アイドル 芸能 見張り隊

SMAPに枕営業疑惑?女性プロデューサーが「メンバー4人と寝た」と暴露!

「ある女プロデューサーがね、SMAPの5人のメンバーのうち4人と寝たことがあるって……」
 
11月10日に放送されたインターネット番組内でのこと。「枕営業」をテーマに数名の出演者がトークした際、芸能記者の松本佳子氏が堂々と公言した話に、業界もファンも騒然となっています。

【新作】Mr.S‘saikou de saikou no CONCERT TOUR’/SMAP

【新作】Mr.S‘saikou de saikou no CONCERT TOUR’/SMAP

(関連商品)

(以下引用)
こんな衝撃的なネタながら、番組内では“いつどこでどんな状況で”といった詳細を、共演者であるほかの記者は誰も突っ込むことはなく「5人のうち、ハズれたひとりは誰だ?」というズレた話に展開。松本氏は、それが草なぎ剛だと答えていた。

また、女プロデューサー側が「メンバーを食った」という言い方をしたため、共演者からは「枕営業というのは、タレント側からアプローチして仕事を取るという話だけど、この場合は枕営業のニュアンスとは違うのでは」という横やりもあった。ただ、そうした話以前に、ファンの間ではこの話に信ぴょう性があるのか、という声が噴出中だ。

「その女プロデューサーって誰だ?」
「記者なら事実をもっと詳しく語るべき」
「ジャニーズが管理する中で、そんなこと実際に起こりえるのか?」

SNSサイトのSMAPファンが集まるサークルでは、この番組を見た視聴者が一部音声を保存しその内容を伝えて議論しているが、業界関係者はこの話に異議を唱える。

「顔を出した記者が真顔で言えば視聴者は信じてしまうかもしれないが、どう聞いてもウサン臭い話。そんな話を聞けば、共演者はだまっていないだろうし、何も聞かずにいるなんて番組としてもおかしい」(放送作家)

一般的な感覚からすれば、おおよそ信ぴょう性が高そうには聞こえないのだが、SMAPの出演番組を手掛けたことがあるテレビプロデューサーに話を聞くと「もう少しまともな話ないの?」と失笑。

「真面目に答えるのもバカバカしいんだけど、SMAPって90年代前半には人気爆発していて、各メンバーが1人の女プロデューサーと次々に寝なきゃいけないほど困ってないわけ。

じゃあその前の下積み時代は?って言ったら、香取慎吾なんて11歳でデビューだし、最年長の木村拓哉、中居正広も15歳だった。その頃は未成年とあって、行き帰りに親が付きっきりで不可能。もっとも5人のうち4人という話なら、森且行の脱退した96年以降ということになるけど、それってフジの『SMAP×SMAP』が始まった頃で、翌年からずっとタレント好感度1位。

金も地位もあるタレントが、そろってわざわざ女プロデューサーと寝なきゃいけない理由がどこにある? 真実だというなら、この記者はきちんと証拠を提示して話すべきでは」(同)

ジャニーズ事務所にこの話について聞いてみたところ「なんのことだか分かりません」と一蹴。当の発言をした芸能記者の松本佳子氏に質問してみたが、回答はなかった。
(日刊サイゾーより引用)

anan (アン・アン) 2014年12/17号 【表紙&グラビア】 SMAP 【インタビュー】 映画「海月姫」能年玲奈 【対談】 映画「アオハライド

anan (アン・アン) 2014年12/17号 【表紙&グラビア】 SMAP 【インタビュー】 映画「海月姫」能年玲奈 【対談】 映画「アオハライド

(関連商品)

これが松本氏の作り話でないなら、その女子プロデューサーは大問題。問責どころか、失脚もあり得るかも。

過去、SMAPと深く絡んだ女子プロデューサーなど数名しかいないというから、業界人なら該当者を絞れてしまう。
ジャニーズ事務所としても看過できない事態になりそうですね。

でも、これって”でっち上げ”みたいな話ですが、「誰トク?」の話なんでしょうね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


年間TV出演本数、国分太一が初の栄冠!しかし、現場では“悪評噴出”のワケ?

『2014タレント番組出演本数ランキング』を発表され、OKIOの国分太一さんが初の1位に。昨年10位から大きく躍進しています。
朝の情報番組『いっぷく!』(TBS系)や『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ系)などに幅広く出演。TOKIOとしての出演も多く、 2位の設楽統さんとは37本の差をつけています。

しかし、現場での評価はイマイチ。フジテレビのスポーツ情報番組『すぽると!』(フジテレビ系)を年内で降板することが伝わり、一部では「スポーツの現場でボ〜ッと突っ立ち、自分からは選手に話を聞きに行かない」など、現場取材での態度が悪かったという話が報じられています。
 
また、メインMCを務め、今年3月末から放送している情報番組『いっぷく!』(TBS系)の視聴率が1〜3%と低調とあって、テレビ界での国分評価があまりよくないという話も出ています。

だいじょうぶ3組 / 国分太一/乙武洋匡 [DVD]

だいじょうぶ3組 / 国分太一/乙武洋匡 [DVD]

(関連商品)

(以下引用)
ただ一方で、国分の出演番組に数多く関わってきたテレビプロデューサーに話を聞いてみると「非常に好青年で、態度が悪いなんて話は聞いたことがない」という。

ジャニーズ担当のスポーツ紙記者に聞いてみても「話しやすいタイプ」と、国分の印象は決して悪くないのだが、ただし、問題の『すぽると!』の関係者からは、収録の現場レベルでこんな苦情が上がっている。

「本人の仕事への姿勢に文句はないんですが、とにかく打ち合わせの時間をなかなか取ってくれない。これは事務所サイドの問題で、収録直前に局入りすることはしょっちゅうで、事前の打ち合わせをする日程や時間の調整ができないまま、ぶっつけ本番で当日収録……ということもよくあった。

それなのに、現場では『ちゃんと事前に話を聞けてない』と言われてしまったりで、こっちは“事務所サイドが打ち合わせの日程をきちんと確保してくれないからだろ”って、内心思っていたりします。結果的に、仕事の出来が悪くなるということになってしまいます」(国分出演の番組ディレクター)
 
こうした話を聞くと「自分からは選手に話を聞きに行かない」というのは、事前の打ち合わせ不足で情報がなく「聞きに行きたくても行けなかった」ということだったのかもしれない。

テレビ関係者からは常日頃からタレントの出演に関して愚痴を聞くことが多いが、中でも所属事務所の采配が悪いというケースは少なくない。タレント本人がどんなに好印象でも、所属事務所が横柄だと「感じが悪い」という話になってしまう。
「ただ、主役やMCクラスの大物タレントだと事務所の態度が悪いぐらいで『もう使わない』とはなかなか言えないから、国分クンがレギュラー番組を失っても、また別の番組が始まるとは思う」と前出プロデューサー。
(日刊サイゾーより引用)

国分太一のお散歩ジャパン ハーヴェストリュック・デイパック 2013年/男女兼用/人気のロールトップタイプ/コーデュラナイロンFY-0888 カモフラージュ

国分太一のお散歩ジャパン ハーヴェストリュック・デイパック 2013年/男女兼用

(関連商品)

国分さんほどの有名タレントになれば仕事がなくなる心配はなさそうですが、事務所の采配の悪さが続くようなら、今回のような悪評がまた噴出しかねません。

このたびの、ランキングをみても芸人なみ。いや、それを超える出演本数である。
これでは、事前の打ち合わせなどもきちんとできないのも、当然。

いずれはパンクして、評判を落とすことにもなりかねないだけに心配ですね。

●番組出演本数ランキング
1位 国分太一(TOKIO) 653
2位 設楽統(バナナマン) 616
3位 有吉弘行 516

4位 加藤浩次 492
5位 春日俊彰(オードリー) 439
6位 若林正恭(オードリー) 437
7位 後藤輝基(フットボールアワー) 434
8位 テリー伊藤 425
9位 羽鳥慎一 420
10位 坂上忍 416
10位 タカ(タカアンドトシ) 416
10位 トシ(タカアンドトシ) 416
13位 山里亮太(南海キャンディーズ) 411
14位 ビビる大木 407
15位 斉藤慎二(ジャングルポケット) 387
16位 千原ジュニア(千原兄弟) 386
17位 大久保佳代子(オアシズ) 385
18位 博多大吉(博多華丸・大吉) 385
19位 関根勤 387
20位 小島瑠璃子 373

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。