アイドル 芸能 見張り隊

AKBが「太刀打ちできない」と一番恐れるアイドル・橋本環奈は「かわいい」だけじゃなくて機転も利く。

アイドルが同業者について論評する機会はあまりありませんが、深夜番組でAKB48のメンバーに対して「正直、AKBにいなくてよかった現役アイドル」を聞くアンケートが行われていました。

「同業者の中で誰を最も脅威に感じているか」に関する設問でもありますが、2位に圧倒的な差をつけて1位になったのが、「1000年に1人の逸材」などとして2013年秋に福岡のご当地アイドルからブレークしたばかりの橋本環奈さん(15)でした。

新品本/橋本環奈本 

橋本環奈本

(関連商品)

(以下引用)  
■231人中86人が橋本さんの名前を挙げる

アンケート結果を放送したのは11月13日未明放送のフジテレビ番組「※AKB調べ」。メンバーを231人に「正直、AKBにいなくてよかった現役アイドル」を聞いたところ、86人が橋本さんの名前を挙げた。2位の「ももち」ことBerryz工房の嗣永桃子さん(22)の31人を大きく引き離した。

橋本さんを評価した人の中には、14年6月に行われた「選抜総選挙」で上位にランクインした人も多い。いずれのメンバーも、橋本さんの「若さと容姿」に圧倒されている様子だ。

「驚くほどほどかわいくてかわいくて、AKB全員分集めてもかなわないぐらいかわいかった。勝ち目ないですね。(自分の1位の座も)スコーンと抜かされちゃいますね。一瞬で」(渡辺麻友さん=1位)
「あんなにかわいい子いたら...。しかも若いじゃないですか?太刀打ちできない、負けを認めるしかない。 (もし橋本さんが加入したら)私、選抜から外れるかも」(柏木由紀さん=3位)
「今、一番かわいいんじゃないかと思う。人類の中で」(宮脇咲良さん=11位)

(初回仕様)Rev.from DVL/REAL-リアル-/恋色パッション(CD+DVD)(CD)

(初回仕様)Rev.from DVL/REAL-リアル-/恋色パッション(CD+DVD)(CD)

(関連商品)

●キンタローの新ネタに「×」の札あげても「我慢するのが大変でした。笑っちゃって」と、フォロー。

橋本さんは14年11月13日にオンラインゲームの発表会に登場。AKBのメンバーは「驚くほどかわいい」「太刀打ちできない」と口をそろえたが、発表会の場では、共演したタレントのキンタロー。さん(33)との機転を利かせたやり取りも目立ち、人気の理由は「かわいさ」にとどまらないようだ。

橋本さんとキンタロー。さんは、人気ゲームシリーズ「モンスターハンター」のオンラインゲームをシミュレーションRPG化した「モンスターハンター メゼポルタ開拓記」(11月13日事前登録開始、11月27日正式サービス開始)の記者発表会に登場。キンタロー。さんが橋本さんの前で新ネタ2本を披露したが、そのうち1本については「×」の札をあげた。

ただ、イベント後の囲み取材では、15歳には珍しいほど多方面に配慮した受け答えに報道陣も驚嘆していた。キンタローさんのネタについては、「めっちゃ面白かったです。1回×をあげちゃったんですけど、我慢するのが大変でした。笑っちゃって」とフォローし、クリスマスの話題になると、「サンタさんには、『モンスターハンター メゼポルタ開拓記』をお願いしたいと思います。サンタさんお願いします!」とイベント主催者に配慮。

椿鬼奴さん(42)に熱愛が発覚し、キンタロー。さんが先を越されたことについては、「あと1か月後には大丈夫。多分、クリスマスにはキンタロー。さんは幸せに過ごしていると思う」と励ましていた。
(J-CASTニュースより引用)

Rev.from DVL/LOVE-arigatou-(通常盤/Type-A/CD+DVD)(CD)

Rev.from DVL/LOVE-arigatou-(通常盤/Type-A/CD+DVD)(CD)

(関連商品)

「かわいい」だけじゃなくて機転も利く橋本環奈さん。
ツイッターでブレークの後押ししたのはSKE松井玲奈(23)でした。

橋本さんの「かわいさ」に、かなり早い段階で着目しており、13年11月5日には、ツイッターで

「橋本環奈ちゃんが可愛すぎて生きていく気持ちが芽生えました」「橋本環奈ちゃんを見つけた衝撃は、まいんちゃんこと福原遥ちゃんを見つけた時の衝撃と同じ」と絶賛しています。

このツイートが橋本さんに関する話題の拡散を後押しし、ブレークにつながった面もあるようです。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


中国サンゴ密漁船を撃て!海上保安庁特殊部隊SSTが出動していた。

小笠原諸島周辺の日本領海でサンゴを密漁する中国漁船に対し、海上保安庁の特殊警備隊SSTが出動していたことが、「週刊文春」の取材で明らかになっています。

【送料無料選択可】海上保安官 日本の海を守る精鋭たち/住本祐寿/共著 川口大輔/共著(単行本・ムック)

海上保安官 日本の海を守る精鋭たち

(関連商品)

(以下引用)
10月5日早朝に命令を受けたSSTは、大阪基地からヘリコプターで緊急出動。

小笠原諸島近海で警備中だった大型巡視船「しきしま」に着艦し、短時間のブリーフィングを受けた後、再度ヘリコプターで出動。
密漁を行う中国漁船の真上からロープを伝って降下すると、軽機関拳銃を構えて船内に突入、包丁やモリなどで激しく抵抗する中国漁民を制圧し、横須賀へ連行した。

1996年に創設されたSSTは、海上保安庁内でも極秘扱いの特殊部隊であり、部隊の編成や装備、隊員の氏名などは一切が非公開。今回の緊急出動についても、海上保安庁からは公表されていない。

今般のSST出動に関する「週刊文春」の取材に対し、海上保安庁広報室は、「具体的な運用にかかわることについては回答を差し控えさせて頂いております」とした。
(週刊文春より引用)

↑和洋、どちらでも使える上品なデザイン
プラチナ最高級血赤サンゴリング

プラチナ最高級血赤サンゴリング

(関連商品)

正直なところ、中国漁船によるサンゴ密漁について、「なぜ、国は動かいのか」と忸怩たる思いがありました。

しかし、このたびの文春記事で、SSTが緊急出動し中国漁民を連行していたことを知り、ホッとしました。
この記事にあるように、”公にすることで中国側を刺激しない”という配慮があったのかも知れませんね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

速水もこみち『MOCO’Sキッチン』で、3億円のスゴ腕商才!

朝の情報番組『ZIP!』の料理コーナー『MOCO’Sキッチン』が大好評の速水もこみちさん(30)。料理にオリーブオイルをふんだんに使うことから“オリーブ王子”と呼ばれ、主婦からも大人気のようです。

そんな彼には料理の腕前を超える意外な才能が……。なんと、関連商品の売り上げが凄まじい額を叩き出しているのです。

MOCO’Sキッチン Vol.2(DVD)

MOCO’Sキッチン Vol.2(DVD)

(関連商品)

(以下引用)
「昨年3月に速水さんがプロデュースした『MOCO’Sキッチン エキストラヴァージンオリーブオイル』は1本5250円と高額にもかからわず、限定15000本が完売。続いて発売したフライパン、エプロンも次々と売れ、DVDやレシピ本なども合わせると、関連グッズの売り上げは3億円になるそうです」(番組関係者)

なぜ、もこみちブランドはこれほど売れるのか。そこには、理由があるという。

「彼は芸能人にありがちな“名前だけ貸してあとはお任せ”というのを嫌い、開発段階から積極的に自分のこだわりをこと細かく伝えているんです。
なかには採算度外視の意見もあるようで、事務所や速水さんに入るギャラはそこまで多額にはならないそうです(笑)。でもそんな彼の熱意が、主婦に受けているのかもしれませんね」
(番組関係者)
(女性自身より引用)

もちろん、俳優としても活躍しており、現在放送中の連続ドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』(日本テレビ系)で家庭教師役を熱演しています。

第1話は13.3%と好スタートをしたものの、最近は、10%を上下していますが、もこみちパワーで若手を引っ張って、数字を取ってほしいですね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

嵐・大野智、「近道より積み重ねが大事」最初はできなくても積み重ねるとできる。

「私は他の誰かよりうまく踊ろうとはしない。ただ自分自身よりうまく踊ろうとしているだけだ」

11/6(木)放送の「ARASHI DISCOVERY」(Fm yokohama)で嵐・大野智くんの恒例、「今日の一言」ですが、これは世界的に有名なバレリーナであるミハイル・バリシニコフさんの言葉だそうです。

リスナーさんの「この言葉は大野さんも同じようなことを言っているような気がして選んでみました。大野さんはいつからそんな風に思えるようになったのですか?」というお便りからのお話です。

大野智2015フォトスタンドカレンダー

大野智2015フォトスタンドカレンダー

(関連商品)

大野くんは若いうちは自分と人を比べていたそうで、10代の頃は勝手に相手と自分を比べて「いいなぁ」と思っていたことがあるそうです。

自分と相手を比べなくなったのは嵐としてデビューした頃に「昨日の自分と比べなさい。昨日より何でもいいから一歩成長している自分になっていなさい」と書いてある本を頂いて読んだところ、「カッコいいなぁ」と思ったそうで、この本で自分が変わったのではないかと話していました。

ジュニア時代の大野くんは「あの人のダンスがカッコいいなぁ」と思い、マネをして近づこうとしていたそ

歌番組でパーフェクトに踊れたと思ったのに、録画したものを見返すと自分のイメージと全然違うダンスになっていて腹が立っていたこともあったとか。

そこで大野くんはダンスが上手な人のビデオを自宅で擦り切れるほど何度も見て、そのダンスを自分に置き換えて想像の世界でやっていたところ、だんだん近づいてきて 「あっ、できた!」という時は嬉しかったそうです。

最初はできなくても積み重ねるとできるようになると大野くん。「何でも近道はダメですよ。」と話していました。
(参考記事:Yomerumo Jウォッチ)

ミハイル・バリシニコフの「ドン・キホーテ」 [DVD]

ミハイル・バリシニコフの「ドン・キホーテ」 [DVD]

(関連商品)

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

作家の百田尚樹氏も騙された?たかじん妻に”重婚疑惑” イタリア人の夫を捨てて、金目当ての結婚か。

やはり出てきた、やしきたかじんさんの妻、さくらさんの素性。

驚いたことに、イタリア人男性の夫がいながら、たかじんさんと不倫。
たかじんさんが亡くなる3カ月前に入籍していたというのです。

ということは、重婚?ということなんでしょうか。
これでは、”殉愛“どころか、”金目当て”と言われても仕方がありませんね。

やしきたかじん/ETERNAL〜やしきたかじん全曲集〜(DVD付)

やしきたかじん/ETERNAL〜やしきたかじん全曲集〜(DVD付)

(関連商品)

(以下引用)
作家の百田尚樹氏が、今年1月に亡くなったやしきたかじんさんの知られざる素顔を綴った著書『殉愛』(幻冬舎)。妻さくらさんとの出会いがFacebookで、交際開始から死ぬまで一度もセックスできなかった話など、衝撃的な話が随所に散りばめられている。

7日にはTBS系『中居正広の金スマスペシャル』で特集され、さくらさんも顔出し出演。しかし、これが後に波紋を広げることになった。

顔出し出演したことで、ネット上の巨大掲示板「2ちゃんねる」の“リサーチ部隊”が、さくらさんの過去を徹底調査。過去に運営していたブログが発掘され、たかじんさんと交際中に、イタリア人男性と結婚していた疑惑が浮上している。

現在は削除されているが、さくらさんはかつて「都会っ子イタリアに嫁ぐ」というタイトルでブログを開設。2010年9月に、年下のイタリア人男性と結婚したとある。その後、11年12月にさくらさんはイタリアから日本に一時帰国し、同年クリスマスにたかじんさんからパーティーに誘われ、交際に発展。以後、イタリアには戻らず、たかじんさんと行動を共に……。

また、このブログの関連リンクからイタリア人夫のTwitterアカウントも発覚。夫は12年1月22日に「長い間、妻と話してない」とツイートしている。たかじんさんが亡くなった直後の今年1月9日にも、夫は「守銭奴とは 金のためだけに動く人間 要するにビッチのこと……」と意味深なツイートを残している。
(日刊ザイゾーより引用)

〔重版予約〕殉愛/百田尚樹

〔重版予約〕殉愛/百田尚樹

(関連商品)

もちろん真偽は100%定かではありませんが、削除ブログのキャッシュや顔写真を見る限りは、さくらさんと同一人物である可能性は高そう。

ということは、イタリア人の夫と結婚している最中にたかじんさんと交際をスタートし、その後イタリア人夫を捨て、たかじんさんが亡くなる3カ月前に入籍していたということなのでしょうか。

『殉愛』では、そのことについてひと言も触れられていませんが、万が一、これが事実ならこれまでの印象も変わってきますよね。“金目当て”と言われても仕方がないのでは?

果たして、百田氏はそのことを知っていたのでしょうか?そしてさくらさんは、この疑惑にどう答えるのでしょうか。

(関連記事)
やしきたかじん遺言本「殉愛」(百田尚樹著)、異例の大風呂敷「初版25万部」の勝算は?

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。