死んでた”とか、“すごい震えていた”とか、口々に話して、みんなで盛り上がっているみたいなんです。重度の薬物中毒患者の彼らから見ても、ASKAさんの行動は末期的なレベルの依存者特有のものだそうで“あそこまで来ると、あいつは絶対に覚せい剤をやめられない”っていうのが、入院患者みんなの共通認識だそうです…」(前出・A子さん)
(女性セブンより引用)


CHAGE&ASKA Something There

CHAGE&ASKA Something There

(関連商品)

もっとも、重度の患者同士の会話ですから、どこまでが本当なのかは分かりませんね。
この話を信じる信じないは別として、20年以上やってたら簡単にはやめらないでしょう。

ところで、 捜査関係者は「ASKAの逮捕だけでは事件を終わらせない」と意気込んでいるようです。

「彼のクスリの“バイ(薬物の売買)”のルートには、広域指定暴力団が絡む大規模組織がいる。さらに、ASKAのクスリ人脈には著名なミュージシャンの名前が複数挙がっていて、彼らにまで捜査を進めたい」

ASKA逮捕によって、芋づる式に芸能界の音楽関係者の薬物汚染が摘発される…。なんとも驚くべき情報ですね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


ポッコリお腹とプヨプヨボディ、キムタクの中年太りは「逆にエロい」!?<画像あり>

SMAPが総合司会を務めたフジテレビの「27時間テレビ」長丁場をこなしつつ、グランドフィナーレでは45分で27曲を歌うというノンストップライブをやってのけ、瞬間最高視聴率も23.8%と好成績を残しました。

評判は上々でフジテレビもSMAPもひと息ついているところでしょうが、一部で、同番組の中で上半身ヌードを公開した木村拓哉(41)さんの“中年太り”が話題になっています。

それはお世辞にも引き締まっているとは言えないもので、お腹もややポッコリしていたのですが…。

新品本/SMAP5つの物語 秘蔵フォト満載 結成15年それぞれが育んだ心のストーリー 金子健/著

新品本/SMAP5つの物語 秘蔵フォト満載 結成15年それぞれが育んだ心のストーリー 金子健/著

(関連商品)

(以下引用)
ネット上では「鍛えてるイメージだったのに……」「中年だからしょうがないか」と落胆の声が続出したが、一方で、「逆に親近感わいた」という好反応もあり、いろんな意味でギャップを感じた人が多かったようだ。

国民的人気を誇るSMAPの一員で、かつては女性誌などで特集される“抱かれたい男ランキング”で常に上位をキープしていた木村もいまやアラフォー。寄る年波には勝てず、多少の体型のゆるみは仕方ないのかもしれない。

しかし、木村と同じ中年と呼ばれる世代でも、俳優の西島秀俊(43)のように鍛え抜かれたガチムチボディのインパクトで、一気に注目度が高まったケースもある。柔らかさを一切感じさせない、あの芸術品のような肉体は神々しいほどだ。
(messyより引用)


とはいうものの、女性にとってガチムチボディというものは、時にセクシーさよりもナルシシズムを強く感じさせ、拒否反応に結びつくこともある。「ストイックでかっこいい」と「ストイックすぎてなんかキモイ」は紙一重なんですよね。

(以下引用)
ガチムチボディに抵抗感のある女性は、木村のようなプヨプヨボディについて「かわいらしい」と感じたり、その肉感に「逆にエロイ」とムラムラすることもあるかもしれない。だらしない体型こそ、年齢を重ねた男性だけが作れる一種の渋みであると捉える人もいる。

ましてや、外見や仕草からはかなり強いナルシスト臭が漂う木村であるのに、体型は意外にも年相応の崩れ方をしているという意外性は、良い意味でのギャップ。もちろん、健康を害するほどに太りすぎているのはよくないが、中年男性のプヨプヨ感は完全にNGなものではないはずだ。

いくつになっても“キムタク”という既存のイメージを壊すことがなく、隙のないように見えた木村だったが、今回のポッコリお腹とプヨプヨボディで一気に人間味が増した。これも木村の魅力の一つとなっていくことを願いたい。
(messyより引用)

SMAPそれぞれの道 The one and only SMAP 5人は、どこへ向かって走り抜こうとしているのか!? 秘蔵フォト満載/金子健

SMAPそれぞれの道 The one and only SMAP 5人は、どこへ向かって走り抜こうとしているのか!? 秘蔵フォト満載/金子健

(関連商品)

フツーに鍛えてんだなって感心してみてたんですが。うっすら浮き輪が付いてるくらい、みっともなくて見るに堪えないというレベルではないから良いんじゃないでしょうか。

多少のガッカリはあったものの、考えればもぅ42の子持ちのオッサンだもの。
仕方ないかなぁ…とも思えました。

キムタク 中年太り@.jpg 

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。