アイドル 芸能 見張り隊

殉愛なんて嘘っぱち!さくら夫人、遺産目当ての「看取り婚」だった。たかじん、前妻に”看取り”を頼んだが断られていたていた。

2014年1月3日に死去したやしきたかじん氏の闘病生活を描き、大論争を巻き起こしている百田尚樹氏著のノンフィクション『殉愛』。ここにきて週刊朝日が、作品には書かれなかった新証言を入手しています。

それによると、さくら夫人の”殉愛”どころか、遺産目当ての「看取り婚」だったというのです。

やしきたかじん 決定盤 2枚組/本人歌唱 [CD] 2CD-429

やしきたかじん 決定盤 2枚組/本人歌唱 [CD] 2CD-429

(関連商品)

(以下引用)
『殉愛』では1993年に結婚し02年に離婚した前妻について、たかじん氏がさくら氏にこう説明するくだりがある。

<「去年、ヨリを戻したいと言うてきた」>
<復縁なんてありえへん。はっきりその気はないと言うた>


だが、百田氏は前妻を一度も取材しておらず、「事実と異なる」と訴えるのは親族の一人だ。

「話は逆で、たかじんさんのほうから前妻に『やり直してほしい』と何度も言ってきていた。食道がんとわかってからより熱心になりましたが、その頃、前妻はすでに再婚。
それでも『僕が死ぬまでだけでも一緒にいてくれ。今の夫と籍抜いてくれ。財産はお前に全部やりたい』と。私もたかじんさんに『あいつしか看取ってくれる人はおらん。なんとかしてくれ』と説得を頼まれた。13年8月頃までそういう連絡があったが、前妻には新しい家庭もあり、断ったんです」

13年8月といえば、たかじん氏のがんの再発後で、同10月にさくら氏と結婚。約3カ月後に死去した。

たかじん氏の遺言書には遺産のうち6億円を遺贈すると記され、前号では2億円の遺贈先「OSAKAあかるクラブ」に対し、さくら氏が14年10月、遺贈放棄を迫った際、百田氏が同席したことを報じた。1億円の遺贈先だった母校の桃山学院高校でも、こんなできごとがあったという。

「さくら氏は桃山学院の校長と会い、たかじん氏が生前、書いたとされる“メモ”を見せたそうです」(桃山学院関係者)
メモはたかじん氏の長年の友人、桃山学院高校の温井史朗校長に宛てられたもので、こう記されていた。

<桃山に寄付受口になってもらい(略)、さくらの生活にかかってきそうなら、戻してやってほしい>(13年12月23日付)

温井校長を直撃した。「たかじん氏の死後、さくら氏からメモを見せられたことは事実ですが、それ以上はお話しできません」
(週刊朝日より引用)

惚れた弱み  / やしきたかじん

惚れた弱み / やしきたかじん

(関連商品)

いまのところ、たかじん氏の寄付は実行されていないようです。
泥沼化する両者のバトル。天国のたかじんさんは何を思うのでしょうか。

さくら氏は巨額のカネを得たのだから「無償の愛」ではないのではないかという批判もあります。

これについて百田氏は、「そもそも『殉愛』の中で『無償の愛』とは一行も書いていない。僕はそんな青臭い言葉は使わない。世間が勝手にイメージをつけて、勝手に怒っているんです」

たかじん氏の娘、Hさんが幻冬舎を訴えた裁判は15年1月に開かれます。
真相はどこまで明らかになるのでしょうか。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


“未婚の母”安藤美姫、娘の写真が流出?父親疑惑の男性に「激似」と騒然!

昨年4月に女児を出産し、“未婚の母”となった安藤美姫さん。いまだに、父親の名前を明かしていませんが、先日、ネット上に安藤さんの長女とみられる子どもの写真が流出しています。

スイスのホテルが公開した写真によると、スポンサー関係のM氏にそっくりと話題を呼んでいます。

My Way 安藤美姫写真集/安藤美姫/能登直

My Way 安藤美姫写真集/安藤美姫

(関連商品)

(以下引用)
2013年12月に「今後は指導者を目指したい」として、現役引退を表明した安藤。今年4月に引退式が行われた後はタレント業にも精を出し、6月放送の織田裕二主演SPドラマ『奇跡の教室〜その時、仏が舞い降りた!』(日本テレビ系)でドラマ初出演を果たした。

バラエティー番組への出演も多いが、先日は『第2回 歌唱力日本一決定戦「歌唱王」』(同、12月8日放送)で、コメント中の“自分語り”が多い安藤に、MCのウッチャンナンチャン・内村光良が「全部自分、自分に置き換えるね」とツッコミを入れたことが注目を集めた。
(サイゾーウーマンより引用)

11月末には、スペインのフィギュアスケート選手、ハビエル・フェルナンデスとの交際宣言をしましたが、自分から子どもの話をする一方、長女の父親の名前などはいまだ公にしていません。

当初、元フィギュアスケーターの南里康晴か、安藤の元コーチだったニコライ・モロゾフの名前が上がったのですが、それぞれ自分の子どもではないと否定していましたね。

その後は、スポンサー関係にある男性の名前も浮上しているものの、真実は親しい関係者のみぞ知る状況。そんな中で、安藤さん自身も“顔出しNG”にしていた長女に関し、ネット上が騒ぎになっています。

(以下引用)
「発端は、12月20日にスイスにあるホテルのFacebookが、1枚の集合写真を公開したことからネット上に広まったようです。安藤が女の子を抱きかかえているのですが、これが1歳8カ月になるひまわりちゃんではないかと、ネット上で指摘されています。

もちろん他人の子どもを抱えている可能性は否定できませんが、安藤がインスタグラムに『My little baby』といったコメント付きでアップした後ろ姿の女の子が履いていたブーツと『同じでは?』との見解が浮上しているんです。

『女性自身』(光文社、12月30日号)に掲載された、安藤の母と歩いているひまわりちゃんの写真でも、同様のブーツを履いていることが確認できます。また、父親ではないかと疑惑が持たれているスポンサー男性に『顔が似てる』という声も上がっています」(同)

もし写真の女児が安藤の子どもだとしても、流出元に意図はなかったものとみられる。安藤は今回の一件にどんな反応を見せるのだろうか――?
(サイゾーウーマンより引用)

安藤美紀 子どもとの写真.jpg

安藤さんの子の父親に関しては諸説ありましたが、現在はスポンサー関係であるM氏といわれています。

そのM氏ですが、安藤さんが妊娠した時点で妻帯者だったため、離婚するのを待って入籍する予定だったものの、結局は破談に。そして安藤さんは、当時同棲中だった南里さんとの結婚を選んだはずでした。

ところがその舌の根も乾かぬうちにハビエル氏と交際宣言とあって、南里さんの父親が激怒するのも当然のことですね。

次々と浮名を流す、安藤さん。それにしても、芸能界を華麗に滑るテクニックはいまもって衰えていませんね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

May J.『NHK紅白』で「その他大勢扱い」の冷遇!炎上歌姫に「さすがにかわいそう」の声。

NHK紅白歌合戦で、May J.さんの扱いが「ひどい」と話題になっています。

「アナと雪の女王」コーナーの演出内容が報じられましたが、May J.さんの「その他大勢扱い」という冷遇ぶりに、かわいそうという声が上がっているようです。

22日付の「日刊スポーツ」によると、まずは紅組出場者である神田沙也加が、ニューヨークからの中継で劇中歌「生まれてはじめて」を歌唱。続けて、声優としてエルサを演じた米歌手イディナ・メンゼルが、同地より「レット・イット・ゴー」を英語で披露する。
そして中継は日本・NHKホールに戻り、ニューヨークの2人とともに出場者全員で、日本語詞バージョンの「レット・イット・ゴー」を合唱するのだという。

どうしてこういう扱いになったのか不明ですが、NHKに苦情が殺到する事態にならなければ、いいのですが…。

【CD】アナと雪の女王 ザ・ソングス 日本語版/ディズニー デイズニー

【CD】アナと雪の女王 ザ・ソングス 日本語版/ディズニー デイズニー

(関連商品)

(以下引用)
「本当にこの内容でオンエアされるとなると、沙也加と同じく紅組出場者であるはずのMay J.が、完全に“その他大勢”扱いをされてしまうことに。彼女の『紅白』初出場は、『レット・イット・ゴー』の歌唱アーティストという一点で決定しているとみられるだけに、『最初で最後の紅白でこの扱いって……』『沙也加との差がヒドい』『企画枠の妖怪ウォッチと同じ扱いか』などと、同情的な意見であふれ返っています」(芸能ライター)

3月に発売したカバーアルバム『Heartful Song Covers』に、「レット・イット・ゴー」のエンディングバージョンが収録されており、オリコン週間ランキングで2週連続2位を記録。しかし、劇中で披露された松バージョンの話題ばかりが先行したため、May J.は「しょせんカバー」といった批判的な視線が向けられていた。

「カバーの印象が強いのは、May J.が出演する『関ジャニの仕分け∞』(テレビ朝日系)のカラオケコーナーの影響もあるのでしょう。May J.は、ツアーグッズとしてアナ雪のTシャツを販売したり、6月の時点で『(紅白の)スケジュールは今から空けています』と発言したことから、ネット上では『紅白へのアピールが必死すぎる』『アナ雪に便乗しすぎ』といったバッシングが巻き起こりました」(同)

しかしこうした「May J.不要論」は、出場歌手発表の直後、松が妊娠を公表した辺りから沈静化していくことに。

「妊娠7カ月とあっては『紅白』出場もほぼ不可能とあって、それならばMay J.が『レット・イット・ゴー』を歌唱するのは順当と、世論が変わってきたように思います。それなのに、この土壇場での“その他大勢”扱いは、確かに『かわいそう』かもしれません」(同)

一時期はMay J.に対して、ネットでも報道でもバッシングが大半を占めていたものだが「NHKとしては、今年最大の流行曲である『レット・イット・ゴー』を取り入れることは必須条件。さらに国内でアナ雪楽曲の版権を持つエイベックスは、例年『紅白』には注力している。
両社の思惑は一致していたものの、最終的にMay J.をその他大勢扱いしたことは、局側からすれば失敗だったのかもしれませんね」(レコード会社関係者)という。
(日刊スポーツより引用)


MAY J. / Heartful Song Covers《CD+DVD》<2014/3/26>

MAY J. / Heartful Song Covers《CD+DVD》<2014/3/26>

(関連商品)

バッシングから一転、期待されつつあったMay J.の『レット・イット・ゴー』ですが、なんとも歯がゆい内容となってしまうようですね。

こうなったらMay J.さんには、これまでの汚名もすべて返上するような、歴史に残る歌唱を期待したいものです。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

百田尚樹、発言を撤回「死ぬまで作家やってやろう」「殉愛」騒動も本に?

故・たかじんさんを看取ったさくら夫人を「殉愛」とメチャ褒めしたばかりに、非難を浴びてしまった作家の百田尚樹さん(58)。
19日、自身のツイッターで引退を臭わせた発言を撤回しています。

↓おかげで、ベストセラー?
殉愛/百田尚樹

殉愛/百田尚樹

(関連商品)

17日にいったん、「別に作家なんていつ辞めたっていい。世間に媚びへつらって生き残ろうとは思わん」などとツイートしていましたが、この発言がネットで拡散したことを受け
「嬉しそうに記事にしてからに。気分悪いから、死ぬまで作家やってやろう」と、今度は「続投宣言」を投稿しています。
(J-CASTニュースより)

しかし20日には「自分の本が売れなくなったら、即座に作家をやめる。具体的には三冊連続して重版されない本を出したとき」と再び進退について微妙な発言をしています。

疑惑に揺れる「殉愛」については「この騒動が落ち着いたら、一年後か二年後にすべて本にする。直接の関係者たちがどう動いたか、全部書く」としていますが、これを機に、NHKの経営委員だけは辞退してほしいものです。

以下、ネットからのピックアップです。

騙されたどころか、(後妻業者に騙されて、結果的に)騙す側に回っている気がする。

後妻業一味に成り果てるまでの過程を書けばいいよ

「殉愛」をすでに「ノンフィクション」と謳ってるのに今度こそ「全部書く」って。。。
作家としての敗北宣言でしょ

予想通りヤメルヤメル詐欺か もう誰もまともに相手しないな

喋りすぎ 自信がないんだろ

「すべて本にする」って
さくら以外、誰が百田なんかに取材協力するんだよ。
自分のしでかしたこと、自覚しろ

てめえの器に対して100倍以上のプライド抱えてると色々と大変なんだねw

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

迷走?フジの新番組「ヨルタモリ」にガッカリする理由?「トーク番組なのかコントなのか中途半端」といった辛辣な意見も。

「笑っていいとも」終了後、タモリさん初のレギュラー番組として鳴り物入りで始まった「ヨルタモリ」(フジテレビ系、10月19日開始)。

ネット上では賛否両論、視聴率は前番組の「新堂本兄弟」の最終回を下回る微妙な感じ。国民的なスターであるタモリさんの番組なのに、何でこんな感じになっちゃったのな〜というのが正直な感想です。

「『今夜は最高』を思い出した」「フラメンコとハエのコントが面白くて大笑いしてしまった」「タモリさんが楽しそうでこっちまで楽しくなる」というコアファンからの好意的な意見が相次ぐ中、

「トーク部分の変なキャラ設定は不要」「なんか思っていた感じと違う」「昭和の番組はこんな感じなのか」
「トーク番組なのかコントなのか中途半端」といった辛辣な意見も。

これからどんどん改善されていくのでしょうが、以下、作家・コンサルタントである佐藤智恵氏による、ここはガッカリ?なポイントを紹介していきます。

↓“タモリ式”人生の極意を紹介
タモリさんの成功術/内藤誼人

タモリさんの成功術/内藤誼人

(関連商品)

(以下引用)
ガッカリ@?タモリの番組ではない

「ヨルタモリ」は、宮沢りえさんがママを務めるバーを舞台に、タモリさんが客としてふらりと訪れ、ゲストとトークを繰り広げる番組だという触れ込みでした。番宣も番組のポスターも、「タモリさんのトークショー」と打ち出していたように思います。

ところが、「ヨルタモリ」は、タモリさんのトークショーではなく、「徹子の部屋」ならぬ「りえのバー」。宮沢りえさんを中心とするトークショーだったのです。

番組をご覧になった方なら、番組開始後「あれ、いつになったらタモリさんが出て来るんだろう?」と思ったはず。前半4分過ぎまで、ずっとタモリさんが出て来ない。出て来たと思ったら、弟と一緒に来店した「大阪から来た社長」という設定になっていました。

えっ、タモリさん、脇役??看板に偽りありでは??そうガッカリして、チャンネルを変えてしまった人もいるはず。

「ヨルタモリ」の全体構成をまとめてみると、こんな感じになっています(分数は概算、CM除く)。

1. オープニング
2. りえのバーでトーク(13分)※途中でタモリさん登場
3. タモリ芸@(3分)
4. りえのバーでトーク(4分)
5. タモリ芸A(1分)
6. りえのバーでトーク(3分)
7. エンディング〜予告

「りえのバー」のゲストは、作曲家の大友良英さんとコラムニストの能町みね子さん。特にテーマもなく、りえさんと、大阪の社長(タモリさん)と、ゲストの間で奇妙な雑談がひたすら続きます。

「タモリ芸」は、バーのテレビで放送されている「ミニ番組」として披露されます。1回目は、タモリさんがフラメンコ歌手に扮し熱唱。2回目は、ハエの着ぐるみを着て得意の「ハエ芸」を披露。

さて、この構成だと、どのパートにどんな視聴者がつくか。

「りえのバー」のファンとなるのは、「宮沢りえさんのような美しいママがいるバーで飲みたい」男性。そして「タモリ芸コーナー」には、タモリさんらしい不条理芸にはまるコアファン。かつての「イグアナ芸」を彷彿とさせる懐かしい「ハエ芸」にはまった視聴者からの濃い反応も見受けられました。確かにこういう芸は、「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)では見られません。

ところが、「りえのバー」と「タモリ芸」という構成に置いてきぼりになってしまった視聴者がいます。それは、「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングの夜版を期待して見た多くの視聴者です。

この層が「タモリさんのトークショーじゃない」と途中で見るのをやめてしまったために、視聴率が「微妙」になってしまったのではないかと思います。

ガッカリA?トークショーとして成立していない

ネット上でも多く書かれていますが、この番組を不安定なものにしているのは、番組の軸となるトーク部分を「フィクション」の空間にしているから。

トークというリアルなものをフィクションで成り立たせようと思ったところにちょっと無理が……。オープニングタイトルに、「Fake? Real?」と書いてあったので、そこをウリにしたいと思ったのかもしれないのですが、トーク部分をフェイクにした瞬間、寸劇となり、トークショーは成立しません。

タモリさんは大阪の社長、宮沢りえさんはバーのママ。ゲスト2人はご近所さん。でも、みんな何だか居心地悪そうなのです。どんな役を演じたらいいのか、何を話したらいいのかもわからず、学芸会をやっている感じ。

タモリさんだけが独特の世界観を醸し出す中、奇妙なトークがダラダラと続き、エンディング。あれ、ゲストのふたり、何、話したっけ??放送終了後、そう思った視聴者もいるのではないでしょうか。トークショーなのに、話の中身がまったく頭に入ってこない。出演者に気を遣うスタッフの笑い声だけが印象に残った寸劇ショーでした。

視聴者の方がネットでコメントしていたように、フィクションのコントショーとして見ても、この部分は中途半端。どうせなら、ちゃんとした台本を作って、トーク部分もタモリさんのコアファンを満足させるように振り切ってほしかった。
筆者などは、途中から完全に上の空状態。タモリさんが、日本エレキテル連合の“小平市の細貝さん”に見えてきて、「タモリさんが“細貝さん2号”になって、“細貝さん”と“未亡人朱美ちゃん3号”と共演したら面白いだろうな」と妄想しながら、見ておりました。

パイロット番組だから仕方ない?

冒頭で、日本のバラエティ番組の初回はどれも「試作品」だと書きましたが、実は、初回だけではなく、視聴率がとれるフォーマットが決まるまでは、ずっと試作品状態が続きます。

アメリカのテレビ局だと1本、試作品(パイロット版)を作って、ターゲット視聴者に見せて意見をもらって、改善してから放送というプロセスをとりますが、日本のテレビ局でパイロット版を制作することはまれ。試作品を試作品のまま、本放送で放送し続けるのです。その中で、改善を繰り返し、視聴率が上がるヒット企画を見つけて、フォーマット化していきます。

たとえば、「もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!」(テレビ朝日系)は、うまく試作品から脱却した番組。深夜番組の時代は、タカアンドトシの2人が、ハバネロ鍋を食べたり、1週間野菜だけで生活したり、体を張って実験する企画を数多く試していました。
その中で、「帰れま10(かえれまてん)」というヒット企画にたどり着きます。「帰れま10」は、居酒屋チェーンなどの人気メニュー上位10品を注文しながら当てていく企画ですが、これが深夜であたり、2010年にゴールデンに昇格したときには、「お試しかっ」=「帰れま10」になっていました。

さて、現在も金脈にたどり着けず、迷走中なのが「バイキング」(フジテレビ系)。月曜日から金曜日までMCから企画から、何から何まで数多く試そうとしている心意気は伝わってきます。しかし、放送開始して6カ月以上も経つのに、いまだ「試作品」。莫大な予算をかけて試作品を作り続けられるというのは、制作者としてはぜいたくなことですが、スポンサーや視聴者は困惑しているのではないでしょうか。「ヨルタモリ」は早く、試作品から本作品に昇格してほしいと思います。

シンプルに徹しないのはなぜ

アメリカの3大ネットワークの深夜番組は、どれも「トークショー」で、皆、フォーマットはほとんど同じ。代表的なのは20年以上続く長寿番組「レイトショー・ウィズ・デイビッド・レターマン」(CBS)。トークコーナーでは、オバマ大統領から映画スターまでがゲストで出演し、音楽コーナーではコールドプレイなど人気アーティストがライブで歌いますが、とてもオーソドックスな作りです。デイビッド・レターマンはコメディアンなので、ところどころ、世相風刺コーナーやコントビデオも流れますが、メインはゲストとの1対1のトーク部分です。

視聴率を取るためだったら何でもやるアメリカのテレビ局が、こういうフォーマットに落ち着いているということは、結局、変に凝らないで、出演者の魅力を最大限に引き出すリアルフォーマットのほうが、視聴率は取れるということかもしれません。
(東洋経済ON LINEより引用)

「ヨルタモリ」の来週のゲストは井上陽水さんだそうですが、あの奇妙なフィクション空間で話を聞くのは本当にもったいない。

「笑っていいとも!」のファンを取り戻すか、全編フィクションにしてコアファン向けにするか。「ヨルタモリ」が戦略的な方針を固めて、試作品から卒業する日を一視聴者として楽しみにしています。永遠の試作品で終わりませんように……。

↓タモリの実像
タモリ伝 森田一義も知らない「何者にもなりたくなかった男」タモリの実像

タモリ伝 森田一義も知らない「何者にもなりたくなかった男」

(関連商品)

以下、タモリファンのコメントのいくつかを紹介します。

ヨルタモリは、タモリのタモリによるタモリのための番組だから、そうやって愉しめばいいのよ。でも、一つひとつ、秀逸だと思うな。

深夜番組に大衆的な要素はナンセンス 日曜日の23時という時間帯になにを期待するのか? 昼の顔で長年縛られてきた芸を 隠居して自由に肩の力を抜いた番組で十分です。 私は大好きですこの番組 「危険ヘリウム」最高じゃないですか  そもそも深夜番組という物は迷走するもんでしょ? 

リップとのRAPコラボは秀逸でした。タモさんがやりたかったことってコレなんだ!と伝わってきました。
「喜劇役者たち九八とゲイブル」を思い出す番組。まだ始まったばかりの番組を迷走って、、NHKで7年間何を教わってきたの?

ヨルタモリが本当に面白い。また今日も声をあげて笑ってしまった。

俺たち世代は、ギリギリタモリのオールナイトニッポンを聴いた。中洲産業大学教授も知っている、コンドルやイグアナ、四カ国語麻雀もよく覚えている。そう、あの頃の「らしい」タモリが観られる。録画を消すのが惜しくて何度も見返す。

笑っていいともの後半のタモリは、その役割をきっちり演じる素晴らしい役者としてのタモリで、俺が観たいタモリではなかったはずだ。

この記事の筆者はヨルタモリのタモリに批判的。プロフィールをみたら年齢は俺とそう変わらない。が、中学生くらいの時にタモリ見ている場合ではなかったらしい。

かなりマニアックな内容なので、長続きするか心配。。でも、タモリ倶楽部を毎週欠かさず観てる自分には、超ツボなので、ゼヒとも、長寿番組になってほしいっす。

この番組やってる日曜日の時間は、十中八九「家飲みタイム」だ。映画を見る時間でもなく、情報番組で頭を使う時間でもない。飲みながら、iPadで調べものしながら、ヨルタモリを視る。となりで飲んでる人の会話がちょっと気になる・・・という程度で十分だし、これこぞがタモリの番組だと思う。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

マドンナのInstagramに、ハリセンボン春菜が登場!!

つい先日、発売前のアルバムに収録される楽曲のデモがすべて流出してしまったマドンナ。

女性自身によると、この騒動で、はからずも注目度が上がった新譜のタイトルが「Rebel Heart(反逆の心)」に決定し、顔にコードを巻きつけたマドンナのモノクロ写真がジャケットビジュアルとして公開されています。

マドンナ/Forever YOUNG トゥルー・ブルー(CD)

マドンナ/Forever YOUNG トゥルー・ブルー(CD)

(関連商品)

マドンナはInstagramでファンに向けて、同じように顔にコードを巻いた写真を投稿するように呼びかけた。
瞬く間に世界各国から老若男女、果ては犬までもが同様の写真をシェア。マドンナはこの写真をつないで動画に加工し、自身のアカウントにアップロード。

その”トリ”を飾ったのはなんとハリセンボンの近藤春菜だったのです。

「まるでチャーシュー」と一時期話題になったその写真は、テレビ番組をキャプチャしたもので、数年前に出回った画像だ。
マドンナと同じようにモノクロ化、ご丁寧にアルバムのロゴもあしらわれて、ちょっとしたアートになっている。

ファンのおしゃれな力作を束ねた動画のラストに現れる春菜のインパクトは絶大です。

マドンナにアルバムのインスピレーションを与えたのは、もしかしたらこの女芸人の体を張ったパフォーマンスだったのかもしれませんね。

◆マドンナ Instagram画像
http://instagram.com/madonna
http://instagram.com/p/w40wTWmEfv/

マドンナ/セレブレイション-マドンナ・オールタイム・ベスト(初回限定) 【CD】

マドンナ/セレブレイション-マドンナ・オールタイム・ベスト(初回限定) 【CD】

(関連商品)

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

井上真央、松本潤と年内婚約!仲人は小栗旬夫妻。NHK紅白でサプライズ発表も。

来年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』主演の井上真央さん(27)とジャニーズ事務所の『嵐』松本潤さん(31)の年内婚約発表が大注目されています。

2人の交際に反対していたジャニーズ事務所が渋々認めたようです。その裏では年内に婚約を発表し、挙式は井上の大河ドラマの収録が終わる来年9月以降だといわれています。それにしても交際9年、長かったですね。

花燃ゆ NHK大河ドラマ歴史ハンドブック

花燃ゆ NHK大河ドラマ歴史ハンドブック

(関連商品)

(以下引用)
松本と井上は、'05年に放送されたドラマ『花より男子』(TBS)で共演。交際がスタートした。
 
「デート現場が度々目撃されたが、ジャニーズ事務所が猛反対したために女性誌の大半は圧力で報じなかったんです。その後、井上との交際話は立ち消えになった」(夕刊紙記者)

松本はドラマ『ごくせん』(日本テレビ)主演の仲間由紀恵との熱愛説も流れた。
 
「仲間が自宅で食事をご馳走しただけで男女の関係ではなかったんです。仲間の他には柴咲コウや仲里依紗とも噂になりましたが、本命はずっと井上だったのです」(女性誌記者)

'13年1月には、俳優の小栗旬と山田優の“ハワイ挙式”に、松本と井上の2人が揃って出席したという情報も飛び交った。
 
「しかも、小栗夫妻の自宅に招待されたアパレルメーカーの副社長が自身のブログで“井上真央ちゃんや松潤君まで紹介して頂き”と書いてしまった。即刻、そのブログは削除されました。2人の熱愛現場の一部始終を撮った週刊誌もあったようですが、『嵐』のグラビアに差し替えられたんです」(出版関係者)

それほどジャニーズサイドはナーバスになっていたのだ。しかし、禁断の愛は深まる一方。
 
「今年の紅白歌合戦も『嵐』が司会を務めます。実は去年の紅白の前日、2人は都内の焼き肉店で小栗夫婦と食事している。その際、結婚するときは小栗と山田が仲人になるという具体的な話で盛り上がったんです」(芸能関係者)

2人の指には、有名ブランド『ブシュロン』のお揃いの指輪がはめられている。
(週刊実話より引用)

ジャニーズとしては、SMAPの木村拓哉と工藤静香の結婚を、某大手プロのオーナーにリークされて大恥をかいた苦い過去がある。

このたびは、それだけは避けたいようで、年内婚約発表の可能性は高そうです。
ひょっとして、NHK紅白で発表!?となれば、話題も盛り上がることでしょう。

◆「花燃ゆ」が100倍楽しくなる 杉文と楫取素彦の生涯

◆花燃ゆ 完全読本 2015年NHK大河ド

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

なぜ、山田優は叩かれるのに、荒川静香はスルーなのか?子連れ外出炎上にみる、ママタレの格差。

生後1か月や2か月足らずの”子連れ外出”を報じられた、ママタレントたち。
出かける場所や時間にもよるのでしょうが、その多くが、袋叩きにあっているのが実情です。

このたびのケースでは、袋叩きにあった山田優さん。なのに、荒川静香さんはスルー。
何故こうも格差があるのか?やはりタレント個人のイメージに加えて、その外出先が大きく影響するようです。

共働きファミリーの仕事と子育て両立バイブル マンガでわかる! 仕事も、子どもも、愛している頑張る共働きママ・パパのための決定版/日経DUAL編集部

共働きファミリーの仕事と子育て両立バイブル マンガでわかる! 仕事も、子どもも、愛している頑張る共働きママ・パパのための決定版/日経DUAL編集部

(関連商品)

(以下引用)
今年9月に第一子となる娘を出産したモデルの山田優さん(30)。「女性セブン」に、生後2カ月の娘を連れて居酒屋を訪れたことを報じられていますが、既報の通り、これを受けネット上で「母親失格」「乳児連れで居酒屋なんて論外」と大バッシングが巻き起こっています。

「セブン」の記事によると、山田は夜7時半過ぎに生後2カ月の娘を連れて母親とともに居酒屋を訪れ、10時前まで食事を楽しんだというが、低月齢での外出を疑問視する声が未だに噴出している。

「子供がかわいそう」といった鉄板のコメントから始まり、「育児のストレス、リフレッシュって。まだ2カ月でしょ? 2カ月の育児で、もうストレス?? リフレッシュ必要な程、もう育児でストレス?? 産まないほうが良かったと思う」と赤の他人から“出産するな”とまで言うコメントが上がるほどだ。さらには「山田優のお母さんもいたのに居酒屋!? 母親が母親ならおばあもおばあだな」と、他の家族にまで飛び火し、まさに大炎上だ。


ところが、子連れ外出を報じられたものの、何のバッシングにもあっていないのが荒川静香(33)。

記事には生後1カ月の娘を連れて新横浜のスケートリンクに現れたとあり、リンクで荒川が練習している際には母親が娘の面倒を見ていたという。車から降り練習場へ向かう際に荒川は娘を抱っこしていたが、後ろを歩く母親は高級ベビーカー「ストッケ エクスプローリー」を押していた、ともあった。

これが山田やスザンヌなどであれば「もうスケート?」「スケートリンクって寒いのに…赤ちゃんがかわいそう」「子育てしろ」などの批判を浴びせられてもおかしくない内容であるが、なぜかネット上には荒川への批判が見当たらないのである。
(messyより引用)

子どもが育つ魔法の言葉 世界中の親が共感した子育ての知恵100 新装版

子どもが育つ魔法の言葉 世界中の親が共感した子育ての知恵100 新装版

(関連商品)

辻さんがストッケを持っていれば「高いベビーカーなんか使いやがって」となってもおかしくない。同じことをしていても、ママとなった有名人らに浴びせられる批判には大きな差がある。
これにはおそらくタレント個人のイメージに加え、その外出先が大きく影響するようです。

山田さんやスザンヌさんらは自分の息抜き外出。一方、荒川さんはスケート練習のための外出という見え方の違いもある。
ただ前者も後者も低月齢の赤ちゃんを外に連れ出していることに変わりはないので、「赤ちゃんに適した場所かどうか」を他人があれこれ口を出す話ではないでしょう。

しかも皆、子供を放置しているわけでも暴力をはたらいているわけでもなく、ちゃんと子育てしているのですから、外出先やら外出時間に文句を言われる筋合いもないのでは。

それなのにママタレが何か行動をするたびに、“母親の身勝手のために、子供が犠牲になってる!”といった思考回路に陥る受け手側こそ、母親を追い詰めて「子供をかわいそう」にする要因になり得るのではないでしょうか。


いずれにしても、今回同時期に低月齢の子供と外出した山田さんと荒川さんへの反応の違いは、タレントの炎上格差を見せつけられた騒動でした。

頭のいい子を育てるおはなし366

頭のいい子を育てるおはなし366

(関連商品)

左:荒川静香公式Twitterより/右:山田優Instagramより
子連れママ 荒川静香.jpg

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

今井翼、中居からの直筆手紙に感謝!空気清浄機のプレゼントも。『今井翼のto base』で報告。

メニエール病を発症し、11月6日から休養に入っていたタッキー&翼・今井翼さん。

1カ月にわたって治療に専念していましたが、12月14日に横浜アリーナで行われたコンサートのアンコールに登場。
相方の滝沢秀明とトロッコで会場を一周し、涙ながらに「心配かけてごめんなさい」などファンにあいさつをしていました。

また、先輩の東山さんや中居さんら先輩・後輩のフォローに励まされ、無事、復帰したことを報告しています。

タッキー&翼/Two Tops Treasure(通常盤:CD)

タッキー&翼/Two Tops Treasure(通常盤:CD)

(関連商品)

(以下引用) 
今井は、休養中に滝沢が代役を務めていたラジオ『今井翼のto base』に復帰。冒頭から手紙やメールで励ましてくれたファンやリスナーにお礼した上で「なんといっても僕の“愛すべきパートナー”が、このレコメン(番組枠の名称)を生(放送)でやってくれたっていうのは、僕にとってすごく支えになりまして」と、滝沢への感謝の気持ちも口にした。

また『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2014』(日本テレビ系、11月26日放送)では今井の代役で嵐・相葉雅紀、NEWS・増田貴久、KAT‐TUN・亀梨和也、関ジャニ∞・横山裕、Hey!Say!JUMPらが滝沢をサポートしていたが、

「ジャニーズファミリーのみんながカバーしてくれたっていうことは、僕もテレビを見てて本当に心強いなと思ったし、一人ひとりに『本当にありがとう』という思いでした。
あとは先輩でいえば、東山(紀之)さんから励ましのメールをいただいたり、またこれもすごいなんか“深い縁を感じるな”と思ったのが、故郷も卒業した学校も同じである(SMAP)中居(正広)くんからね。直筆のお手紙と『まずは環境からよくした方がいい』ということで、空気清浄機、立派な物をプレゼントしていただきまして。本当にそういった先輩からの支えにも、僕はすごく助けられました」

と、同じジャニーズ事務所の先輩・後輩のフォローに感激する今井。4日放送の同番組で滝沢は、中居自らが電器屋に出向いて空気清浄機を買い、マネジャー経由で届けてくれたと明かしていたが、直筆の手紙も付けて今井を励ましていたようだ。

さらに今井によると、今回の休養でタキツバの絆はより一層深まったそうで、パートナーが滝沢で本当によかったと語り、

「やっぱりタッキー&翼のリーダーは滝沢なんだなってことを再認識しました。まぁもちろん、僕が言うのもおこがましいですけど、2人があってのタッキー&翼ですけど“彼があってのタッキー&翼なんだな”ってことをすごく再認識したので、これからも滝沢にしっかりついていきたいし、そんな僕らにファンのみんなにもついてきてほしいなと思っております」と、ファンにメッセージを送った。

番組では滝沢からの手紙も寄せられ、「“2人でtobase”とも思ったけど、今日はある意味大事な日でもあるので、僕は遠慮させていただきます」「リスナーの皆さん、本当によかったね。ありがとうございました」などと、優しさあふれる言葉がつづられていた。今井の不在時は全力でサポートしながらも、今井が帰ってきた際には出演を控えた滝沢には、ファンからも称賛の声が上がっている。

また、今井が登場したコンサート最終日の14日には、舞台『PLAY ZONE』で共演している中山優馬、ジャニーズJr.の森田美勇人、七五三掛龍也、宮近海斗や、同舞台の振付を手がけるトラヴィス・ペイン、ステイシー・ウォーカーも関係者席でタキツバを応援。トラヴィスは公演中にも翼の姿をスマートフォンで会場内を撮影していたそうで、翼の復帰をトラヴィスら関係者も心から喜んでいたのだろう。
(サイゾーウーマンより引用)

2CD+DVD ★ タッキー&翼 2012 アルバム 「TEN」 10th PAST盤

2CD+DVD ★ タッキー&翼 2012 アルバム 「TEN」 10th PAST盤

(関連商品)

体調が良ければ、大みそかに東京ドームで開催される『ジャニーズカウントダウンコンサート』や、年明け1月6日から始まる『PLAY ZONE』には、体調をみながら出演する方針のようです。

今回のラジオでは「ここからが僕のリスタートなのかな、というふうに思っております」と語った今井さんの活躍を、温かく見守っていきたいですね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

和田アキ子、石川さゆり、中島みゆきが、紅白辞退!?波紋広がる「松田聖子紅白大トリ情報」

「NHK紅白歌合戦」まで10日余り。いよいよ本番を待つばかりですが、舞台裏では大物たちがバチバチと火花を散らしているようです。

火種は25日ごろに発表される歌唱順。発表まで間があるのにいきなり「松田聖子(52)の「大トリ情報」が流れ、「トリではなく大トリとはなんだ」と関係者はみんな裏取りに大騒ぎになっていました。

これが事実なら、最悪、大物女性歌手らの辞退も避けられないようです。

DVD/松田聖子/〜Pre 35th Anniversary〜 Seiko Matsuda Concert Tour 2014 Dream & Fantasy (通常版)

DVD/松田聖子/〜Pre 35th Anniversary〜 Seiko Matsuda Concert Tour 2014 Dream & Fantasy (通常版)

(関連商品)

(以下引用)  
この一報を受け、反発したのが大物歌手の面々だろう。出場回数で上回るのに頭を越されたらカチンとくる。

「大御所の和田アキ子(64)は黙っていないはず。今年は聖子はこれといったヒットがない。それなら和田でもいいわけだし、もし今回大トリをやれるなら、昨年紅白を卒業した北島三郎(78)のように、“自分もそろそろ”と考えていたフシもあった。しかし、今のままでは黙って引き下がるわけにはいかないという心境ではないか」(芸能プロ関係者)

■リクエスト断トツの「天城越え」

石川さゆり(56)も納得しない一人。NHKの対応次第では辞退したいほど反発しているとか。

「NHKに毎年寄せられる紅白のリクエスト曲でダントツなのが『天城越え』なんです。実は早い段階で石川が有力なトリの候補ともいわれていたから、なおさらでしょう」(レコード会社プロデューサー)

さらに、「自分が」と思っている歌手がいる。NHKが三顧の礼で出演を承諾させた中島みゆきだ。中島は朝ドラ「マッサン」の主題歌「麦の唄」を歌っていて、かなり強気ともいわれる。

聖子にライバル心を燃やす中森明菜(49)の出演も取りざたされ、聖子VS明菜もある。まあ、視聴者には楽しみが増えたということだろうが。
(日刊ゲンダイより引用)

中島みゆき/麦の唄(CD)

中島みゆき/麦の唄(CD)

(関連商品)

和田さんと言えば、NHKが卒業を打診していましたが、事務所の力とやらでゴリ押し出場となりましたね。
おそらく「大トリ=卒業」で、花を飾りたいと内心思っていたかも。

それにしても、松田聖子さんの大トリ情報は、どこから出たんでしょうね。

最近の紅白はジャニーズとAKBグループのごり押しで、視聴率が取れないだけに、ひょっとして、NHKが話題作りに流したとも…。

◆関連記事
中森明菜、NHK紅白のサプライズ出演内定!残念ながら、録画での出演か。
NHK紅白出場歌手、選考に疑問符の人は?紅組はダントツであの大物歌手が嫌われた。
私物化されたNHK紅白歌合戦。長渕剛、徳永英明ら選出の裏に、「SONGS」関係者の存在が?

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

「俺の後釜がミヤネ? 冗談いうな」 古舘伊知郎が、テレ朝会長に鬱憤をぶちまけた!

古館トーキングブルース.jpg
furutati_01_141220.jpg「古舘伊知郎トーキングブルース TalkingBlues」より

『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスター・古舘伊知郎さん。
視聴率低下が懸念されていますが、ここにきて“降板説”が浮上しています。

後釜としてライバルである宮根さん、羽鳥さんの名前が挙がっていますが、その裏で、テレビ朝日会長との“不仲説”が浮上しています。

”三顧の礼?”で迎えられた古舘さんとしては、裏切られた!という疑念が大きいのかも知れません。

記憶がウソをつく! /養老孟司/古舘伊知郎

記憶がウソをつく! /養老孟司/古舘伊知郎

(関連商品)

(以下引用)
「よーく聞けみんな! 冗談じゃねえぞ、報道! たまにはなあ、俺の言うことを聞けっつうんだよ!」
「どれだけ俺がねえ、神経摩耗してると思ってんだよホントに!」
「報道、ちゃんと聞けよ。思考停止してるんだからな」

ステージの上でそう吠えまくった、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスター・古舘伊知郎。これは、古舘が今年10月に行ったトークライブ『古舘伊知郎 トーキングブルース』での様子。昨日、『報ステ』のあとにこのステージが特別番組として放送されたのだが、その姿は『報ステ』とは激変、怒りと気迫に満ち満ちたものだった。

本サイトでも以前、お伝えしたように、古舘はこのトークライブ前に取材を受けた「AERA」(朝日新聞出版)でも、

「自分の感ずるところ、思うところをなかなか言えない」「プロレスですよ、世の中」とぶっちゃけ、大きな話題となったが、今回のライブでも初っ端から「どうせやらしてくれんなら思いっきり喋りたいこと喋ってガス抜きさせてもらおうと思ったら、なかなか制約があるらしいなどうも」とヒートアップ。冒頭に紹介したように報道へケンカを売ると会場からは大きな拍手が起こり、さらに、

「あ、そういえば古舘伊知郎が『報道ステーション』降ろされるらしいじゃないか。ずっと噂がつづいているっていうのはどういうことなんだ、アレは」と、“降板説”に自ら切り込んだ。

「このまえも週刊誌をじっくり読んだら、なんか俺の後釜は宮根だっつうんだよ。え? 冗談じゃない。それがダメだったら羽鳥だとか言うんだよ。俺は聞いてないぞそんなこと! え? 誰が辞めるかっつうんだよ、ホントにバカヤロー!」

宮根や羽鳥なんかに『報ステ』を譲るもんか。……そんな強い意思がひしひしと伝わってくるが、もっとも緊張が走ったのは、テレビ朝日会長との“不仲説”に言及したシーンだろう。
 
こちらも本サイトで過去に取り上げたが、古舘は今年4月に行われた『報ステ』10周年パーティーの挨拶で、「早河社長から好きなようにやってくれ。何の制約もないからと言われて始めたんですが、いざスタートしてみると制約だらけ。今では原発の“ゲ”も言えない」とスタッフの前で猛然と現・テレビ朝日会長の早河洋氏を批判した。

もともと、新キャスターに宮根の名前が浮上したのも、早河会長と関係が近い幻冬舎の見城徹社長がバーニング・プロダクションの周防郁雄社長と昵懇の仲であるからなのだが、それだけではなく早河会長は、その見城氏を通して『報ステ』潰しに意欲を燃やしているといわれる安倍晋三首相とも距離を縮めようとしているのだ。

当然、古舘にしてみれば、身内であったはずの早河会長こそが、いま自分のハシゴを外そうとしている張本人となる。不仲説が流れるのも無理もない話である。

しかし、これを古舘はこのように否定する。

「テレビ朝日の会長と俺が仲が悪くなったってんだよ。いや、そんなことないよ、だって、そもそもここで『トーキングブルース』ってのはオシャレだからやったらどう古舘さん、っていうのはテレビ朝日の会長が言ったもん」

「古舘さんも『トーキングブルース』やってガス抜きしたらどう?っつたのは会長なんだから」

だが、話はこれで終わらない。古舘はつづけて、「ということは、俺に『報道ステーション』辞めさせてそういう方向でがんばったらって引導渡してるってことか?」と皮肉を込めるように話を落とすのだ。

「いいんだ別にそれで。いいんだよそれで。ね? いいときだけのテレビ局ってのはフリーになってから30年だからよーくわかってるから。俺の商品価値が落ちると判断するところまでギリギリがんばるしかないってことなんだよ。こんなかで、月曜から金曜まで、夜10時台の報道番組、責任感あふるるかたちでやってる奴、いる? いたらお目にかかりたい」

ここまで自負する古舘には、それなりの理由がある。毎日100本以上やってくるという視聴者からの電話・メール。それを翌日必ず目を通すというが、「95%以上が誹謗中傷」。内容は「古舘バカ死ね」。古舘は「そりゃ傷つくよ、メッタ打ちされるからな」と言いつつも、そんな心ない声にも「強烈な俺のファンじゃないか。ありがとうありがとうって無理矢理言い聞かせる」らしいのだ。

そして、今年ネット上で炎上した「小保方さんのSTAP細胞のときの、古舘がパワポ知らなかった騒動」にも触れ、「パワポ知らないから何だっつうんだホントに!」と反論。「いちばん頭きたのが、『歳も歳だから仕方なくね?』って。バカヤロー! 上から目線で言いやがって若者よ」と、ここぞとばかりに叫んだ。

『報ステ』のキャスターをはじめて今年で10年。その間、いかに古舘が溜め込んできたかが露わになった、このトークライブ。鬱憤をぶちまけるだけぶちまけた感もあるが、しかし、舞台の最後を、亡くした姉や友人たちの思いとともに、古舘はこのような言葉で締めくくった。

「俺はこうやって喋りを生業にしながら、肝心なときにきちっとした言葉が言えないでいる。(中略)俺は覚悟がないばっかりに、最後の一言が言えずにここまできた。俺はこれからは、そうはいかない覚悟を決めた。俺の毎日やってる報道の仕事のなかで、それをやっていこうと腹決めた。だってそれやんなかったら意味がないんだよ」

「みんないいか、よーく俺を見ててくれ。俺がそのことができるようになるのが先か、俺の賞味期限が切れちゃうのが先か、どっちか、よーくみんな見ててくれ。だから、また、月曜日夜9時54分から、俺を見ててくれ」
(LITERAより引用)
 
覚悟を決めて『報ステ』をやっていく。報道番組にときの政権が平気で政治介入してくるこの時代に、「見ててくれ」と宣言してみせた古舘さん。
この心意気だけでも十分に買いたいではないか。

まわりは敵ばかりかもしれないが、どうか腐ることなく古舘さんには頑張ってほしいと切に願うところです。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

「4人か6人の予定」「長瀬も入るつもりだった」!? KinKi Kidsが明かす結成秘話

KAT-TUNがMCを務める『ザ少年倶楽部プレミアム』(BSプレミアム)。12月17日放送回にはKAT-TUN憧れの先輩・KinKi Kidsが登場し、貴重なトークとパフォーマンスを見せてくれました。

KAT-TUNにとってKinKi Kidsは、ジャニーズに入る前からテレビで見ていたあこがれの人。ジャニーズJr.時代にはバックや衣装替えを務めるなど、近くで背中を見続けてきただけに、ハプニングや思い入れなど今だから明かせるエピソードもあったようです。

KinKi Kids/M album(通常盤) (JECN-386)

KinKi Kids/M album(通常盤) (JECN-386)

(関連商品)

(以下引用)
そのためそれぞれの楽曲に思い出があり、例えば田口淳之介は『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でKinKi Kidsの楽曲「Misty」をバックで踊るはずが、風邪を引いたことから振付師に「2人に風邪がうつるから帰れ!」と帰らされたことがあるそう。
また亀梨和也も同番組で「情熱」のバックを務めた際、堂本光一と同じ金髪だったことから眉毛を油性ペンで黒く塗りつぶされた経験も。

そして上田竜也は大好きな「青の時代」をNHKのリハーサル室のピアノで練習していたところ、「振付師に『うるさい!』って思いっきりはたかれた」ことをよく覚えているそう。
亀梨は「僕らの世代って、いつ入ったかをKinKiの曲で表すことが多いんですよ」と言っていましたが、それほどKinKi Kidsの楽曲には深い思い入れがあるようです。

そんな中、今でも影響を受け続けているのが中丸雄一。ライブでソロ曲を作る時も「KinKiっぽい曲」をリクエストするそうで、亀梨いわく「こないだも、年末にやるツアーの衣装打ち合わせで『光一くんっぽい感じで』って(言ってた)」とのこと。

この話を聞いた光一は、「それはうれしい。“KinKiっぽい”っていう、なにか漠然としたものがあるってことだもんね。それって大事なことだもんね」と堂本剛と頷き合っていましたが、中丸がどんな衣装で年末のコンサートに現れるのかが気になるところですね。

そしてKinKi Kidsの2人も「あれ緊張するよね」と共感したのが、先輩の衣装替えやフライングのサポート。早着替えについて、光一から「2人の癖」を尋ねられた亀梨は、「光一くんは絶対に一緒なんですよ。タイミングであったり角度であったり、『絶対ここで欲しい』っていうのがあるんですけど、剛くんは日によって片手しか出てこない(笑)」と暴露してスタジオを沸かせます。

フライングは失敗すれば大事故につながるため、現在ではワイヤー取り付け後に相手の肩を叩くルールになっていますが、「昔、(TOKIOの)長瀬(智也)がフッキングされたと思ってバーンって行ったら、されてなくてボーンって落ちた」と光一。
KAT-TUNメンバーは「“トントン”ちゃんとしないと!」と笑いますが、「それから“トントン”制度が生まれたの」(光一)、「長瀬くんのおかげね」(剛)と聞くや驚きの表情。初めて知った事実のようです。

またKinKi KidsのライブMCは長いことで有名ですが、この日も剛が「我々ライブで最終的に1時間強しゃべってスタッフに怒られる」と話すと、「僕らもいっつも怒られるんですよ。『これはKinKiさんを見て育ったからしょうがない』って(笑)」と亀梨。

しかし先輩から影響を受けていたのはKinKi Kidsも同じで、「僕らもSMAPの皆さんに習ったから(笑)。SMAPのみなさん(MC)長かったから」と光一。まさに「カエルの子はカエル」。先輩の教えは、こうして後輩へと受け継がれていくんですね。

また話題はKinKi Kidsの結成秘話にも。「最初は4人とか6人とかになる予定だったの」と光一が明かすと、中丸が長瀬も「自分はKinKi Kidsになるつもりだった」と語っていたことを明かします。
その頃ファンやジャニーズタレントたちの間では、長瀬、V6・井ノ原快彦、剛と光一で「ジパング」という名のグループを結成するとのウワサがあり、結局それはウワサにすぎなかったものの、ジャニー喜多川社長の中には別の構想があったとか。

「“KinKi Kids”だから、京都大阪三重とか(の出身者を)いろいろ集めて“KinKi Kids”にしたかったらしいんだけど、結局2人のまま増えなかったんだよね」と光一。関西出身者だけのグループをデビューさせるという構想はその頃からあったのかもしれません。

さて今回の放送ではKAT-TUNが12年ぶりに、「雨のMelody」を歌うKinKi Kidsのバックを務めるというスペシャルなステージもあり、背後で踊るKAT-TUNの姿に目を細めるKinKi Kids2人の柔らかい表情がとても印象的でした。
(サイゾーウーマンより引用)

KAT-TUN/Dead or Alive(通常盤)(CD)

KAT-TUN/Dead or Alive(通常盤)(CD)

(関連商品)

来年1月21日発売のKAT-TUNの新曲「Dead or Alive」初回限定版2のカップリングには、2002年に剛が亀梨くんのソロ曲として作詞・作曲した「離さないで愛」が収録されています。

番組中、亀梨がデビュー前に剛に直談判していたことが明かされましたが、あの名曲が待望の音源化、さらにプロモーションビデオ付きとあって、仕上がりが気になるところ。15年はKAT-TUNファンにとってもKinKi Kidsファンにとってもうれしい幕開けとなりそうです。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

百田尚樹氏が、開き直り!「作家なんかいつ辞めたっていい」 引退時期が早まる可能性を示唆。

故・たかじんさんを看取ったさくら夫人を「殉愛」とメチャ褒めしたばかりに、非難を浴びてしまった作家の百田尚樹氏(58)。

17日、自身のツイッターを更新し、「いつ辞めたっていい」と、開き直りとも思える発言をしています。

これまで60歳での引退を示唆する発言をしていましたが、その引退時期を早めることも辞さないとの考えを示しているとか。

↓おかげで、ベストセラー?
殉愛/百田尚樹

殉愛/百田尚樹

(関連商品)

(以下引用)
今年1月になくなった歌手やしきたかじんさん(享年64)の闘病生活をつづったノンフィクション本「殉愛」の内容の真偽をめぐり、たかじんさんの家族を含む関係者の間で損害賠償訴訟などの問題に発展しており、百田氏のツイッターにも連日のように賛否両論が多数寄せられている。

批判の声にも逐一対応してきた百田氏だが、そんな状況に嫌気が差したのか。

「百田尚樹はこれで終わり、というようなことを嬉しそうにツイートしている人が多い。そんなに嬉しいかね 別に作家なんかいつ辞めたっていい。世間に媚びへつらって生き残ろうとは思わん」とコメント。

先日にも「50歳で小説家になったとき、とりあえず10年やろうと思った。来年で9年。あと二作くらい書いて引退するか」と、自身のプランを明かしていたが、さらに早める考えもあるらしく
「もともとデビューした時、十年で引退と思っていた。来年で九年。一年早く辞めたってどうということはない」とつづった。
(日刊スポーツより引用)

↓おかげで、これも売れてる?
永遠の0

永遠の0

(関連商品)

他人の家の家庭の事情に首を突っ込んだのが、そもそもの間違い。
作家である立場を考えれば、これはちょっと、行き過ぎた行為でしたね。

まさか、さくら夫人に籠絡?された、なんてことは…。
(でなきゃ、あそこまで擁護することはないのに)

百田さんの本、好きだっただけに、残念です。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

STAP細胞は存在しない?華々しい発表から1年、検証で再現できず。

STAP細胞をめぐる問題で、理化学研究所の小保方晴子研究員が11月末までの期限で取り組んできた検証実験でSTAP細胞の存在を確認できなかったことが、理研関係者への取材でわかりました。

細胞の存在を一貫して主張してきたものの、自らの手でも証明できなかったようです。
夢の細胞として、華々しい発表から約11カ月。一連の検証作業の試みは、終わることになりました。

それでも「STAP細胞」は存在する 小保方晴子さん守護霊インタビュー

それでも「STAP細胞」は存在する 小保方晴子さん守護霊インタビュー

(関連商品)

(以下引用)
STAP細胞をめぐる問題で、理化学研究所の小保方晴子研究員が11月末までの期限で取り組んできた検証実験でSTAP細胞の存在を確認できなかったことが、理研関係者への取材でわかった。

理研の別のチームが来年3月末を期限に続けていた実験でも確認できず、理研は両方の検証実験を打ち切ることにした。19日に記者会見を開き、発表する。会見には小保方氏は出席しない見通し。

STAP細胞の論文は小保方氏らが1月に英科学誌ネイチャーで発表し、7月に撤回された。小保方氏は7月から神戸市内の理研の施設で、監視カメラ付きの部屋で第三者の立ち会いのもと実験を始め、1人でSTAP細胞が再現できるかを調べていた。期限の11月末で実験は終了した。

理研関係者によると、実験で得られたデータを分析したところ、論文に記載されたように、マウスの体の細胞を弱酸性の液体などで刺激する方法では、万能細胞ができなかったと結論づけられたという。

小保方氏は4月の記者会見で、STAP細胞について「何度も確認されている真実」「200回以上、作製に成功している」などと主張していた。

捏造の科学者stap細胞事件 / 須田桃子

論文発表後、世界中の研究者が再現実験に取り組んだが、STAP細胞が作製できたという報告はない。論文著者の一人で理研の丹羽仁史チームリーダーらも、小保方氏とは別に4月から検証実験を開始。8月に「論文に記載された方法ではSTAP細胞はつくれなかった」と中間報告を発表した。その後も方法を変えて実験を続けていたが、結局、確認できなかったという。

STAP細胞の論文では、マウスの体の細胞を弱酸性の液体で刺激するだけで、どんな細胞にもなれる万能細胞に変化するとされた。理研の調査委員会は4月、論文に研究不正があったとする報告書を公表。7月に論文が撤回された後、さらに疑義が指摘され、理研は改めて調査委を設置。STAP細胞問題の全容解明を目指している。この結果を踏まえ、理研の懲戒委員会が小保方氏らの処分を決める。

小保方氏は7月から検証チームに参加し、第三者の立ち会いの下で実験したが、STAP細胞を作製できなかったことが18日、明らかになった。STAP細胞が存在する可能性は極めて低くなり、理研は、検証実験を打ち切る方向で検討している。
(日刊スポーツより引用)

【送料無料選択可】STAP細胞に群がった悪いヤツら/小畑峰太郎/著

STAP細胞に群がった悪いヤツら/小畑峰太郎

(関連商品)

「200回も再現実験に成功!STAP細胞はあります」と、記者会見で涙浮かべていたのに…。なんか裏切られた感じですね。

この結果を受けブログを更新した尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(67)は、小保方氏を信じたい気持ちがあっただけに、憤りも大きいようで
「国民的な背信行為と批判されても 犠牲者まで出した問題をどう考えているのか…?研究者以前の人間性問われます!!」と強い言葉で批判していたそうです。

気になるのは、小保方さんの処遇。どんな、処罰が下されるんでしょうか。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

出演本数300本超え!年収倍増でも痩せられない、マツコ・デラックスの悩みとは?

今年のテレビ番組出演本数はなんと300本超えの、マツコ・デラックスさん(42)。

業界関係者から尊敬と畏怖の念を込めて“バラエティー番組と寝た男、否、女…”と呼ばれているのですが、。
デラックスな体型ゆえの悩みがあるようです。

実は、本人は痩せたいという切実な願望があるのですが、ある理由でそれもままならないというのです。
なんとも切ない悩みですが、一体、どう対処するんでしょうか。 

全身ジレンマ うさぎとマツコの往復書簡/中村うさぎ/マツコ・デラックス

全身ジレンマ うさぎとマツコの往復書簡/中村うさぎ/マツコ・デラックス

(関連商品)

(以下引用)
現在、マツコは『月曜から夜ふかし』(日テレ)、『ホンマでっか!?TV』(フジ)、『アウト×デラックス』(同)、『マツコ&有吉の怒り新党』(テレ朝)、『マツコの知らない世界』(TBS)など計9本のレギュラー番組を抱える売れっ子の中の売れっ子。
 
「なんでも事務所スタッフによれば、3年先まで予定が埋まっているとか。人気の秘密は潜在視聴率の高さです。バラエティー界ではトップの12%超え。明石家さんまやくりぃむしちゅー、ダウンタウンなんて足元にも及びません。しかも、ギャラがこれらの売れっ子芸人よりも2〜3割安なんです」(放送作家)

気になるマツコのゴールデン&プライム番組、一本当たりのお値段は…。
 
「日テレが一本50万円、フジが120万円でテレ朝が110万円、TBSが140万円といった具合です。日テレが他局に比べ比較的安いのは、番組の放映時間帯もさることながら、キー局で初めてレギュラー番組を持ったのが日テレで、演出担当を気に入っているからです」(テレビ局関係者)

と、ここまで聞けば当然知りたいのが、昨年は3億円オーバーともいわれていたマツコの推定年収だ。
 
「CMも含めると計6億円超えは確実です。所属事務所が比較的良心的で手数料は3割しか取らない。正直、来年の確定申告は大変だと思います(笑)」(芸能プロ関係者)

魑魅魍魎が跋扈する芸能界を、デビューからわずか3年で制覇したマツコ。勝利の美酒を日々あおっているのかと思いきや、実は聞こえてくるのは真逆の話。私生活の方は超ジミで、体調面の危険にもさらされていたのだ。
 
「あれだけ稼いでいても、素顔が世間にバレるのを恐れ外に出られない。だから食事はもっぱらテレビ出演でもらった弁当とコンビニ飯。また、健康を考えると本当は体重をもっと落とさないといけない。すでにマツコの場合、いつ病院に担ぎ込まれても不思議ではないそうです。
密かに10キロダイエットしたが、それ以上体重を落としたくても落とせない現実がある。マツコ本人も言っていますが、いま売れているのは巨漢のお蔭。体重を落とせば人気凋落を招きかねない恐怖に日々襲われているんです」(事情通)
(週刊実話より引用)

新品本/デラックスじゃない マツコ・デラックス/著

新品本/デラックスじゃない マツコ・デラックス/著

(関連商品)

テレビ界では、マツコのように巨漢を売りにしているタレントを“FAT(太った)ビジネス”と呼ぶのだという。芸能界では、人生の幸せと金は決してイコールではないようです。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

限定5万部。たかじんさんの記念切手発売!12・20予約開始

今年1月に亡くなった歌手でタレントのやしきたかじんさん(享年64)。
それを悼んでか、記念切手が発売されることがわかりました。

決定版 やしきたかじん (こちらの商品は7曲入CDです!!) [CD] HIC-1023

決定版 やしきたかじん (こちらの商品は7曲入CDです!!) [CD] HIC-1023

(関連商品)

あなたも、その勇姿をフレーム切手として永遠に残しませんか?
豪華な台紙付きの特別セット販売です。 この最初で最後の機会にぜひ手に入れて下さい。

今月20日より特設サイトで予約受付を開始し、期間は来年2月20日まで。

たかじんさんの勇姿がプリントされたフレーム切手は、豪華な台紙とイラストが描かれた特製コースター2枚付き。

たかじん記念切手.jpg
(関連商品)

さらに、ファンクラブ「やしきたかじんメモリアル」会員には限定の特製キーホルダーも付属。そして、ファンクラブ会員から抽選で30名、一般からの抽選で20名にたかじんさんが愛用していた「バカラグラス」の特製モデルがプレゼントされる。

フレーム切手は限定5万部で、価格は4530円(税・送料・代引き手数料込み)。
発送は来年2月1日より順次予定。

【特設サイト】
http://takajin-memorial.com/
http://www.oricon.co.jp/news/2046109/photo/1/

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

ペテン師、佐村河内を売り出したのは五木寛之だった!作家タブーで封印された、”ゴーストライター騒動”の新事実。

今年2月、「現代のベートーベン」として一躍注目をあびた作曲家の佐村河内守氏(50)。
実は全聾ではなく作曲も新垣隆というゴーストライターの手によるものだったこと判明し、非難を浴びてしまいました。

しかし、この騒動の裏で封印されていたのが、作家の五木寛之氏の存在。
佐村河内氏をメディアの寵児にする起爆剤の役割を果たしていたというのですが、その責任は追及されることはありませんでした。

ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌/神山典士

ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌/神山典士

(関連商品)

(以下引用)
先日、発売された『ペテン師と天才』(文藝春秋)は、「週刊文春」でゴースト問題をスクープした作家・神山典士氏によるノンフィクションだ。

そこには佐村河内氏、そしてゴーストライターの新垣隆氏の半生や関係を追いながら、"虚像の作曲家"がいかに誕生し破綻していったかが丹念な取材で描かれているのだが、その中に佐村河内氏がどのように有名になっていったかの記述がある。少し長くなるがその経緯を追っていきたい。


96年に佐村河内氏と出会い、2曲のゴーストを手がけていた新垣氏に3曲目の依頼がきたのは99年のことだった。

「新垣さん、今度は200人編成のフルオーケストラが新垣さんの曲を演奏してくれます。録音の時は指揮もしてください。ゲームの製作発表会で演奏する、約20分の交響曲を作曲してほしいのです」

この「ゲーム」とはカプコンが製作する「鬼武者」という戦国を舞台にするアクションゲーム企画だった。佐村河内氏はこの企画の音楽監督に指名されていたのだ。

日本経済が冷え込み、音楽業界にも不況の波が押し寄せていた時期だった。そんな時、200人のフルオーケストラで指揮をするという依頼に新垣氏は心が動き、曲を作り上げる。一方、佐村河内氏もまた、この作品をきっかけに欺瞞の自己プロデュースを加速させていくのだ。
 
本書ではカプコンの社員で、いまは都内の公共ホールのプロデューサー・大原康夫氏(仮名)がこう語っている。

「佐村河内さんは1999年の『鬼武者』の発表の日に『全聾宣言』をして、その日から全聾ということにしました。(略)確かに当時から、売り込み能力は凄かったです。『鬼武者』のサウンドトラック版に付いている解説書に掲載された横尾忠則さんの絵と五木寛之さんのコメントは、佐村河内さんがアポなしで二人の事務所に乗り込んでとってきたものです」

五木氏は「人間存在の根底に触れる音楽」と題された文章を寄稿し、佐村河内氏を絶賛した。だが、これはほんの序章に過ぎなかった。著者である神山氏もこう記している。

「佐村河内は横尾や五木というビッグネームを訪ね、『自分は聴覚障害を持つ作曲家である』『完成したこの曲を聴いてほしい』、『オーケストラと邦楽界が融合した壮大な曲だ』と吹聴して歩いた。その結果として、二人から大きな贈り物をもらうことになる。
 
ことに五木においては、この関係が最後まで続き、それが大きな波紋を呼ぶことになるのだが──」

「大きな波紋」とは一体どういうことか。それは、佐村河内ブランドがNHKや出版界に浸透し、さらにクラッシック界に足を踏み入れるきっかけを五木氏が作り出し、その売り出しの"装置"となったことだ。


06年、佐村河内氏にNHKから仕事のオファーがあった。

「──ある作家を主役にして世界7カ国をまたにかけた壮大な旅番組の音楽を手がけて欲しい。佐村河内さんに頼めないかという提案が、当の作家からあった」

その番組とは『五木寛之 21世紀・仏教への旅』であり、もちろん「当の作家」とは五木寛之その人だった。この番組は07年の正月に放映される。

さらに五木氏は出版界にも佐村河内氏を紹介する。目的は佐村河内の自叙伝出版のためだった。07年頃、大手出版社・講談社で五木寛之氏を担当していた文芸部・豊田利男氏のもとに佐村河内氏の自叙伝の企画が舞い込んできた。この企画を持ち込んだのも、五木寛之当人だ。

「他ならぬ五木の頼みとあっては豊田は断るわけにもいかない。長年一緒に五木の仕事を手がけていたフリー編集者の浅間雪枝にこの企画を担当させて、『交響曲第一番』のタイトルで07年10月に発刊している」

当時、佐村河内氏は一枚のCDを出す事もなく、タイトルにある交響曲は一度も演奏されていなかった。にもかかわらず五木氏はこの企画を旧知の編集者に依頼し、自らも帯にコメントを寄せた。その帯によって佐村河内氏の「現代のベートーベン」「全聾の天才作曲家」のイメージが完成されたと神山氏は指摘する。


五木氏を起点とした連鎖はさらに続いていく。この自叙伝を読んで佐村河内氏の被爆二世体験を知り、感動したのが当時の広島市の秋葉忠利市長だった。そして08年8月の「G8議長サミット」の記念コンサートに佐村河内起用を"独断"で決めた。

こうして、全聾、被爆、クラッシックの天才という称号を佐村河内氏は手に入れたのだ。その後の佐村河内氏は、障害者の子どもを利用する形で、活躍の場を広げ、存在感を増していく。 


だが五木氏の影響力はこれだけで終わらなかった。その後、多くのメディアが佐村河内を取り上げる中、そこに怪しいにおいを感じた者もいた。しかし五木氏の存在が目くらましとなってその疑惑は暴かれることはなかった。

「執筆した記者やカメラマンたちは、いずれも3つの迷宮を前にして、その扉をこじ開けることができなかった。もちろん私もその一人だ。すでに出合った時には「Time」(2001年9月15日号の「聴力を失ったビデオゲーム音楽の巨匠」と佐村河内氏インタビュー)の記事があり、自叙伝が出版され、CDでは『鬼武者』や『交響曲第一番HIROSHIMA』があり、五木寛之の推薦の言葉があった」

五木寛之という大御所作家は、佐村河内氏の"売り出し"や"権威付け"に大きな役割を果たしただけでなく、メディアを欺く装置としても機能していたのだ。もちろん五木氏も多くの人々と同様、佐村河内氏のペテン的な能力に騙された被害者なのかもしれない。しかし、NHKに紹介した張本人が五木氏である事を考えると、その果たした役割、責任はNHKに匹敵するくらいに重大といえるだろう。


だが、ゴースト問題をスクープした「週刊文春」でも、後にこの問題を検証、謝罪したメディアでも、五木氏の責任は追及されることはなかった。それどころか、その存在すら一切取り上げられることはなかった。それは現在、大きな問題となっている百田尚樹『殉愛』問題同様、作家タブーによるものだ。

今回、文藝春秋で刊行された本書で、五木寛之氏に関する記述を削ることなく出版されたことは評価に値する。しかし、それはノンフィクション作品の中に一幕としてかろうじて登場しただけで、週刊誌では同書を紹介する記事にも、一行も五木氏の名前は出てこない。
(LITERAより引用)

出版社系週刊誌における作家タブーはあまりに強固です。しかも、その影響力は芸能人と違って、しばしば政治や社会問題の報道にまで及んでくるから、ややこしい。

今話題になっている、たかじんの遺産相続における親族間の確執。たかじんさんへの、さくら夫人の献身ぶりを、作家の百田氏が「殉愛」に仕立てたものだから、こちらはもっと、ややこしい話に。

あの文春でさへ、百田氏の連載が始まるということで、手も足も出ない。
これは雑誌ジャーナリズムにとって、最大の、しかし永遠に解決されない問題といえるでしょう。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

百田尚樹もグル!? さくら夫人がたかじんの遺産寄付先に放棄を要求していた。

百田尚樹氏の『殉愛』騒動をめぐって、週刊誌がこぞって擁護に回っているなか、「週刊女性」「女性自身」
がこの問題を取り上げています。

さらに「週刊朝日」「サンデー毎日」といった新聞社系週刊誌が驚愕の事実を報道していることが分かりました。
なんと、たかじんの妻・さくら夫人が、遺書に記された寄付先に“遺贈の放棄”を迫っていたというのです。

↓こんなに叩かれているのに売れているという、不条理?
殉愛/百田尚樹

殉愛/百田尚樹

(関連商品)

(以下引用)
たかじんは、遺書に大阪市と母校である桃山学院高校、そしてたかじんが設立にかかわった一般社団法人「OSAKAあかるクラブ」に遺贈することを書き残していた。

だが、その「OSAKAあかるクラブ」の関係者が「週刊朝日」「サンデー毎日」の取材に対し、こう証言したのである。

「たかじんの死後、さくら氏から『あかるクラブ』に遺贈される2億円をさくら氏が中心になって設立する新団体に全額渡してほしいという趣旨の要請があった」(「週刊朝日」)

「さくらさん側は(たかじん氏が亡くなった)1月のうちに、同クラブに2億円の寄付の放棄を申し入れたのです。10月になってからは2度にわたって自分に渡すように折衝しました」(「サンデー毎日」)

関係者によると、あかるクラブ側は理事会でいったんは遺贈の放棄を決定したものの、さくら夫人側に「2億円の運用状況を開示してほしい」と条件をつけたところ、さくら夫人側から「もう放棄していただかなくて結構です。その代わり、メモリアルでたかじんの名前を使わないでほしい」と通告してきたという。
(LITERAより引用)

そもそも『殉愛』で、百田氏は〈私は遺言書(コピー)をこの目で見ているが、たかじんの預金は全額寄付することになっている。(中略)これらの金をさくらはまったく望まなかった〉と断言していましたが、どこまで信じて良いものか当惑してしまいます。

あかるクラブ関係者の証言が事実なら、さくら夫人はたかじんの最期の意思を無視して、寄付金を奪還しようとしていたということになる。
しかも、「週刊朝日」「サンデー毎日」には、もうひとつ驚くべき事実が書かれていました。

それは、このあかるクラブとの協議の場に、“さくら氏だけでなく百田氏も同席していた”ということ。この協議の席が設けられたのは、証言によれば今年10月。『殉愛』の出版前の出来事で、百田氏自身も同席について認めているそうです。

(以下引用)
「さくら氏に頼まれて知人のプロダクション関係者とともに交渉に同席しましたが、それはその場の発言をちゃんと聞いた証人としてでした」(「週刊朝日」)

しかし、百田氏の役割は本当に「証人」という程度のものだったのだろうか。じつは、いまから1か月ほど前、「Yahoo!知恵袋」に今回の記事と同様の告発が書き込まれていた。
その内容はさくら夫人が寄付金の放棄を迫ったことや、いったん放棄を決めたあかるクラブ側が条件をつけたところ決裂し、遺贈を受けることになったことまで、かなり正確だった。

そして、この「Yahoo!知恵袋」の告発には百田の同席もふれられており、こんな詳細が綴られていた。

〈理事の面々が報告を受けて非常に驚いたことは、その話し合いの場に、何の予告もなしに、百田氏ともうひとりの放送関係者がさくら夫人に連れられて来ていたとのこと。
そしてあかるクラブに出された要求というものは、一言で云えば「つべこべ条件をつけずに全額放棄すればいいんや」ということだったらしい。
誰であっても百田氏や有力な放送関係者がいれば、それだけで大きな威圧を感じざるを得なかったのではないか〉

いずれにしても、金が絡んだ交渉の場に顔を出すということは、もはや作家と取材者の関係を超えている。ノンフィクションの鉄則である“客観性”はもとから『殉愛』には微塵もなかったが、ここまでくると、百田氏はもはや、さくら夫人の“協力者”“グル”でしかない。

実際、百田氏は、あかるクラブが提示した遺贈放棄の条件について、「週刊朝日」で〈さくら氏にお金を一円たりとも自由にさせないという意思が感じられるもので、さくら氏は「疑われるなら、もういいや」と、遺言通り遺贈をすることにした〉と明かしている。

たかじんの遺志を尊重しようとするあかるクラブの提示はごく真っ当だと思うが、こんなことさえわからないほど、百田氏はさくら夫人にべったりになっているようだ。

しかも、百田氏の最大の問題は、こうしたさくら夫人の寄付金放棄を要求する席に立ち会いながら、彼女が“無償の愛”でたかじんに尽くしたかのような本を書いたことだ。

百田氏はいまごろになって「そもそも『殉愛』の中で『無償の愛』とは一行も書いていない。(中略)世間が勝手にイメージをつけて、勝手に怒っているんです」(「週刊朝日」)と言っているが、『殉愛』のなかでさくら夫人がたかじんに「お金なんていらない」と話すシーンを見てきたように描き、前述したように「これらの金をさくらはまったく望まなかった」と結論づけているではないか。

イタリア時代の独身という経歴に、娘のHさんの「自業自得」メール、そして「お金なんていらない」と言うさくら夫人……百田氏の『殉愛』はとにかく都合のいいように事実をねじ曲げた「捏造」だらけなのだ。

事実、捏造はまだ続々と出てきている。『殉愛』ではさくら夫人が〈二十一歳のときに単身アメリカに渡り、そこで一年半暮らした〉とあるが、最新号の「女性自身」(光文社)が、この時期にさくら夫人が〈大阪府在住の男性と結婚生活を送っていた〉と報道。結婚相手だった男性も、当時、彼女と結婚していたことを認める証言を行っている。

これまで本サイトでは繰り返し述べてきたが、さくら夫人にいくら結婚・離婚歴があっても、それは誰かに咎められるものではない。問題は百田氏がそれを隠し、嘘の経歴を書き綴ったことだ。作家なのであれば、これほどドラマティックな人生を歩んできたさくら夫人の経歴を包み隠さず明かし、その上でたかじんとの劇的な出会いを書くべきだろう。

そんな“おいしい話”をわざわざ避けたのがずっと不思議だったが、百田氏とさくら夫人がたんなる“作家―取材者”の関係ではないことが明白になったいまでは、それもよく理解できる。いわばこの本のテーマは、百田氏のさくら夫人に対する“殉愛”なのではないか。……しかし、そのために徹底して悪者扱いを受けた娘のHさんやマネージャーのK氏は、たまったものではない。
(LITERAより引用)

↓硬派だと思っていたのに…
永遠の0

永遠の0

(関連商品)

あの強面だった、たかじんさんを籠絡?したさくら夫人。ひょっとして、百田氏も彼女の犠牲になったのかも…。

今後も百田氏はまだまださくら夫人擁護のために動くのでしょうが、引き起こしているのは、露出すればするほどボロが出るという悪循環。

週刊誌の追撃に対してTwitterでは〈他人がその遺産に口出しする権利があるの。あんたの金じゃないよって言いたい〉と吠えていますが、「それはあんたの金でもないだろ」というツッコミが返ってくることも気付いていないらしい。

いい加減、非を認めて、しばらくおとなしくしていたほうがいいような気がするのですが……。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

『殉愛』騒動2幕。あの文春・新潮が腰砕け?女性自身がさくら夫人の“裏面”を暴く!

「週刊文春」「週刊新潮」「フライデー」が相次いで百田尚樹『殉愛』問題を報じ始めています。

しかし、これらは百田氏とやしきたかじん夫人・さくらさんの主張に丸乗りして全面的に擁護するという、なんとも情けない内容でした。

出版界を支配する恐ろしき”作家タブー”ですが、そんな中、先週の「週刊女性」に続き今週の「女性自身」がこの問題を取り上げています。

その内容は、タイトル通りさくら夫人の“裏面”を暴くというもの。これまでの週刊誌の中で、もっとも真っ当で週刊誌らしい切り口の記事でした。

↓叩かれているのに売れているという、不条理?
殉愛/百田尚樹

殉愛/百田尚樹

(関連商品)

(以下引用) 
百田利権からは遠い、「自身」を発行する光文社だからできたものだ。だが「自身」は9月3日号でもさくら夫人をめぐる遺産や利権問題、そしてたかじんの娘との確執を報じている。

この一件は、他週刊誌もキャッチし取材を進めていたが、しかし百田の圧力で相次いでボツになったといわれた、いわくつきのもの。それを果敢に取り上げた「自身」の功績は大きい。そのため古くからたかじんを知る関係者の間でも「『自身』だけが本当のことを報じてくれた」と評価が高かった記事でもある。

そんな「自身」が報じたさくら夫人の“裏面”とは――。

まずさくら夫人が主張するたかじん親子の不仲について、娘のHさんは「なぜ他人がとやかく言えるのか」と疑問を呈す。さくら夫人が主張する「一度も見舞いにこなかった」ことも、Hさんが連絡しても返事がなくマネジャーに聞いても「誰にも会いたくない」との答えだったこと。

普通の親子関係とは違っていたが、お互いを思う気持ちはほかの家と変わらないことを語っている。

そもそもHさんの幼い頃、たかじんの女性関係で両親が離婚、その後母親が亡くなるも、たかじんは娘を引き取ることなく親戚に面倒を見させていた。娘が反発しても当然だし、いろいろなことがあったと容易に想像できる。

たかじんの3番目の妻となり、たった2年間を過ごしたさくら夫人に、長年複雑な親子問題を一方的に語ってほしくないという気持ちはもっともである。

さらに「自身」は、ネットで話題になっているさくら夫人の重婚問題にも踏み込む。さくら夫人は2008年12月、イタリア人と結婚し11年5月に離婚の話し合いを始め、12年3月に日本国内での離婚が成立したというが、「イタリアで婚姻届を提出していた場合、離婚するにはまず別居の申し立て」が必要で、その後3年を待って離婚が成立するのだという。
(サイゾーウーマンより引用)

さらに「自身」のすごいところは、さくら夫人の最初の夫を直撃していること。

男性は結婚していた事実は認めたものの、それ以上は一言も話さなかったらしい。とはいえ、この直撃こそ週刊誌の面目躍如といえます。

そして、たかじんさんの2番目の妻の親戚からも、こんな証言があったというのです。

(以下引用)
『殉愛』には、この前妻が昨年ヨリを戻したいとたかじんに迫った様子が描かれているが、これに対しても話は真逆で「たかじんさんは彼女にずっとラブコールを送っていました」と。そのため闘病中も検査の数値や治療法などを知らされてきたという。さらにこの親族によると、驚くべき事実もあったという。

「死後、初めてわかったそうですが、たかじんさんの携帯に登録されている彼女(前妻)の電話番号が変わっていたそうです」

本来090で始まる前妻の番号が080に変わっていた――。これではたかじんは前妻に連絡を取ることができない。それは一体何を意味するのか。多くの関係者がたかじんに連絡さえ付かなかったこと、さくら夫人の主張する遺産と、その後の経緯に大きな齟齬があるなど、「自身」は『殉愛』とさくら夫人の矛盾を次々と浮き彫りにしていく。
(サイゾーウーマンより引用)

↓硬派だと思っていたのに…
永遠の0

永遠の0

(関連商品)

もちろん、その多くがすでにネットで話題になったことではありますが、大メディアが沈黙または、『殉愛』擁護に走る中、老舗メディアでもある「自身」が百田氏におもねることなく報じることは大きな意義があると言えます。

権力や権威にあまりに安易に屈し、自己保身しか考えないメディア――。

今回の『殉愛』騒動は、メディア業界に対する作家タブーの自粛と圧力、そして言論封殺事件としてさまざまな遺訓を残しつつあるようです。

それにしても、このたびの殉愛騒動。多くの禍根を残しましたね。

さくら夫人の呆れた物欲、色ボケ?した百田氏の偏向取材、そして新潮・文春の腰砕け…。
今の世の中、すべて金、金。金で動くなんて、がっかりしてしまいますね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

SMAPに枕営業疑惑?女性プロデューサーが「メンバー4人と寝た」と暴露!

「ある女プロデューサーがね、SMAPの5人のメンバーのうち4人と寝たことがあるって……」
 
11月10日に放送されたインターネット番組内でのこと。「枕営業」をテーマに数名の出演者がトークした際、芸能記者の松本佳子氏が堂々と公言した話に、業界もファンも騒然となっています。

【新作】Mr.S‘saikou de saikou no CONCERT TOUR’/SMAP

【新作】Mr.S‘saikou de saikou no CONCERT TOUR’/SMAP

(関連商品)

(以下引用)
こんな衝撃的なネタながら、番組内では“いつどこでどんな状況で”といった詳細を、共演者であるほかの記者は誰も突っ込むことはなく「5人のうち、ハズれたひとりは誰だ?」というズレた話に展開。松本氏は、それが草なぎ剛だと答えていた。

また、女プロデューサー側が「メンバーを食った」という言い方をしたため、共演者からは「枕営業というのは、タレント側からアプローチして仕事を取るという話だけど、この場合は枕営業のニュアンスとは違うのでは」という横やりもあった。ただ、そうした話以前に、ファンの間ではこの話に信ぴょう性があるのか、という声が噴出中だ。

「その女プロデューサーって誰だ?」
「記者なら事実をもっと詳しく語るべき」
「ジャニーズが管理する中で、そんなこと実際に起こりえるのか?」

SNSサイトのSMAPファンが集まるサークルでは、この番組を見た視聴者が一部音声を保存しその内容を伝えて議論しているが、業界関係者はこの話に異議を唱える。

「顔を出した記者が真顔で言えば視聴者は信じてしまうかもしれないが、どう聞いてもウサン臭い話。そんな話を聞けば、共演者はだまっていないだろうし、何も聞かずにいるなんて番組としてもおかしい」(放送作家)

一般的な感覚からすれば、おおよそ信ぴょう性が高そうには聞こえないのだが、SMAPの出演番組を手掛けたことがあるテレビプロデューサーに話を聞くと「もう少しまともな話ないの?」と失笑。

「真面目に答えるのもバカバカしいんだけど、SMAPって90年代前半には人気爆発していて、各メンバーが1人の女プロデューサーと次々に寝なきゃいけないほど困ってないわけ。

じゃあその前の下積み時代は?って言ったら、香取慎吾なんて11歳でデビューだし、最年長の木村拓哉、中居正広も15歳だった。その頃は未成年とあって、行き帰りに親が付きっきりで不可能。もっとも5人のうち4人という話なら、森且行の脱退した96年以降ということになるけど、それってフジの『SMAP×SMAP』が始まった頃で、翌年からずっとタレント好感度1位。

金も地位もあるタレントが、そろってわざわざ女プロデューサーと寝なきゃいけない理由がどこにある? 真実だというなら、この記者はきちんと証拠を提示して話すべきでは」(同)

ジャニーズ事務所にこの話について聞いてみたところ「なんのことだか分かりません」と一蹴。当の発言をした芸能記者の松本佳子氏に質問してみたが、回答はなかった。
(日刊サイゾーより引用)

anan (アン・アン) 2014年12/17号 【表紙&グラビア】 SMAP 【インタビュー】 映画「海月姫」能年玲奈 【対談】 映画「アオハライド

anan (アン・アン) 2014年12/17号 【表紙&グラビア】 SMAP 【インタビュー】 映画「海月姫」能年玲奈 【対談】 映画「アオハライド

(関連商品)

これが松本氏の作り話でないなら、その女子プロデューサーは大問題。問責どころか、失脚もあり得るかも。

過去、SMAPと深く絡んだ女子プロデューサーなど数名しかいないというから、業界人なら該当者を絞れてしまう。
ジャニーズ事務所としても看過できない事態になりそうですね。

でも、これって”でっち上げ”みたいな話ですが、「誰トク?」の話なんでしょうね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。