アイドル 芸能 見張り隊

【衝撃】人気AV女優は、先月まで日経新聞記者だった!

単体で10作以上をリリースしていたAV女優が、先月まで日経新聞記者だったことが週刊文春の取材でわかりました。

AV女優のお仕事場 (ベスト新書)/溜池ゴロー(新書)

AV女優のお仕事場

(関連商品)

この女優は、2004年にデビュー。巨乳を売りに、ロリコンものからSMものまで幅広いジャンルの作品で活躍していたという。

元記者は、本誌の取材に「AV出演していたのは事実です。日経新聞を辞めたのは、AVとは関係ない話です」と語っていたそうですが…。

この記事でわかったことは、日経新聞の現役記者でありながら、密かに、AV女優として活躍してしていたこと。一体、どんな事情でかけもちをしていたのでしょう。

このスクープ記事の詳細はニコニコチャンネルの
「週刊文春デジタル」で10月2日午前5時より全文公開とのことです。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


アイドルの枠を超えたジャニーズ!TOKIOの魅力ランキング 「アイドルなのに農業歴が10年以上」など

年代を問わず多くのファンに愛されている、TOKIO。

ジャニーズの中でも、確固たる地位を維持している理由は、アイドルという枠組みにとらわれない活動にあるのではないでしょうか。

今回は、そんなTOKIO の魅力についてランキング形式で紹介します。

TOKIO/HEART(初回出荷限定盤(初回限定盤2))(DVD付) (JACA-5423)

TOKIO/HEART(初回出荷限定盤(初回限定盤2))(DVD付) (JACA-5423)

(関連商品)

1位:ご長寿番組「ザ!鉄腕!DASH!!」を続けているところ
2位:アイドルなのに農業歴が10年以上あるところ
3位:メンバー全員の仲が良いとテレビ越しに伝わってくるところ
4位:アイドルなのに船や重機を扱うことができるところ
5位:アイドルなのに飾らず、庶民的なところ
(gooランキングより)

「ザ!鉄腕!DASH!!」は、1998年から日本テレビ系列で放映されているTOKIOがメインのバラエティー番組。「DASH村」や「DASH島」でのTOKIOの奮闘ぶりから目が離せない人気の番組ですよね。

DASH村やDASH島で稲作をしたり、野菜を育てたりと、アイドルらしからぬ農業経験がTOKIOの魅力となっているようです。

メンバー全員の仲が良いとテレビ越しに伝わってくるところも魅力ですね。

それぞれが俳優や司会者などで活躍しているTOKIOですが、全員が揃うと仲の良さが自然と伝わってきます。24時間テレビで走る城島リーダーを全力で応援するメンバーの姿に胸を打たれた人も多いのではないでしょうか。

【ザ!鉄腕ダッシュ!!で紹介】 子犬を迎えたその日からはじめる「しつけ」DVD ザ!鉄腕!DASH!!はじめての子犬 教習で紹介

【ザ!鉄腕ダッシュ!!で紹介】 子犬を迎えたその日からはじめる「しつけ」DVD

(関連商品)

「ザ!鉄腕!DASH!!」で多くの企画に挑戦し続け、何事も自分たちでこなしているTOKIO。船や重機を扱うなどプロ顔負けの腕前は、アイドルのイメージを逸脱して視聴者を驚かせてくれます。
 
1994年にデビューして以来、多くのファンを魅了しているTOKIOも、9月で20周年。

この夏にはジャニーズアイドルグループとしては初の野外フェス「JOIN ALIVE 2014」「SUMMER SONIC 2014」に出演を果たし大成功を収めましたことも話題に。

これからTOKIOがどんな活躍でファンを魅了してくれるのか楽しみですね。

◆関連記事◆
「ザ!鉄腕!DASH!」のTOKIO、東京湾の無人島、「旧日本軍の海上要塞・第二海堡」にロケ敢行
チャリティーマラソンで完走した、43歳の城島茂。DASHの作業は、ジャニーズを強くする。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

ももクロファンが誰よりも涙した!NHK朝ドラ「マッサン」が大好評な理由とは?

第一回の視聴率は関東地区が21.8%で関西地区が19.8%と、好スタートを切った NHKの朝ドラ「マッサン」。

放送前から評判が高く、主演の玉山鉄二さん(34)、妻でヒロインのシャーロット・ケイト・フォックスさん(28)のコンビに「期待通りだった」と歓喜の声が挙がり、「始まってすぐに泣いた」人まで大量に現れたそうです。

この泣いた人たちの中には大人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のファンも含まれていたというのですが、一体、何があったのでしょうか。

マッサン 連続テレビ小説 Part1

マッサン 連続テレビ小説 Part1

(関連商品)

(以下引用)
●「ももクロ」を脱退し女優に専念することを決めた

とにかく第一回から、泣いてしまったという報告が多い。まず、「懐かしい風景 懐かしい人々」で始まる中島みゆきさんの主題歌「麦の歌」が心に響いて涙を流してしまう。
そして、玉山さんとシャーロットさんが手を繋いで麦畑の中を走る姿が幻想的で、過去に置き忘れた何かを思い出しそうになって涙腺をくすぐられた、というのだ。

時代は大正時代で、マッサンこと玉山さんは日本初の国産ウィスキーを造るためスコットランドへ留学し、そこで出会い結婚したのがエリーを演じるシャーロットさんという設定になっている。初めて日本の地を踏んだシャーロットさんの演技がけなげで可愛すぎて思わず泣いてしまったともいう。

だが、泣いたのは歌やドラマに感動したということだけではなかった。主題歌が流れている時にキャストやスタッフの名前が出たのだが、ある視聴者はそれを見て泣いて、さらに役者が演技をしているその姿を見て泣いてしまった、と報告しているのだ。その役者とはマッサンの妹「亀山すみれ」役の早見あかりさん(19)だ。早見さんは「ももクロ」の元中心メンバーで、12年に脱退し女優の道に進んだ。

●「うおおおー!あかりんんんんんん!!!!!うう...」

早見さんは08年11月に「ももクロ」に加入し、当時は事務所の方針から数人のファンの前で路上ライブをやってファンを増やすという厳しいスタートを強いられていた。やがて「ももクロ」はドーム会場を満員にするトップアイドルに成長しその中心的役割を担った早見さんだったが、女優に専念する道を選び11年4月10日に脱退する。

メンバーは6人から5人となり、名前も「ももいろクローバー」から「ももいろクローバーZ」に変更となった。所属事務所は変えずに5人と1人に分かれたわけだが、12年の大晦日「NHK紅白歌合戦」に初出場した「ももクロ」は、最後の決めポーズで1人分のポジションを空け、メンバー紹介の時には早見さんの名前が入った音声を流した。

「ももクロ」はNHKホール近くにある代々木公園の路上ライブから始まり、いつか紅白に出ようと誓っていた。だからこの場所に早見さんと一緒に出たかったし、早見さんも頑張ってほしいというエールを送った。当時このシーンを見たファンはネットで激しく燃え上がり今でも伝説として語り継がれている。

そんな早見さんの名前が「マッサン」のテロップで流れ、ドラマでは女優として現れたものだからたまらない。

ファンたちはツイッターなどで、

「亀山すみれ 早見あかりの文字が出た瞬間、泣いた...」
「うおおおー!あかりんんんんんん!!!!!うう...」
「あかりんの名前があるのに感激!自分でさえこうなんだから路上時代からのファンはどうなるんだろうw」

などと興奮していた。
(J−castニュースより引用)

ドラマの中で結構重要な役どころを演じる、早見さん。

そのため毎朝、姿を見ることができるし、これから半年間、幸せな思いができると喜んでいるファンもいるようです。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。