アイドル 芸能 見張り隊

江角マキコ、”ママ友いじめ”だけではなかった!「ゴチ」共演の女子アナも犠牲に。江角の徹底イビリに平井理央が悲鳴!

今年1月から『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ)の人気コーナー『ゴチになります!15』の新メンバーに加わった平井理央(31)さんが、突然「降板する」と騒ぎ出したというのです。

火ダネは番組で共演する女優の江角マキコ(47)さん。芸能界では歯に衣着せぬその物言いから“ポスト和田アキ子”と恐れられている御仁。2人の間に何が起こったのでしょうか。
 
もう迷わない生活 (集英社文庫)/江角マキコ(文庫)

もう迷わない生活 (集英社文庫)/江角マキコ

(関連商品)

(以下引用)
「すべては些細な行き違いが始まりだった。この1月から収録に参加した平井が江角の楽屋に挨拶に行かなかったという一件が、その後に影響しているんです。もっとも、平井にしてみれば事前にスタッフと打ち合わせていてサプライズの意味合いもあって他の出演者に挨拶に行くことを禁じられていた。その事情を知らなかった江角が『礼儀知らないね〜』とキレたというんです」(番組関係者)

話はさらなる続きが…。
 
「番組スタッフのとりなしでどうにか挨拶を済ませた平井だったが、収録中に致命的なミスを犯してしまった。江角のNGワードを発してしまったのです。身長170センチの江角に対し『背が高いですね』と見たままをコメントした。
実は、江角は身長のことについて触れられるのが嫌なんです。昔から“大きい”と言われた反動だとか。収録前は、スタッフから“絶対NG”ワードとして出演者に話が伝えられるはずなんですが、なぜか彼女には伝わっていなかった」(制作関係者)
 
その言葉を発した瞬間、江角は物凄い形相で平井を睨みつけた。
(週刊実話より引用)
 

もっとも、元アイドルからフジテレビの女子アナに転身し、その後フリーアナに鞍替えした平井の肝っ玉もなかなかのもの。
江角に対し一歩も引かなかったばかりか、機転の利いたコメントで切り返してみせたのです。

(以下引用)
「『江角さん顔が怖いです…』とボケたんです。スタジオ内は大爆笑に包まれた。でも、その後が良くないんです。平井が何かコメントを発する場面になると、江角が横から口を挟む。

一方の平井も机を叩きながら『すいません。あの、いま私が話しているんですけど〜』と言い返したり、江角がある料理に高めの金額を付けると首を傾げたり…。本来は江角に寄るはずのカメラアップを横取りしていた。ある意味、女のバトルですよ。もちろん、これら一連のやりとりはOAで全部カットされた」(バラエティー関係者)

江角と平井の手に汗握るバトル。だが、日を追うごとに平井は徐々に劣勢に追い込まれていった。
 
「江角はレギュラーを5年も務め、スタッフとは旧知の間柄。江角は収録以外は平井を完全無視。彼女が話しかけても、相手にしなかったそうだ。収録中も余程のことがない限り平井に絡まない。ゲストが男性だと同性は江角だけ。正直、この展開は想像を超えていたようだ。平井はかなり精神的に追い詰められたようです」(番組事情通)
(週刊実話より引用)

江角さんが平井さんを毛嫌いし、排除しようとした理由は他にもありました。番組レギュラーの座を巡り、2人はライバル関係になっていたのです。

9月一杯で制作費削減やリニューアルのために、2人の女性出演者枠を見直そうという話が持ち上がっていました。

(以下引用)
「いきなり2人を代えると他の出演者のテンションにも影響する。結果、江角と平井、どちらか一人を残す話になった。実は、その段階でのリストラ候補の筆頭はゴチメンバーになって丸5年の江角。以前からマンネリが指摘されていたんです」(放送作家)

魑魅魍魎の芸能界。江角サイドはこの情報を事前に入手し、平井追い出しを練っていたという。
江角VS平井の降板の行方…。答えは9月末。
(週刊実話より引用)

いじめと戦おう!

いじめと戦おう!

(関連商品)

ドラマ「ショムニ」のイメージが強い江角さん。その勝気な性格が、いろいろとトラブルを引き起こしているようですね。

超名門私立小に長女を通わせる江角さん。ママ友から”いじめ被害”を受けているとの告白に驚きましたが、案の定、立場は逆。ラブルメーカーは江角さんの方でした。

このたびの件で、”姉御タイプ”のイメージが壊れてしまったのは、ちょっと残念ですね。

★関連記事★
江角マキコの“ママ友いじめ被害”はウソ?! 「いつも上から目線」「陰で悪口」、超名門私立小・ママ友が激烈抗議文公開。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


「もう居場所ない」島田紳助の復帰を阻む、東京芸人の固い結束!復帰できても関西ローカル番組のみ?

2011年に「黒い交際」を理由に芸能界を引退してから3年の月日が経とうとしているが、今なお芸能ニュースで頻繁に名前があがる島田紳助さん。

5年ぶりに復活することが発表された「M-1グランプリ」にあわせ、一部では発起人だった紳助さんの復帰も囁かれていますが、出演はあるのでしょうか。

また、7月31日には紳助さんの友人でタレントの土建屋よしゆきさん(享年58)が肝不全のために死去。3日に行われた通夜には紳助さんが極秘で訪れたとも報じられています。

とにかく、引退してもなお動向に注目が集まる紳助さんですが、お笑い事情に詳しい芸能関係者は「復帰は難しい」と見ているようですね。

↓新M-1で復帰あるのか?
M-1グランプリ the FINAL PREMIUM COLLECTION 2001-2010 DVD

M-1グランプリ the FINAL PREMIUM COLLECTION 2001-2010 DVD

(関連商品)

(以下引用)
「東京の芸人の多くは“アンチ紳助”だといわれています。わざわざ復帰を望む人はいませんよ」
“アンチ紳助”の立場をとる東京芸人たちの中心には、大物芸人Aがいるという。

「番組で紳助さんのモノマネをしたAさんのもとに紳助さんが直接電話をかけてきて、文句を言ってきたということがあったらしいのですが、Aさんは一蹴したそうです。紳助さんに困っていた東京芸人も多かったので、この一件でAさんを中心に結束が固まったといわれています」(前出・芸能関係者)

また“ポスト紳助”と呼ばれ、複数の番組でレギュラー司会者を務める芸人Bもまた、“アンチ紳助”だといわれている。

「紳助さんは、若手と最初に共演するとき、強い態度でダメ出しをしたり、怒ったりするそうです。でもって、若手が謝りに来たところで今度は優しくして“紳助さんって本当は優しい人なんだ……”と思わせる、いわば“ギャップ戦法”を使っていたというんです。
Bさんも、同じような戦法で攻められたらしいのですが、“そんな幼稚な戦法に引っかかるかよ。馬鹿にすんなよ”といった感じで、“アンチ紳助”になっていったそうです」(芸能関係者)

紳助さんとの共演がほとんどなかった芸人Aに対し、芸人Bは紳助さんとの共演も多かった。どうやら、割りきって仕事をしていたということのようだ。
(NEWSポストセブンより引用)

MCアンジャッシュ in 東京コントまつり 芸人の秘密大暴露! の巻(DVD)

MCアンジャッシュ in 東京コントまつり 芸人の秘密大暴露! の巻(DVD)

(関連商品)

紳助さんが引退したことで、もう我慢する必要がなくなったと、東京芸人は大喜びだとか。吉本の一部の若手も含めて、東京芸人の多くは“アンチ紳助”のようです。

紳助さんの復帰を歓迎する芸人は少ないでしょう。仮に復帰することがあっても、吉本制作の関西ローカル番組限定でしょうね。もう東京の芸能界に、紳助さんの居場所はないかもしれません。

紳助さんとしても、まるで味方がいないようなこの状況で、わざわざ復帰しようとも思わないのでは?

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

江角マキコの“ママ友いじめ被害”はウソ?! 「いつも上から目線」「陰で悪口」、超名門私立小・ママ友が激烈抗議文公開。

発端は、超名門私立小に長女(9)を通わせる江角マキコ(47)さんが、7月30日に『人は人、自分は自分』というタイトルで綴ったブログでした。

過去にママ友から受けたといういじめ被害を告白していたのですが、これにママ友が反発。「あの人こそ加害者」「ありもしない噂を流したり、中傷をしていた」「あの人は嫌われ者」との声が上がっています。

芸能人である彼女が人知れず悩んでいたことと当初は思われたのですが、平穏なはずの夏休みの学校は、にわかに騒がしくなっているようです。

もう迷わない生活 (集英社文庫)/江角マキコ(文庫)

もう迷わない生活 (集英社文庫)/江角マキコ

(関連商品)
(以下引用)
《もう4年以上前かな。私もいろいろな噂話を流されたことがあります。お弁当を作らずメロンパンをポンと持たせている、とか先生にいわゆるチクリをしてる、とか、それはもう様々なストーリーで。

なかなか想像力豊かな内容で今は笑えますけど、その時は露骨に無視をされたり、お茶会やランチ会をその噂を広めるために開かれたりとか。「違います!」と言いたいのを我慢して耐えました。子供と一緒にいる時に無視をされたり、嫌味を言われたり。そんなときも必死で耐えました》

この日、沖縄・宮古島にいたという江角は、突然なんの前触れもなく、過去にママ友から受けたといういじめ被害を告白したのだった。

女性セブンはこの問題について、江角と同じ学校に子供を通わせる複数の保護者を取材したが、そのほとんどが、「その件については話したくないんです…」と、口をつぐんだ。

彼女たちからすれば、江角の告白は、名門校に“陰湿なママ友いじめがある”というレッテルを貼るに等しく、甚だ迷惑な行為なのだろう。また、何かを語ることで、わが子が不利益を被るのでは、という親としての不安もあったに違いない。

だが、取材を進めていくなかで、江角の主張とは真逆のことを語り始めたママ友・A子さんと接触することができた。

「一体どういうつもりで、彼女は“あんなこと”を書いたのか…。その真意はわかりませんが、ただひとつだけ、はっきりと言いたい。書かれた内容は全てウソです」

そう憤るA子さん。さらに、彼女は、江角の一件について、こう話す。

「みなさん、しゃべりたいことがたくさんあるんです。でも“本当のこと”を言うと、あの人に何をされるか、そして子供の学校生活にどんな影響が出るのか、それが心配なんです…」

それでも、A子さんは「少しでも真実を知っていただければ…」と勇気をふりしぼり、彼女と親しい江角を知る複数のママ友有志でひとつの文書を作成。そして、それを女性セブンへの回答としてくれた。2053文字に及ぶその抗議文(女性セブン2014年8月21・28日号に全文掲載)には、衝撃の内容が綴られていた。

《彼女が仮に自分がいじめられていたと感じているとすれば、それは幼稚園の年長さんの3学期以降、彼女が数々の同級生へしてきたことがバレたために、彼女からみんなが距離を取ったというのが事実です。つまり、いじめがあったとするならば、それはむしろ彼女自身がされていたことであり、彼女は被害者というよりも加害者ではないか、と考えます》

 これが本当であれば、江角の主張とは、真っ向から食い違うことになる。

A子さんたちによれば、当初、江角もママ友たちと親しくつきあっており、江角が下の子(長男、5才)を妊娠した際には、彼女の代わりに友人たちが長女の面倒を見ることもあったという。しかし、江角はそんなママ友を裏切る行為をしていたというのだ。文書はこう続く。

《いろいろな善意を受けてきながら、彼女は陰で、なぜかそのような人たちのありもしない噂を流したり、中傷をしていたのです。

それは毎回同じような手口で、例えばAさんには「Bさんがあなたの悪口言っているよ」と言い、Bさんには「Aさんがあなたの悪口を言っているよ」という手口で、いろんなお母様と接触していたようです。賢い保護者の方たちが、それが何かおかしいと気づき始めたのは当然の流れだと思います。その事実を知ったお母様方が、お互いに確認作業したところ、おかしな言動の元がどこであったかが分かり始めました。その頃から、江角さんが離れて行ったというのが事実です》

A子さんたちは、これ以上具体的な内容を話すと子供たちに危害が及ぶ可能性があるとして、被害の実情については、明言はしなかった。しかし、女性セブンが学校関係者を取材したところ、複数の証言が出てきた。

「確かに江角さんは当初は他の保護者のかたと仲よくやっていました。行事も休まずに参加していましたから。ただ、彼女はいつも上から目線で、高圧的な態度だったんです。基本的に人の意見は一切聞かず、自分の正義や主張を押し通すんです。校内のボランティア活動などでは、他の保護者のやることにいちいち文句をつけて、全て自分のやり方が正しいと思って譲らない。自分がいちばん上に立って先導できないと我慢ならないタイプみたいで、周囲との軋轢を生みやすいかたでした」(学校関係者)

そのため、自分より目立つ母親がいたら、容赦なく、彼女の攻撃対象になっていった。「あの人は目立ちたがり屋だから」とか、「本当はやる気なんかないのよ」とか、周囲に悪口を言いふらすのが常だったといい、そんな彼女の言動に傷ついた保護者はたくさんいたという。

A子さんは、この抗議文を書いた理由について、最後にこう語っている。

「正直、江角さんに反論するのは、彼女と同じ土俵に上がることになるし、嫌でした。でも、ブログが嘘であるということ、そしてなによりも、彼女に傷つけられた人がどれだけいるか、ということを、世間のかたがたにどうしても知ってほしかったんです…」
(女性セブンより引用)

ショムニ2013 DVD-BOX/江角マキコ[DVD]【返品種別A】

ショムニ2013 DVD-BOX/江角マキコ[DVD]【返品種別A】

(関連商品)

江角さんといえば、勝ち気で、はっきりものをいうプラスイメージな女性ですね。
しかし、このたびの告発は「ママ友にいじめられた」という思いもよらない話でした。

しかし、ママ友の多くは江角さんの性格を知っているだけに、口が堅くなるのでしょうが
あまりにも一方的な告発には戸惑いもあるでしょう。

江角さんもブログで一方的に暴露するより、話し合いの場を設けてきちんと対処したほうがよかったかもしれませんね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。