アイドル 芸能 見張り隊

安室奈美恵、独立騒動で明らかになったこと。ライジンググループと平社長のブラックな実態が次々と発覚。

「週刊文春」が火をつけた安室奈美恵さんの独立騒動。その裏で、報じられない所属事務所社長のダーティな過去が明らかになっています。

記事によると、安室さんが18歳年上の音楽プロモーター・西茂弘氏と結託して、所属事務所であるライジンググループからの独立を図っているというのです。

安室奈美恵/Ballada 【CD+DVD】

安室奈美恵/Ballada 【CD+DVD】

(関連商品)

(以下引用)
直後には、「サンデー毎日」(8月31日号)や「女性セブン」(9月4日号)も追随。「文春」と同じように現状の契約内容に不満を持った安室が弁護士や税理士を連れて独立を提案したことを報じ
その主張は「安室にとって都合のいいことばかり」で「荒唐無稽」と批判。やはり安室の行動には「後見人」である西氏の影響が大きいと断じた。

また、「セブン」と「サン毎」はその西氏がX JapanのToshiの洗脳騒動で有名になった自己啓発セミナー・ホームオブハートの主宰者MASAYA(本名・倉渕透氏)と懇意の仲だったと報道。安室が西氏に洗脳されていることをほのめかすような記述もあった。
(RITERAより引用)

週刊各誌を見ていると、われらがアムロちゃんが男女関係にある年上の愛人に洗脳されてしまい、そのあげく独立騒動を起こしてしまった──。そんな事態が起きているらしい。

だが、これらの週刊誌報道には、一方で違和感のようなものも漂っている。というのも、情報や記事のスタンスが3誌ともそっくりなうえ、やたら証拠がそろいすぎているところが気になります。

(以下引用)
たとえば、3誌すべてで、安室がライジング側に提示した提案書の中身が詳細に報道されているうえ「セブン」には「文春」の報道でビビった安室がライジングの平哲夫社長に提出した謝罪の手紙までがこまかに紹介された。

また、安室と西氏をおとしめるための強引な記述も見受けられる。たとえば、先述した西氏とホームオブハートの関係。「セブン」や「サン毎」の記事では、2008年3月に行われたX Japanの復活コンサートをMASAYAとの関係で西氏が手がけたことになっているが、これがどうも怪しい。

この7月に出たToshiの『洗脳 地獄の12年からの生還』(講談社)でも、このコンサートの経緯について触れられていて、別のイベント関係者から提案されたことが明かされているのだ。

ホームハート問題を取材しているジャーナリストは、一連の報道を見て、こう疑問を呈する。

「たしかに、ホームオブハートが社会問題化したころに、“団体の幹部である”として、有名な音楽配信グループの社長などと共に西氏の名前が出て来たこともありました。
しかし、調べてみると、MASAYAと西氏が学生時代に交流があったことは確認できましたが、その後の深いかかわりは見つけられなかった。なぜわざわざこの問題を持ち出しているのか。かなり無理な記事のように思いました」

そして、安室と西氏がこうして徹底的に悪者にされているのとは対照的に、やたらもちあげられているのが、現所属プロのライジングの平哲夫社長だ。

とにかく、どの週刊誌を読んでも、平社長が安室を惜しみない愛情で支え続け、いかに大事に育ててきたかが強調され、二人の関係も親子同然だったかのように書かれているのだ。

「当然ですよ。三誌とも明らかにライジングプロの意向を受けて、ライジング発の情報で書いているんですから」

こう語るのは、ある週刊誌の関係者。たしかに、記事中には事務所の関係者が再三登場して内幕を証言しているし、提案書や謝罪の手紙なども事務所の幹部でなければ入手することはできない。要は、安室らの独立に腹をたてたライジングの関係者が情報を流して、マスコミにネガティブキャンパーンをはらしている、そうとしか思えないのである。
(RITERAより引用)

だが、ライジングの意向にそって、安室と西氏がただのわがままで独立しようとしていると書きたてているマスコミが一切ふれない事実があります。

それは、安室がライジングの平社長と距離をおきはじめたきっかかけが巨額脱税事件だったこと。

2001年、ライジングは国税庁から年間で25億円という巨額の所得隠しを摘発され、平社長は2年あまりの実刑判決を受けている。しかも、この事件の捜査や公判で、ライジングと平社長のブラックな実態が次々と出てきました。

平社長所属タレントのプロデュース費用などをいったん取引先に支払い、大半を戻させ5億円以上の裏金を捻出していたのだが、その金を暴力団関係者にばらまいていたというのですから、ひどい話です。

(以下引用)
平社長は2002年6月の公判でU氏という人物にヤクザ対策費として1億5千万円を支払ったことを明かしている。当時の法廷の様子を報じた「アサヒ芸能」(2002年7月11日号)によれば、平社長は法廷でこう証言したという。

「Uさんは闇の世界の人といわれておりますが、マスコミ業界に長くおり、私の身分を保障してくれる人だった。私は中学時代から不良少年で、20歳でその世界を抜けるために指を詰めた。(中略)実際、コンサートへの妨害は一回もなく、領収書のない金の効果だと思った」

平社長はこのとき、自身が元暴力団員で指のないことも明かしており、傍聴席の記者も目を丸くしたと書かれている。それはともかく、裏金は暴力団の他にも、政界や芸能界、そしてマスコミにもばらまかれていたことが次々と発覚していった。こういったことがあって、安室はライジングと平社長に対して不信感を強めていったのである。

ところが、今、マスコミはこういった事実を一切書かず、ひたすら安室のわがままと西氏の洗脳で独立を画策していると報じているのだ。

「安室に対してはライジングだけでなく、平社長の後ろ盾てある芸能界のドン・バーニングプロの周防郁雄社長が影響力をもっている音事協(日本音楽事業者協会)をあげての安室叩きをやろうという動きになっています。アーティストが独立しようと言う動きを封じ込めるためのみせしめです。芸能マスコミは、音事協にはさからえませんから、これからも安室バッシングはまだまだ出ると思いますよ」(前出・週刊誌関係者)
(リテラより引用)

↓大人カジュアルは彼女がお手本
Gina(ジーナ) 2014年9月号 【表紙】 安室奈美恵/ぶんか社(雑誌)

Gina(ジーナ) 2014年9月号 【表紙】 安室奈美恵

(関連商品)
 
沢田研二、田原俊彦、西嶋秀俊、鈴木亜美…。過去にも、独立騒動を契機に干された芸能人は数多くいます。

安室さんが、これを機に芸能界から干されないといいのですが…。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


森且行、たけしの番組に、脱退後初本格テレビ出演!SMAPとの共演には含みも。

毎回「〜道」と称して、ビートたけしをはじめ、たけし軍団らがその道を極めていくバラエティ番組『たけしの等々力ベース』(BSフジ)。

ギャンブルシリーズ第3弾では、元SMAPのメンバーで人気オートレーサーの森且行選手(40)がゲスト出演。船橋オートレース場で収録が行われました。

96年にSMAPを脱退後、本格的なバラエティー出演は初めてとなります。
SMAPとの共演については含みを持たせていましたが、これを機に実現するのでしょうか。

↓懐かしい映像でね。
SMAP/はじめての夏 DVD

SMAP/はじめての夏 DVD

(関連商品)

(以下引用)  
森は自身がメンバーあてに書いた手紙が読み上げられた7月27日放送の「SMAP×FNS27時間テレビ」を見たといい、「オレの手紙で感動してもらって、よかった」と照れ笑い。番組では中居正広が号泣したのをはじめ、メンバーが森の手紙に涙した。

最近は、SMAPのメンバーが森の脱退騒動についてテレビで語るなど、“森&SMAP”が再び注目を集めているが、この日、報道陣から「メンバーとの共演は?」と聞かれると、「日本一になるまでは、と約束したので、考えないようにしています」と返答。現時点での“SMAP共演”は否定しつつも、今後に含みを持たせた。

森が脱退を相談した時、木村拓哉が「日本一になれ」と激励したことが知られている。

オートレーサー転向後、初の本格バラエティー出演となったこの日。森は船橋オート場でたけしやたけし軍団を案内。今後のバラエティー出演の可能性については「今ちょっとオートレース界が低迷しているので、少しでも盛り上がるんでしたら、やりたいと思います」と前向きに答えた。
(デイリースポーツより引用)

DVD/趣味教養/たけしの等々力ベース DVD-BOX

DVD/趣味教養/たけしの等々力ベース DVD-BOX

(関連商品)

番組でビートたけしさんは「誰しも憧れるものはあるけれど、その世界に入って成果を出すのは大変。そこで成果を出したのは凄いよ。芸能界とはまるきり違う世界に行くのには苦労したと思うよ」と森さんのSMAP脱退の決断や、オートレースでの苦労を労っていました。

<追記>
91年9月にSMAPのメンバーとしてCDデビューした森は、夢だったオートレース選手に転向するため、96年5月いっぱいで脱退。芸能界からも引退した。同年8月、選手学校の訓練中に大事故で重傷を負うも、過酷なリハビリを経て、97年にデビュー。デビュー戦で1着を飾った。川口オート所属。

【関連記事】
テレビ上から抹殺された、元SMAPメンバー森且行の”引退会見"書き起こし。
【動画】元SMAP・森且行の引退会見が、ネットで9万6000view突破!

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

森山直太朗さんもびっくり!大ヒット曲「さくら(独唱)」の印税収入は、1億2千万円。

25日放送の「ジャネーノ!?」(フジテレビ系)で、シンガーソングライター・森山直太朗さんの「さくら(独唱)」1曲による印税額が明かされました。

印税を番組が独自に集計したところ、1億2千万円。森山さんは「僕に入ってくる額が?」と驚いていました。

森山直太朗/さくら(独唱)(CD)

森山直太朗/さくら(独唱)(CD)

(関連商品)

(以下引用)
この日の放送では「華やかな芸能界! でもここまで来るのは大変だったんですSP」と題し、芸能人たちが過去の苦労話や収入などを語っていった。

デビュー当時は事務所に入っていなかったと明かす森山は、「自分がライブハウスでやるライブの収益と、弾き語りとかで小銭をいただくじゃないですか」「バイトの貯金で」と、当時の状況について語った。

また、共演者の中村玉緒が「歌手の人は歌だけ歌ってるとあんまり入らんと。作詞作曲がついてたら永久にって?」と、歌手の収入について質問をすると、森山は「歌唱印税というのと、作詞・作曲の印税っていうのがあって。やっぱり圧倒的に作詞と作曲」と、説明。

売上枚数120万枚の大ヒットとなった森山の代表曲「さくら(独唱)」では、歌唱・作詞・作曲を森山が担当している。このシングルCD1枚のアーティスト印税、著作権印税、カラオケ印税などを番組が独自に集計したところ、1億2千万円となった。これには「僕に入ってくる額が?」と、本人も驚いた様子をみせた。

また、CDの印税収入以外にも、ライブやグッズ販売も歌手の収益に繋がるという。森山は「ステージは赤字がでちゃうんだけども」「グッズでその分を稼いでいる」と、歌手の台所事情について語った。
(livedoor Newsより引用)

曲の印税収入については過去に、高橋ジョージさんの稼ぎっぷりが話題になりました。

1993年に大ヒットしたTHE虎舞竜の『ロード』の作詞作曲をしていますが、全盛期には印税収入で22億円あったそうです。

しかも、高橋さんには、 いまだに年間1200万円のカラオケ印税が入り続けているそうで、なんとも、うらやましい話です。


CD/THE虎舞竜/ロード/ロード第二章

CD/THE虎舞竜/ロード/ロード第二章

(関連商品)

レコード会社関係者の話では、作詞家、作曲家に入る著作権印税は各2.5%、歌手やバンドのメンバーに入るアーティスト印税は約1%が相場。

「例えば1000円のシングルCDの場合、著作権印税は18円ほど、アーティスト印税は8円ほど。
二次使用料はカラオケで1回歌われる毎に約5円前後払われます」とのことです。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

今年の『紅白』司会は仲間由紀恵で確定!? NHK朝ドラ“準主役”のバーター説が濃厚に。

「真夏の紅白」とも称されるNHK『思い出のメロディー』が、9日に放送されました。

司会は、仲間由紀恵さんと綾小路きみまろさん。かねてから、大みそか『紅白歌合戦』の“前哨戦”とされる同番組だけに
業界関係者の間では、これで仲間さんの紅組司会は当確。白組は昨年同様、嵐の起用が最有力といわれています。

仲間さんの起用については、こんな情報も飛び交っているようです。

連続テレビ小説 花子とアン 完全版 DVD-BOX-1 DVD

連続テレビ小説 花子とアン 完全版 DVD-BOX-1 DVD

(関連商品)

(以下引用)
「仲間さんは、現在放送中の朝ドラ『花子とアン』に準主役として出演している。仲間さんクラスになれば、主演は当たり前。それでも引き受けたのは、紅白の司会が確約されていたからではないか? とウワサされているんです」(スポーツ紙記者)
 
朝ドラの主演は、奔放キャラで知られる吉高由里子。昨年の紅白で天然キャラの綾瀬はるかが紅組の司会をなんとか務め上げたとはいえ、吉高サイドとしては「同じ系統だけに、長時間の生放送には自信がない。アドリブで何を言い出すかわからない怖さもある」と、司会抜擢には慎重な構えを見せているという。

「彼女は大河ドラマ『軍師官兵衛』で賢母・光を演じている中谷美紀と共に、審査員に起用されるのでは」とは音楽関係者。
 
視聴者としては“安定”の仲間より、吉高の司会ぶりを見てみたいものだが……。
(日刊サイゾーより引用)

大ヒットの『花子とアン』で存在感を見せる仲間由紀恵さん。当初はオファーに激怒していたそうですよ。

大河ドラマ『功名が辻』に主演し、2005〜09年まで『紅白歌合戦』の司会を4度務めた、国民的大女優ですからね。それが番手扱いでは、納得いかないのも無理はありません。

(以下引用)
NHK連続テレビ小説『花子とアン』が、平均視聴率20%超を記録する人気ぶりだ。
 
中でも「完全に主役を食ってる」と評判なのが、ヒロイン・村岡花子の生涯の友、葉山蓮子を演じる仲間由紀恵。蓮子は花子が通う修和女学校に24歳という年齢で編入してくるワケありの女性で、そのモデルは歌人としてその名を馳せた「柳原白蓮」と言われている。
 
週刊誌記者によると「『花子とアン』の特集記事を扱うと、売り上げが伸びる。各社、ドラマの現場話や原作の裏話を集めようと必死です」という。
 
とはいえ、仲間の扱いは主役ではなく「番手」。形式上、ダブルヒロインのように扱われているが、仲間サイドとしては納得のいくものではなかったという。

それでもNHKは我慢強く仲間サイドを説得。最終的に三顧の礼で迎えることで、了承を得たという。
(日刊サイゾーより引用)

見ている人はわかると思いますが、吉高さんとどっちがヒロインかわからない。これはNHKサイドが配慮して、出演シーンや演出を修正したからだそうですよ。
 
最初こそ突っぱねた仲間サイドも、ドラマの大ヒットで態度が変わったとか。
方々で評判になっているため、結果オーライということでしょうか。これぞ、“ザ・芸能界”な手のひら返しですね。

仲間さんといえば、「ごくせん」「TRICK」のイメージが強かったのですが、蓮子さんのあの楚々とした振る舞いと艶やかなお色気に魅せられた方も多いいでしょう。

これで、完全復活と言っていいでしょうね。

↓復帰を期待したい 
小林幸子vs美川憲一 NHK DVD 二人だけの紅白歌合戦!!(DVD)

小林幸子vs美川憲一 NHK DVD 二人だけの紅白歌合戦!!(DVD)

(関連商品)

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。