アイドル 芸能 見張り隊

80歳!田原総一朗がまさかの熱愛中を告白「高校時代の同窓会で…」

もう80歳とは信じ難い元気さだ、とは思っていましたが、まさかここまでだったとは。

連日のテレビ出演に執筆、「朝まで生テレビ」(テレビ朝日系)では徹夜で激論を交わす田原総一朗さん。それだけでも傘寿とは思えないバイタリティですが、その田原さんが「徹夜で激論」とは別の、ある意味それ以上の“元気ぶり”が明らかになっています。

「私はいま、熱烈な恋愛をしている」
そう、なんと田原さんはいま熱愛中であることを自ら暴露したのです。

80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ

80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ

(関連商品)

(以下引用) 
田原が驚きの告白をしているのは、先日上梓した『80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ』でのこと。

タイトル通り自身の健康法に老人らしい自慢話や自己啓発的説教が語られているのだが、なぜか話は脱線し……。「私はいま、熱烈な恋愛をしている」と、80歳にして現在進行中の熱愛を自ら告白するのである。

たしかに田原は、10年前にダブル不倫の末に結ばれた愛妻をがんで亡くし、いまは独り身で、恋愛は自由。とはいえ、しつこいようだが御年80歳である。相手は一体どんな女性なのか、そもそも一体どこで出会ったのか。

まずは田原のこれまでの“恋愛遍歴”を本書から紹介したい。田原は20代の頃に結婚し、2人の娘をもうけるも妻は病死。そして再婚したがやはり2度目の妻にも先立たれている。それは田原と再婚妻の共著『私たちの愛』(講談社)にも詳しいが、田原は本書でも改めてそれら“恋愛遍歴”を記している。

「最初の妻は私が49歳の時に他界した。55歳の時に再婚した二番目の妻にも、私が70歳の時に先立たれている」

最初の妻は田原の叔母の末娘・末子で、3歳年上の“従妹”だった。周囲からの反対もあったが、2人はそれを押し切って結婚。田原が26歳のときだった。その後2人の娘に恵まれたが、娘たちが小学生だった1975年末子に乳がんが見つかる。そして長い闘病生活が始まった。

だが妻が闘病生活を送るなか、いや、それ以前から田原は他の女性と恋愛関係にあった。お相手の女性は日本テレビでアナウンサーをしていた村上節子だった。

「相手にも夫と娘がいたので、ダブル不倫だった」

田原自身がこう認めるダブル不倫の関係は、1967年から始まったらしい。結婚7年目で田原が33歳の時である。

「妻の末子がガンになって以降も、節子との関係は続いた。末子に申し訳ないという罪悪感を持ちつつも、節子と別れることはできなかった。ただ、恋愛関係になっていたとはいえ、節子と結婚する気はなく、末子と離婚する気もなかった」
(LITERAより引用)

男の身勝手とも取れるますが、しかしこうした過去の“不倫”をさらっと、そして飄々と告白するところは、さすが“老人力”ともいえます。

「もう昔のことだからね」という開き直りも感じられるのですが、しかし田原さんは末子さんを献身的に看病し、娘たちの面倒を見たそうですね。

(以下引用)
そして末子は1983年、53歳の若さで亡くなった。この時の心境を田原はこう記している。

「私は末子を看取る一方で、節子と恋愛していたことについて、とても申し訳ない気持ちでいた。と同時に『これで二重関係の苦悩から解き放たれる』という思いもあり、なんとも言えぬ複雑な心境であった」

本書を娘も読むかもしれないだろうに、こんな“本音”を告白する田原。生々しすぎる告白だが、それはまだまだ続く。

末子夫人が亡くなった当初は、節子と再婚する気はなかったという田原だが、夫人逝去の3年後にプロポーズ。節子はこれを1度は断ったが、さらに3年後に再びプロポーズ。田原の体調が悪かったことで、今度は節子もOKした。

だがしかし、節子もまたガンに倒れる。2004年6月、節子は67歳で亡くなった。
(LITERAより引用)

それから10年、田原は本書で堂々の“熱愛宣言”をしています。お相手はなんと高校の同級生で、かつてマドンナだった女性だというのですが…。

きっかけは、同窓会。それまでも年に一度の同窓会で会っていたが、73歳の時、同窓会の場で初めて彼女を誘ったという。田原さんが二番目の妻を亡くしてから3年経った頃のことだそうで。

どうやら田原さんは奥さんが亡くなって3年経つと、プロポーズやら恋愛をしたくなるようで、彼女もまた夫に先立たれていた境遇だったことが。2人を結びつけたようです。

(以下引用)
「高校時代も美貌で理知的な女性だったが、いまも見目麗しい」「彼女と一緒にいて楽しいのは、心がときめくからだ」

堂々としたこのノロケっぷり! しかも流行の同窓会恋愛だったとは! さすがである。さらに田原は彼女と集団的自衛権やTPP、安倍晋三論などの論争もするという。彼女は新鮮な意見を田原にぶつけるらしい。

「結婚していないから、お互いを縛るものも何もない。心おきなく、何の秘密もなく、話し合うことができる」

「そういう意味では、妻以上の存在といえるかもしれない。というのも、妻にはなかなか自分の弱みを見せられなかったからだ」

(LITERAより引用)

田原総一朗、80歳の熱愛宣言。ひょっとして、田原さんの健康の秘訣は、”恋愛”だったのかも。

これからも、ずっとお元気で。そして公私ともに、朝まで激論を闘わせてください。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


CD売り上げ1,000枚、NHKへの貢献ゼロ……でも、和田アキ子が『紅白』に出場し続けるワケ?音楽関係者の間では疑問の声!

今年も残すところ、あと40日余り。NHK『紅白歌合戦』の司会が嵐と吉高由里子さんに決まりましたが、出場歌手については、これから出場レースが始まるところ。

女性歌手としてNHK『紅白歌合戦』の最多出場を誇る和田アキ子さんが今年も出場するのかどうか、その行方が注目されています。

10年以上前からヒット曲もなく、NHKの番組に対して貢献度もないにもかかわらず、ごり押しで出場できる裏には、強力なバックがついているというのですが…。

↓疑惑のヒット曲?
和田アキ子/すばらしき人よ

和田アキ子/すばらしき人よ

(関連商品)

(以下引用)
和田は1970年以来、計37回の『紅白』出場の記録を持ち、いまや「紅白の顔」とまでいわれているが、以前から音楽関係者の間では和田の出場に対し、疑問の声が上がっていた。特にここ数年、和田は当落線上にあったという。

2年前は小林幸子が事務所幹部の“解任騒動”で『紅白』に影響力を持つといわれるバーニングプロダクションの周防郁雄社長を敵に回したことで落選したために、“大物枠”で滑り込んだ。
去年は、ホリプロの後輩である綾瀬はるかが、NHK大河ドラマ『八重の桜』の主演を務めた上に、紅白の司会にまで選ばれたことで、彼女とのバーターで出場が決まったといわれている。

ところが、今年は、和田を押し込む材料が今のところ見当たらない。それでも、和田が「紅白に出たい」と言えば、ホリプロはプッシュせざるを得ない。なぜなら、和田はホリプロの屋台骨を作った歌手で、ホリプロの株主でもあるからだ。

しかし、プッシュしたくても、リリースしたCDは1,000枚売るのがやっと。日曜日の昼に『アッコにおまかせ!』(TBS系)のレギュラー番組を持っていることから、裏番組に当たる『NHKのど自慢』にゲスト出演したことがない。
NHKにレギュラーを持っているわけでもなく、同局への貢献度は、ほぼゼロ。さすがに、連続出場させるのも無理が出ている。きっと、ホリプロだけでなくNHKも、昨年の北島三郎のように“紅白卒業”を宣言して、潔く後輩に道を譲るという選択をすることを和田にも期待しているのではないか。だが、和田はもちろん、今年も出る気まんまんのようだ。

業界関係者の間では「ホリプロが頼りにならないと思ったら、和田は最後は『紅白』に影響力を持つ周防社長頼みになるでしょう」という声が上がっている。和田は以前ラジオ番組で、周防社長と昵懇の仲であることを得意げに語っていたほど。いよいよ当落線上から滑り落ちそうになったら、最終的には周防社長に泣きついて、無理やり出場記録を更新するのでは、とみられているのだ。
(日刊サイゾーより引用)

日頃、芸能人のスキャンダルが持ち上がると偉そうにコメントを出したり批判したりすることで“芸能界のご意見番”と呼ばれている和田さん。
そのような筋の通らない方法で『紅白』に出演を続けるとしたら、まさに赤っ恥でしょう。

晩節を汚さないためにも、北島さんのようにさっさと卒業宣言するか、誰からも文句が言われないようにヒット曲を出すしかないでしょう。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。