アイドル 芸能 見張り隊

奪われた金は10億円! 元X JAPANのToshIが「洗脳地獄」告白!

元X JAPANのToshIが壮絶な洗脳体験を告白して話題を呼んでいます。

ロックシーンの頂点に上り詰めたX JAPANが、突然のToshIの脱退によって崩壊してしまったことは周知の通りですが、その根源にあったのは、強烈な“洗脳”によるToshIの変貌だったようです。

ToshIの著書『洗脳 地獄の12年からの生還』には、YOSHIKIをはじめとするメンバーとの確執や、解散までの経緯なども書かれているのですが、最大の注目は、やはりすべての元凶となった“洗脳”の手口でしょう。
自己啓発セミナー「ホームオブハート」のMASAYAに心酔していく過程の告白は、当事者ならではのリアリティに満ちているものです。

X JAPAN/X JAPAN THE WORLD《初回限定豪華BOX盤》(初回限定) 【CD+DVD】

X JAPAN/X JAPAN THE WORLD《初回限定豪華BOX盤》(初回限定) 【CD+DVD】
 
(関連商品)

(以下引用)
そもそもの始まりは、舞台で共演した新人女優・守谷香との出会いだった。当時のToshIは、個人事務所の社長を務めていた長兄との喧嘩別れや、バンドの事務所社長に多額の金銭トラブルが発覚するなど問題続き。
「多額のお金が手に入れば、周囲の人間、家族や友人でさえも変貌し、信じられない事態が起こる」「メンバーとの間にも、深い溝のようなものが自分の中にできていた」という状況で、そんなToshIの孤独感を癒す「心の拠り所」となったのが彼女だった。

ほどなく交際を始めたToshIは、次第に影響を強く受け始めていく。精神世界やヒーリングミュージックを好んで聴くようになり、望まれるまま守谷と入籍し、X JAPANも脱退してしまう。

特にバンドの脱退は「守屋との人生のスタートと引き換えに、それまでのX JAPAN=YOSHIKIとの人生を終りにするという選択をしたのだ。それは守谷のたっての望みであった」という。ToshIはこの頃の自分の精神状態をこう書いている。

「『僕のことを本気で考えてくれているんだ……信じられるのは彼女だけだ』と思うようになっていった。そして僕は次第に周囲の人間と距離を置くようになり、まるで守谷という洞穴にこもるかのような精神状態になっていった」
(LITERAより引用)

この頃であれば、まだギリギリ後戻りができたのかもしれません。しかし。バンドから離れ、周囲のスタッフからも孤立したToshIをとめることができる人間は、もういなかったのです。

その後、恋人の森谷と入籍するのですが、彼女が心酔していた教祖・MASAYAと引き合わされ、ここから本格的な洗脳がスタートするわけです。

(以下引用)
入籍直後、旅行に誘われた屋久島のホテルでは、わけもわからぬうちに涙を流すような体験をさせられているが、これは明らかに洗脳への地ならしとなる手引き。

これはなにかおかしな宗教の集まりかもしれない──最初にMASAYAのステージを見たときはそう思ったはずが、守谷をはじめ、他の観客が全員、涙を流しながら感動に浸る様子を見るうちに、こう思い始めたという。

“感受性もない、涙も出ない、僕こそひどい人間なのかも”

ToshIはMASAYAにハマっていく過程で、何度もこうした反発や違和感を感じるのだが、そのたびに「原因は自分にある」として徐々に深みにハマっていく。
そしてその傍らには常に「MASAYAの言うことは素晴らしいね」「MASAYAのように生きるべきだよ」「MASAYAのような癒しのアーティストになろうよ」と言い続ける、守谷の姿があったという。

そこからはあっという間だ。参加したセミナーでは自分の悲惨な幼少時代の体験や、親兄弟への恨みを発表させられうえで、持たされたおもちゃのナイフで、マットを相手に親兄弟を殺す実習までさせられたという。

《「ウォ〜!! この野郎! 死ね! 死ね! 死ね!」僕は狂ったように泣き叫び怒りを吐き出した。》

他にも「ほしいものダイヤード」「完了の実習」「想像瞑想」「インディアンゲーム」と題された様々な“実習”を体験。「フィードバック」という実習は、暗い部屋に長時間閉じ込められ、集団ヒステリーのような精神状態の中で、告白した自分の弱味をこれでもかというほど怒鳴られながらボコボコに殴られるというものだ。
(LITERAより引用)

いずれもオウム真理教事件以降、怪しげな自己啓発セミナーなどではお馴染みになった洗脳の手口ですが、著書には、実際に経験した人間にしか分からない生々しい恐怖と高揚感が、これでもかというほど詳細に書かれています。

有名になった「バケモノアゴ男」などの罵声を浴びせられながら暴力を受ける洗脳行為は日常化してゆき、実はあのhideの葬儀の直前にも、守谷やMASAYAからこんな仕打ちを受けていたというのです。

(以下引用)
《「ヒデが死んだことでおまえも思い知っただろう。おまえもここを離れて一歩でも外に出たら、すぐに自我の強いエゴ人間たちに取り入られて、おまえの人生は地獄と化し、最後は自殺するんだよ!」

(違う自殺なんかじゃない……事故だったんだ) 「この野郎抵抗しやがって!」そこから暴力も始まる。
 
守谷は、右頬を上にして身体をうつぶせに横たえている僕の背中に馬乗りになり、両手で背中を殴りつける。そこへヒステリックな女性幹部の叫び声が重なる。もう何をしゃべっているかわからないほど、矢継ぎ早に、数人が泣き叫びながら、集団で罵倒と暴力を繰り返す。》

《いつも履いているスリッパを脱ぐMASAYAの脚が見えた。パチッ! パチッ!僕の頭と頬はスリッパで何度も何度も強打され、ジンジンした痛みが脳天に響く。そこへMASAYAの怒声も加わった。(中略)「おまえもトレーニングをしなかったら同じ目にあうんだよ! 肝に銘じておけ!」》
(LITERAより引用)

その後も、何度か離れるチャンスはあったようですが、そのたびに拉致同然に連れ戻され、暴力によってMASAYAへの忠誠心と恐怖を植えつけられてしまいます。
刷り込まれた恐怖と「お金はエネルギー交換」という詭弁によって、ToshIは全財産をホームオブハートにつぎ込んでいくことになります。

(以下引用)
セミナーやトレーニングへの参加、MASAYA関連の商品の購入のたびに高額のお金を支払い、心配した事務所側がお金を止めると、今度は消費者金融や友人に借金をしてまでお金を作っていたというから凄まじい搾取である。

後期には守谷が個人事務所の取締役となって実権を握り、MASAYAの指令の下、すべての収入を奪われてしまう。この本のあとがきにも一文を寄せているホームオブハートの被害に詳しい紀藤正樹弁護士によれば、ToshIは「少なく見積もっても10億円以上のお金を奪い取られた」という。

皮肉にも、MASAYAが明らかにお金のためにX JAPANの再結成をするように指示をしたことが洗脳から覚めるきっかけとなったそうだが、洗脳から脱出しホームオブハートとの縁を切るためには妻・守谷との離婚調停、自己破産の宣言、マスコミにもすべてを公表したうえで弁護士を立てて争うという、更なる苦難を味わうことになる。

ToshIは洗脳にとらわれ続けた12年間をこう振り返っています、「人間としての意志も、考えも、自由も、すべてを奪われてしまう恐ろしい地獄のような日々」

この本は、ロックスターの自伝であると同時に、洗脳の恐ろしさを詳細に綴った啓蒙書でもある。
(LITERAより引用)

【送料無料選択可】洗脳 地獄の12年からの生還/Toshl/著(単行本・ムック)

洗脳 地獄の12年からの生還/Toshl/著

(関連商品)

人間だれしも、悩みをかかえるものですが、その弱みにつけこみ、怪しげな存在が近寄ってくるもんですね。
藁をもすがる思いで、いろいろな人の助言を受けるのでしょうが、いずれもカネ、カネの話。

元オセロの中島知子さんもそうですが、騙されたと気づいたときは無一文になった時。ToshIさんも大変でしょうが、1日も早い復帰をお待ちしております。

この方は、いまもって迷走中?のようですが…
隔離病棟に入院中のASKA、“末期レベルの危険な状態”・・・禁断症状の姿に他の薬物中毒患者も騒然「あいつは絶対にやめられない」

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。