アイドル 芸能 見張り隊

K−POPで「反日」表現!「広島に原爆が投下された」など、差別用語の英字紙使用。

今月本格デビューする韓国の少女時代の妹分、K−POPのガールズグループが、「反日」ミュージックビデオを世界に発信していることが発覚しました。

華やかに歌う女性の背景に、「ジャップ」や「ニップ」といった日本人の差別用語を使用した英字新聞の切り抜きが使われており、原爆投下を賛美するような見出しも見れられていることに、”許しがたい国辱行為だ”という声も上がっているようです。

少女時代/The BEST(初回限定盤:CD+DVD+写真集)

少女時代/The BEST(初回限定盤:CD+DVD+写真集)

(関連商品)

(以下引用) 
同グループは「少女時代」などが所属する韓国の大手事務所「SMエンタテイメント」の新人女性4人組アイドルグループで8月4日に韓国でデビューする。それに先立ち1日正午から動画サイト「YouTube」にデビュー曲「Happiness」のPVが公開された。

PVでは実写とアニメーションを組み合わせた独特の映像で、コラージュを多用しているのも特徴だ。問題となったのは英字新聞のコラージュが写される場面だ。

使用された新聞は「JAPS HIT BY ATOMIC BOMB EQUAL TO 20000 TOWN…」「GREATER ATOM BOMBS PROMISED JAPS」「ALLIES TELL JAPS HIROHITO MUST OBEY OUR…」など1945年8月6日の広島への原爆投下や、日本の敗戦を伝える見出しばかりだった。

これらは実際にアメリカ国内で発行された新聞の紙面。数ある英語新聞の中から原爆に関するもののみを選びコラージュしたことを考えれば「Red Velvet」サイドの意図は明らかだ。

さらにその矛先は日本以外にも向けられる。ニューヨークの街並みのイラストが使われているシーンでは、世界貿易センタービルに飛行機が突っ込んでいる上にメンバーの一人は、その後ろで飛行機の模型をゆらゆら動かす。「9・11」を意識した演出だ。

全体にカラフルで明るいPVを見ていると、多数の犠牲者を出した原爆投下やアメリカのテロ事件が演出上必要だったとは考えにくく、ネット上では批判や疑問の声が上がっている。

「Red Velvet」のデビュー日は4日で、6日は広島への原爆投下(6日)、長崎への原爆投下(9日)の日とも非常に近い。韓国人にとって他国の死者が出ることが“Happiness(幸福)”でないのならば、隣国への配慮は必要だっただろう。
(東スポより引用)


K−POP 100%

K−POP 100%

(関連商品)

所属する事務所は、日本では今も少女時代や東方神起の宣伝に力を入れているだけに、このような表現は信じられません。

一方で、K−POPは最近、市場を中国に求めているだけに、ますます日本のファン離れが加速するのではないかと懸念されています。

日本の原爆忌や終戦記念日を控えた時期に合わせたこのたびの蛮行は、退潮傾向にある韓流ブームにとどめを刺す一撃となる可能性もありそうですね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。