アイドル 芸能 見張り隊

嵐ヲタはジャニヲタのなかで特権階級? 人気者ゆえ、嵐ヲタの贅沢な悩みとは…。

11月3日にデビュー15周年を迎えたアイドルグループ・嵐。
今年9月20日・21日には、15年前にデビュー会見を行った思い出の地・ハワイで記念コンサートが行われ、日本からは1万3000人ほどのファンが駆け付けたそうですね。

ハワイ公演は、ファンクラブを通じた公式ツアーが組まれ、チケット代を含んだ参加費用は20万円後半〜50万円台とかなりの高額。
それでもハワイでは日本人があふれていたというのですから、嵐ファンの行動力・経済力には脱帽してしまいます。

嵐ファンあるある/火月にのみ/夢見月桃子/田巻玲未

嵐ファンあるある/火月にのみ/夢見月桃子/田巻玲未

(関連商品)
 
(以下引用)
幅広い年代に支持されているとはいえ、嵐ファンは簡単に50万円も払えるだけの経済的な余裕、簡単に3〜4日間日本を離れられるほどの時間的な余裕があるのかという疑問が残る。

それを晴らしてくれるのが、『嵐ファンあるある』(火月にのみ、夢見月桃子・著)。そこには、「コンサートの日程が発表された瞬間から、日程調整と資金繰りは始まる」という“回答”が書かれている。同行予定のファン仲間とともに、会社は休めるか、家を開けられるのかを相談。ときにはもやしと素麺で食費を浮かせ、資金を調達することもあるのだ。

「コンサートに落選すると、ファンクラブ会費が恨めしくなる」というのもあるある。現在、嵐のファンクラブ名義は100万口を超えているともウワサされている。
同名義での複数加入は禁止されているため、親や兄弟、配偶者の名義を借りて、5〜10口の名義を持っている人も多い。

初年度で5,000円、2年目以降でも4,000円の会費がかかるため、複数名義を持っていると出費は増える一方。そこまでしても、チケットがまったく取れないというのはザラ。そうすると、「なんのためのファンクラブだ!」と怒りたくなるのも自然なことだろう。

とはいえ、ジャニーズファンの中でも嵐ファンが恵まれていることは、チケット料金が後払いになったこと。以前は申し込みとともに入金する先払い制だったので、当たるのかわからないまま数十万円を振り込み、返金の際に手数料を取られるだけの人も多かった。嵐人気によってこの制度が問題視されたため、前払い制になったことだけが、ファンにとって救いだっただろう。
(LITERAより引用)

嵐ファンの苦労は、なにもコンサートのときだけではない。グッズが増えすぎて、保管場所の確保に頭を悩ますファンも多いようです。

人気にあやかって、多くの企業が嵐をCMや雑誌の表紙に登用するため、モノは増える一方。CM発表会を開けば、翌日のワイドショーでその様子が放送されるため、録画機の容量との戦いは毎日。
CM商品のキャンペーンが始まれば、一つの商品を大量買いしなければならず、ビールや健康飲料、カレールーなどが家中にあふれまくり……、なんだとか。

現在、嵐ファンの中でもっぱら話題になっているのが、嵐ファンのネーミングだそうで。

これまで「アラシック」という呼び名が定着していましたが、桜井くんが「いや、みんな“アラシック、アラシック”いうけど、僕らは1回も言ったことないから」と否定的ともとれる発言をしています。

自身が作詞を手掛けた、新アルバム『THE DIGITALIAN』に収められた「Take Off!!!!!」の「My fellow,ARASHIANS(私の仲間のARASHIANS)」という歌詞に注目が集まり、アラシックかアラシアンズか、ファンの中で紛糾しているようです。

いまだ決着はついていませんが、金欠なのに15周年をハワイで祝おうと言われようが、部屋中がグッズであふれようが、毎日を素麺で過ごそうが、嵐にかける愛は薄れないどころかその状況を楽しむファンたち。

アラシアンズ問題も、きっと数年経てばファンの中の笑いの種になっていそうですね。

◆関連記事◆
嵐のニューアルバム『ザ・デジタリアン』タイトルは櫻井提案!
嵐、単独出演のCMギャラは横並びの5,000万円のワケ?ギャラをめぐるジャニーさんの深〜い愛情に感動。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


西川貴教の凄すぎる金銭感覚! 両親に家を買うための予算に「10億はイケる」

羽振りの良いエピソードがたびたび、話題に上るT.M.Revolutionの西川貴教さん。

あるテレビ番組で、両親のために家を探す企画が放送されていましたが、またしても桁外れな金銭感覚が明らかになったのです。

T.M.REVOLUTION/Phantom Pain (ESCL-4274)

T.M.REVOLUTION/Phantom Pain (ESCL-4274)

(関連商品)

(以下引用)
21日の『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)では、T.M.Revolutionの西川貴教が両親に家を買うという企画が放送された。前回、8月1日に放送された同企画では西川の出身地である滋賀で物件を探していたが、今回は京都でロケを展開した。

まず物件を見に行く前に、ロケに同行したケンドーコバヤシが、現在の自宅の広さを西川に尋ねた。

彼は「ホンマ普通やで」と言いながら、「270平米」と正直に答える。たとえば「400人くらいのキャパのライブハウスとかに行くと、うちのリビングの方が大きいかも」と思うこともあるそうだ。

次に家具屋へ立ち寄ったご一行。大きなソファが「本革ですべて張ると175万円くらい」と説明されるも、西川は「ふ〜ん」と返事するのみ。さらに「今、うちで使ってるやつは1脚200万円」と明かし、「リーズナブルですよね」と店内を見て回った。

その後は、今回お目当ての物件へ。昭和11年に建築された地上2階・地下1階の大豪邸である。大広間は52帖、照明器具も140年前のものだといい、まるで舞踏会の会場だ。しかも、この建物は国が指定する登録有形文化財になっている。これには西川も「文化財!?」と驚いていた。

とにかく豪華なこの豪邸は、鉄板付きのダイニングキッチン、42帖の衣装部屋、14帖の家政婦部屋まである。また、宝塚の舞台のような大階段や、19世紀頃にフランスから取り寄せた大きな柱も印象的だ。

この物件、果たしていくらなのか。西川は10億から12億円くらいではと予想した。ケンコバが、いくらまでならお金を出せるのか問うと、「10億はイケる」と西川。これには、スタジオでVTRを見ていた内村光良らも驚きを隠せない。
(TechinsightJapanより引用)

チカラにかえて/T.M.H.R.(西川貴教、ミゲル、島谷ひとみ)[CD]【返品種別A】

チカラにかえて/T.M.H.R.(西川貴教、ミゲル、島谷ひとみ)[CD]【返品種別A】

(関連商品)

その価格は2億9000万円でしたが、10億円と見立てた西川さんにとっては、お得な買い物。

もっとも、このたびの物件探しは西川さんの両親のための家。しかし、段差や階段が多いこと、住むには広すぎるということで買わないという結論に至ったようです。

親孝行のためとはいえ10億円をポンと出せる西川さんの金銭感覚の凄さには驚きですが、いったい、いくらお金を貯めこんでいるんでしょう。下世話な話ですが、ちょっと、気になりますね。

◆関連記事◆
西川史子、子ども時代のシツケに仰天!バカは恥、勉強さえすれば、小遣いは上限なし
憧れの名車がズラリ!セレブ芸人様たちのモーターショー2013【付・著名人愛車リスト】
玄関は全面鏡張り、壁には自分の顔面がびっしり……浜崎あゆみが公開した豪邸がスゴすぎる

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

武田鉄矢インタビュー「高倉健さんと俺の黄色いハンカチ秘話」

これぞ、俳優の見本と多くの共演者から尊敬されてきた、故・高倉健さん。

1977年公開の映画『幸福の黄色いハンカチ』(山田洋次監督)で共演した武田鉄矢さん(65)が、当時のエピソードを数多く明かしています。

幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター DVD

幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター DVD

(関連商品)

(以下引用)
『幸福の黄色いハンカチ』の撮影はストーリー展開の通りに順撮りで進められましたから、劇中で出会う場面で本当に健さんと初めてお会いしたんですよ。恐ろしくて、膝がしらが震えました。あの高倉健ですからね。当時は40代半ばの男盛りでカッコいいのなんの。

健さんに向かって僕が「オジサン、(カメラの)シャッター押して」と言うセリフがあるんですが、その時は山田洋次監督に「なんで映画スターに対するような声のかけかたするんだ! 相手は普通のオジサンだ!」と怒鳴られました。

そんな感じで最初は硬かったんです。でも、健さんが気を遣ってくれましてね。

忘れられないのは、ある日の撮影終わりのことです。山田組って、ロケ先では全員そろって晩ご飯をとるんです。俳優は健さん、僕、桃井かおりの三人が並んで座っている。で、その日、僕が食べようとしたら健さんが突っついてくる。フと見たら、箸袋を小さく丸めて渡してくるんです。
「見つからないように広げろ」という仕草で。それを開くと「お腹いっぱいに食べるな。外に食べにいくぞ。桃井に渡せ」と書いてありました。

それで、三人で食べたフリだけして、部屋に戻って着替えて玄関に行くと、もう健さんが車のエンジンをいれていて、「乗れ」と。

健さんが闇の中を車で飛ばしていくと峠の丸太小屋があって、そこはステーキハウスでした。店も他のお客さんはすべて断わって、我々の三人だけ。「食いたいだけ食え」と健さんが言うものだから、肉食って、ワインをガバガバ飲んで。健さんから可愛がってもらっているのが嬉しくて、もう子供みたいなもんですよ。

そしたら健さん、「鉄矢はいいよな、監督に可愛がってもらって」と言うんです。「そんなことはないですよ。俺をいじめてるんです。俺を憎くて呼んだんだ」とか悪口を言っていたら、実は健さん、小さなテープレコーダーでそれを録音していましてね。翌朝会ったら、「これは昨日のテープだ」ってスイッチを入れるんです。その時はひたすら謝りました。

そのあたりから三人の仲が良くなって、画面の中の雰囲気も馴染んでいきましたね。僕が監督に怒鳴られてフリーズしちゃうと、ちっちゃい声で「落ち着け、落ち着け」って言ってくれたりしました。

ラストシーンの撮影も思い出深いです。黄色いハンカチがたなびいていて、健さんが歩き出すのを僕らが見送る。台本には「若者の目に涙」とあって、こちらも「よし、泣いてやる」と思っていました。

ところが、いくら待っても空が晴れない。山田監督もカメラを回さないんです。健さんが歩き出して、僕らがフレームに入る。向こう側に真っ青な空。その構図に妥協しないんです。数日待っているうちに、僕は油断して近くの家のストーブで温まっていました。でも健さんは「気持ちが切れるから」と現場を離れない。

で、やっと五日目に雲が飛び始めたんですが、今度は僕の涙が一滴もでてこない。中止の連続で気持ちが上がらなくなったんです。

そしたら、健さんが察してくれまして。クルっと振り返って「長い間、世話になったな。今度は東京でのセット撮影があるから、戻っても気持ちを切るなよ」「お前たちとのロケはこれで終わりだけど、楽しかったな」って言うんです。もう泣ける、泣ける。

初めての映画撮影でしたが、健さんには本当に助けられました。
(週刊ポストより引用)

『週刊ポスト』誌上の映画史・時代劇研究家の春日太一氏による連載「役者は言葉でできている」では現在、武田鉄矢氏のインタビューを掲載中ですが、ここでは、武田さんが明かした未掲載のエピソードを特別公開しました。

あなたへ DVD(2枚組) DVD

あなたへ DVD(2枚組) DVD

(関連商品)

◆関連記事◆
高倉健さんの死去を極左過激派・学生運動の美化につなげる『報道ステーション』にネット上から「酷すぎる」と批判殺到!
高倉健さん、追悼写真館。高倉プロからのFAX全文掲載。
高倉健、SMAPにダメ出し連発!生放送初出演で彼らの未熟さ、なれ合いを叱る。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

これって、やらせ?ロレックスにポルシェ…高額商品をタレントに買わせる「とんねるず番組」の裏側

『とんねるずみなさんのおかげでした』(フジテレビ系、毎週木曜9時〜)の大人気コーナー、『買うシリーズ』で、泣かされているタレントは数知れず。

「やらせじゃないの?」という声もありますが、関係者によると、高額商品の代金は実際にタレントが支払っているのだとか。
もっとも、ギャラには多少色が付いているが、何百万のものに対応できるギャラではないのだそうです。

とんねるずのみなさんのおかげでした 全落・水落オープンDVD-BOX 【DVD】

とんねるずのみなさんのおかげでした 全落・水落オープンDVD-BOX 【DVD】

(関連商品)

(以下引用)
10月26日放送では、2013年5月に結婚したハライチの澤部佑が妻に時計を購入した。

この番組はとんねるずが突然楽屋に乗り込んで、「○○を買いに行くから!」「行くよ!」と、無理やり連れだすパターンがお約束。番組行きつけの高額時計や高額アクセサリーを扱う店へと引きづり込む。

「俺これ知ってるもん。なんか、時計買うやつ……」と、高額なものを買わされることを知っている澤部は泣きっ面。結局、奥さんと澤部の2本で約380万円、なぜか相方も約240万円のお買い上げとなった。

購入したロレックスを常に身に着けている有吉に人気番組の内情を、フジテレビ関係者に聞いた。

「実はコレ、『どうせ自分でお金は払ってないんでしょ』って思ってる視聴者も多いと思うけど、ちゃんとタレントが払ってます。その分、ギャラに多少色がついている形です。

もちろん何百万のものに対応できるほどのギャラではありませんが。それでも、やっぱりこの番組に出るとインパクトがあるというのが出演する側の本音だと思う。小木さんの金の豚のネックレスなんて一度見たら忘れられないし、今後の芸人としての話のネタにもなる。芸の肥やしになるんです」

やらせでない証拠があると言う人も。

「実際、有吉弘行さんは番組内でも本気で嫌な顔をしていたし、裏でもちょっと怒っていたらしい。80万円で購入したロレックスのディープシーはどの番組でもつけている私物なので、本人が購入したということは間違いありませんな」(同前)

そんな人気コーナーを持つ番組だが、ある噂が広がっているのだとか。前出のフジテレビ関係者が明かす。

「視聴率低迷にも関わらず、製作費が2500万円でとんねるずのギャラが各300万円ともっぱらの噂。さすがに厳しいようで、2015年の3月には番組が終わるという話も出ています」
(DMM NEWSより引用)

てっきり、「後で買い戻している」と思っていただけに、”自腹”とは驚きました。

過去には、バナナマンの日村勇紀はポルシェ1,599万円、タカアンドトシのタカも高級外車557万円、おぎやはぎの小木博明は金の豚のネックレス、大泉洋は築地で本マグロ・天然クエ・寒ブリ・あんこうで160万円というキワモノ買いまでさせています。

コンプライアンスが叫ばれるこの時代、“出演のインパクト”を取るか“貯金を残す”か、(主演者に)そんな選択を迫る、勢いのある番組は減っていくのかもしれませんね。

◆関連記事◆
お笑い芸人、”高級外車”衝動買い列伝!日村勇紀が約1,600万円のポルシェ、矢作兼が580万円でロールス・ロイスの中古車を買った。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。