アイドル 芸能 見張り隊

有吉弘行、好感度下落で番組スポンサー離れ!ギャラ高騰で、レギュラー激減危機。

いまやテレビ・ラジオのレギュラー番組が計15本。『猿岩石』解散後、毒舌芸人として再ブレイクした有吉弘行さん(40)。

その勢いはとどまるところを知らず、最近は貫禄の風格さえ感じるほどですが、ここにきて一変、毒舌キャラに違和感、態度が横柄など、好感度が下落しているようです。飛ぶ鳥を落とす勢いもいよいよ陰りが…。

有吉弘行/ひろいきの〜有吉の名前は「ひろいき」〜

有吉弘行/ひろいきの〜有吉の名前は「ひろいき」〜

(関連商品)

(以下引用) 
ここへ来て有吉人気に徐々に陰りが見え始めているという。しかも'15年度は、一気にレギュラー番組が激減するとさえ囁かれているのだ。その“崩壊の始まり”といわれているのが『ウーマン・オン・ザ・プラネット』(日テレ)の打ち切りだ。
 
「この話はまだ有吉自身も知らされていない。同番組は大手メーカーK社の一社提供。そのため、日テレサイドも継続を粘り強く交渉してきましたが、結局、話し合いは平行線に終わり、来年3月で終了する。理由は司会の有吉で、K社は視聴率低迷とイメージを理由に交代を条件に出したんです」(事情通)

実は今回の一件は氷山の一角だったようだ。K社以外にも、有吉のキャラに違和感を覚えるスポンサーが続出しているという。
 
「“毒舌芸人”として我が世の春を謳歌する有吉ですが、最近漏れ聞こえてくるのは悪評ばかり。とにかく態度が横柄だというんです。ある代理店の営業マンがスポンサーを連れエレベーターにギリギリ駆け込んだら、先に有吉がいたとか。
挨拶すると無視された揚げ句、露骨に嫌な顔をされたそうです。常に不機嫌な顔をしてイラついているように見えるため、当然、代理店やスポンサー筋の受けは悪くなる」(広告代理店関係者)

有吉の態度については、番組スタッフからもブーイングが出ているという。
 
「アイドルや女優相手だと笑顔だが、スタッフだと憮然とした表情になる。打ち合わせ時もよくスマホの画面をいじっていて、聞いているのか聞いていないのかわからない。さらに有吉のレギュラー番組の被りも問題になり始めている。すべて似たような内容で、スポンサーが嫌がり始めるのも当然」(制作会社幹部)

加えて、ギャラ高騰も不人気の一つになっている。
 
「以前はGP帯で一本60〜80万円だったのが、今や120万円〜。もちろん売れれば当たり前なのですが、そもそも有吉はコスパがいいことで注目された芸人。しかも、どんどん上がる傾向にあり、数年以内に一本200万円〜に上がることは必至の状況」(同)

もっとも、一部関係者からは有吉の一人勝ちを妬む中傷との意見も聞こえてくる。それでも有吉は今後、我を通せるか。
(週刊実話より引用)

有吉弘行/ひろいきの〜有吉の名前は「ひろいき」〜

有吉弘行/ひろいきの〜有吉の名前は「ひろいき」〜

(関連商品)

今年度の年収は5億円オーバー。専属マネジャーが2人、さらに移動専用車と専属運転手まで手配される超VIP待遇なんだとか。

若手芸人は有吉さんを“レジェンド”と呼び尊敬しており、誰もが有吉さんを夢見ているようです。

それだけに、若手のお手本となる振る舞いが求められますが、残念ながら、今の有吉さんには謙遜さがなくなり、傲慢とも思える態度が露骨に出てくるのは遺憾。

ここは初心に戻って、先輩としての矜持を見せて欲しいものです。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


健さんに続いて、文太さんも!昭和の任侠映画の“ヒーロー”が相次いで逝く。

高倉さんが病を隠して秘めやかに逝った。そしてまた菅原さんもひそかに別れを告げた。1960年代に、東映で任侠映画に出演に出演していたヒーローが、まるで連れ立つように亡くなりました。

高倉健さん(83)に続いて、菅原文太さん(81)の死去。ふたりは東映「山口組三代目」などで共演しましたが、高倉さんが「網走番外地シリーズ」で、菅原さんが「仁義なき戦いシリーズ」でと “ピカレスク・ヒーロー”として一大ブームを巻き起こし、数年にわたってそのブームは続いたのでした。

【VHS】【中古】山口組三代目 [中古ビデオレンタル落]

【VHS】山口組三代目

(関連商品)

(以下引用)
任侠映画ブームが去った後は、それぞれ違う路線を進む。高倉さんが硬派のヒューマニスティックなキャラクターを形成して「幸福の黄色いハンカチ」「あなたへ」などの路線に行ったのに対して、菅原さんは「トラック野郎シリーズ」などコミカル路線へと進んだ。

だが、奇しくも、高倉さんの代表作の一つとなった77年の映画「幸福の黄色いハンカチ」のテレビドラマ版(TBS・1982年)では、菅原さんが主役を務めている。

高倉さんが晩年はテレビCMなどを断ったのに対して、菅原さんははるな愛らと共演するコミカルなCMに最近まで出演していた。

菅原さんは、2013年公開予定の山田洋次監督の映画「東京家族」主演を辞退していた。理由は2011年、クランクイン直前に震災が発生。故郷の宮城県をはじめ被災地で苦しい生活の続く人々が多いのに映画に出ている場合ではないと、俳優引退も示唆していた。

高倉さんが俳優業に没入するのに対しても、菅原さんは農業にも取り組み、社会的発言もあえてしていた。2007年頃から膀胱癌などを患い、入退院を繰り返していたもようだ。

高倉さんが病を隠して秘めやかに逝った。そしてまた菅原さんもひそかに別れを告げた。昭和の硬骨漢が一度に逝去して、寂しさをぬぐえない人たちが多いに違いない。
(スポニチより引用)

【送料無料】仁義なき戦い DVD全5部作

【送料無料】仁義なき戦い DVD全5部作

(関連商品)

俳優の菅原文太さんが11月28日午前3時、転移性肝がんによる肝不全のため亡くなっています。

夫を失った文子さんは「7年前に膀胱がんを発症して以来、以前の人生とは違う学びの時間を持ち“朝に道を開かば、夕に死すとも可なり”の心境で日々を過ごしてきたと察しております」と、最近の菅原さんの気持ちを代弁しています。

また「“落花生は枝に還らず”と言いますが、小さな種を蒔(ま)いて去りました」と、生前の菅原さんの足跡を振り返っていました。

昭和の硬骨漢が一度に逝去して、寂しさをぬぐえない人たちが多いことでしょう。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

長嶋一茂と江角マキコが和解!?その裏で流れた仰天サプライズとは?

元マネジャーに、子供同士が同じ学校に通う同級生である長嶋一茂さんの自宅に落書きさせた、と報じられた江角マキコさん。
その後、ブログなどで一連の騒動について謝罪し、和解したと見られていました。

その内情を知ろうとある芸能記者が一茂さんの周辺を探っていると、こんなサプライズ情報が飛び出てきたというのです。
「実は、騒動の最中に、一茂に再び巨人のユニフォームを着せよういう動きがあったというんです」

現在、一茂さんには巨人の野球振興アドバイザーという肩書きがついていますが…。

もう迷わない生活 (集英社文庫)/江角マキコ(文庫)

もう迷わない生活 /江角マキコ(文庫)

(関連商品)

(以下引用)
「渡辺恒雄球団会長は契約通り、来季まで原監督の続投を表明し、その間に後継者を決めようと算段しています。

かつては江川卓氏や落合博満・中日GMの名前が浮上していましたが、現在は松井秀喜氏に絞られている。もちろん松井氏が受諾すれば、巨人の人気凋落に歯止めが掛かりそうだが、現在は難色を示しており、まだ後継者が見つかっていない状況。

そこで、起死回生のサプライズ案として持ち上がったのが、“まさかの一茂”です。それを耳にした一茂が、江角とのいざこざはマイナス以外のなにものでもないと和解に向かったというのです」(球界関係者)
(アサヒ芸能より引用)

普通に考えればありえない話ですが、いずれにせよ、最近は再びテレビで見かけることも多くなった江角さんが、和解によって九死に一生を得たことは間違いなさそうです。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。