アイドル 芸能 見張り隊

百田尚樹もグル!? さくら夫人がたかじんの遺産寄付先に放棄を要求していた。

百田尚樹氏の『殉愛』騒動をめぐって、週刊誌がこぞって擁護に回っているなか、「週刊女性」「女性自身」
がこの問題を取り上げています。

さらに「週刊朝日」「サンデー毎日」といった新聞社系週刊誌が驚愕の事実を報道していることが分かりました。
なんと、たかじんの妻・さくら夫人が、遺書に記された寄付先に“遺贈の放棄”を迫っていたというのです。

↓こんなに叩かれているのに売れているという、不条理?
殉愛/百田尚樹

殉愛/百田尚樹

(関連商品)

(以下引用)
たかじんは、遺書に大阪市と母校である桃山学院高校、そしてたかじんが設立にかかわった一般社団法人「OSAKAあかるクラブ」に遺贈することを書き残していた。

だが、その「OSAKAあかるクラブ」の関係者が「週刊朝日」「サンデー毎日」の取材に対し、こう証言したのである。

「たかじんの死後、さくら氏から『あかるクラブ』に遺贈される2億円をさくら氏が中心になって設立する新団体に全額渡してほしいという趣旨の要請があった」(「週刊朝日」)

「さくらさん側は(たかじん氏が亡くなった)1月のうちに、同クラブに2億円の寄付の放棄を申し入れたのです。10月になってからは2度にわたって自分に渡すように折衝しました」(「サンデー毎日」)

関係者によると、あかるクラブ側は理事会でいったんは遺贈の放棄を決定したものの、さくら夫人側に「2億円の運用状況を開示してほしい」と条件をつけたところ、さくら夫人側から「もう放棄していただかなくて結構です。その代わり、メモリアルでたかじんの名前を使わないでほしい」と通告してきたという。
(LITERAより引用)

そもそも『殉愛』で、百田氏は〈私は遺言書(コピー)をこの目で見ているが、たかじんの預金は全額寄付することになっている。(中略)これらの金をさくらはまったく望まなかった〉と断言していましたが、どこまで信じて良いものか当惑してしまいます。

あかるクラブ関係者の証言が事実なら、さくら夫人はたかじんの最期の意思を無視して、寄付金を奪還しようとしていたということになる。
しかも、「週刊朝日」「サンデー毎日」には、もうひとつ驚くべき事実が書かれていました。

それは、このあかるクラブとの協議の場に、“さくら氏だけでなく百田氏も同席していた”ということ。この協議の席が設けられたのは、証言によれば今年10月。『殉愛』の出版前の出来事で、百田氏自身も同席について認めているそうです。

(以下引用)
「さくら氏に頼まれて知人のプロダクション関係者とともに交渉に同席しましたが、それはその場の発言をちゃんと聞いた証人としてでした」(「週刊朝日」)

しかし、百田氏の役割は本当に「証人」という程度のものだったのだろうか。じつは、いまから1か月ほど前、「Yahoo!知恵袋」に今回の記事と同様の告発が書き込まれていた。
その内容はさくら夫人が寄付金の放棄を迫ったことや、いったん放棄を決めたあかるクラブ側が条件をつけたところ決裂し、遺贈を受けることになったことまで、かなり正確だった。

そして、この「Yahoo!知恵袋」の告発には百田の同席もふれられており、こんな詳細が綴られていた。

〈理事の面々が報告を受けて非常に驚いたことは、その話し合いの場に、何の予告もなしに、百田氏ともうひとりの放送関係者がさくら夫人に連れられて来ていたとのこと。
そしてあかるクラブに出された要求というものは、一言で云えば「つべこべ条件をつけずに全額放棄すればいいんや」ということだったらしい。
誰であっても百田氏や有力な放送関係者がいれば、それだけで大きな威圧を感じざるを得なかったのではないか〉

いずれにしても、金が絡んだ交渉の場に顔を出すということは、もはや作家と取材者の関係を超えている。ノンフィクションの鉄則である“客観性”はもとから『殉愛』には微塵もなかったが、ここまでくると、百田氏はもはや、さくら夫人の“協力者”“グル”でしかない。

実際、百田氏は、あかるクラブが提示した遺贈放棄の条件について、「週刊朝日」で〈さくら氏にお金を一円たりとも自由にさせないという意思が感じられるもので、さくら氏は「疑われるなら、もういいや」と、遺言通り遺贈をすることにした〉と明かしている。

たかじんの遺志を尊重しようとするあかるクラブの提示はごく真っ当だと思うが、こんなことさえわからないほど、百田氏はさくら夫人にべったりになっているようだ。

しかも、百田氏の最大の問題は、こうしたさくら夫人の寄付金放棄を要求する席に立ち会いながら、彼女が“無償の愛”でたかじんに尽くしたかのような本を書いたことだ。

百田氏はいまごろになって「そもそも『殉愛』の中で『無償の愛』とは一行も書いていない。(中略)世間が勝手にイメージをつけて、勝手に怒っているんです」(「週刊朝日」)と言っているが、『殉愛』のなかでさくら夫人がたかじんに「お金なんていらない」と話すシーンを見てきたように描き、前述したように「これらの金をさくらはまったく望まなかった」と結論づけているではないか。

イタリア時代の独身という経歴に、娘のHさんの「自業自得」メール、そして「お金なんていらない」と言うさくら夫人……百田氏の『殉愛』はとにかく都合のいいように事実をねじ曲げた「捏造」だらけなのだ。

事実、捏造はまだ続々と出てきている。『殉愛』ではさくら夫人が〈二十一歳のときに単身アメリカに渡り、そこで一年半暮らした〉とあるが、最新号の「女性自身」(光文社)が、この時期にさくら夫人が〈大阪府在住の男性と結婚生活を送っていた〉と報道。結婚相手だった男性も、当時、彼女と結婚していたことを認める証言を行っている。

これまで本サイトでは繰り返し述べてきたが、さくら夫人にいくら結婚・離婚歴があっても、それは誰かに咎められるものではない。問題は百田氏がそれを隠し、嘘の経歴を書き綴ったことだ。作家なのであれば、これほどドラマティックな人生を歩んできたさくら夫人の経歴を包み隠さず明かし、その上でたかじんとの劇的な出会いを書くべきだろう。

そんな“おいしい話”をわざわざ避けたのがずっと不思議だったが、百田氏とさくら夫人がたんなる“作家―取材者”の関係ではないことが明白になったいまでは、それもよく理解できる。いわばこの本のテーマは、百田氏のさくら夫人に対する“殉愛”なのではないか。……しかし、そのために徹底して悪者扱いを受けた娘のHさんやマネージャーのK氏は、たまったものではない。
(LITERAより引用)

↓硬派だと思っていたのに…
永遠の0

永遠の0

(関連商品)

あの強面だった、たかじんさんを籠絡?したさくら夫人。ひょっとして、百田氏も彼女の犠牲になったのかも…。

今後も百田氏はまだまださくら夫人擁護のために動くのでしょうが、引き起こしているのは、露出すればするほどボロが出るという悪循環。

週刊誌の追撃に対してTwitterでは〈他人がその遺産に口出しする権利があるの。あんたの金じゃないよって言いたい〉と吠えていますが、「それはあんたの金でもないだろ」というツッコミが返ってくることも気付いていないらしい。

いい加減、非を認めて、しばらくおとなしくしていたほうがいいような気がするのですが……。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


『殉愛』騒動2幕。あの文春・新潮が腰砕け?女性自身がさくら夫人の“裏面”を暴く!

「週刊文春」「週刊新潮」「フライデー」が相次いで百田尚樹『殉愛』問題を報じ始めています。

しかし、これらは百田氏とやしきたかじん夫人・さくらさんの主張に丸乗りして全面的に擁護するという、なんとも情けない内容でした。

出版界を支配する恐ろしき”作家タブー”ですが、そんな中、先週の「週刊女性」に続き今週の「女性自身」がこの問題を取り上げています。

その内容は、タイトル通りさくら夫人の“裏面”を暴くというもの。これまでの週刊誌の中で、もっとも真っ当で週刊誌らしい切り口の記事でした。

↓叩かれているのに売れているという、不条理?
殉愛/百田尚樹

殉愛/百田尚樹

(関連商品)

(以下引用) 
百田利権からは遠い、「自身」を発行する光文社だからできたものだ。だが「自身」は9月3日号でもさくら夫人をめぐる遺産や利権問題、そしてたかじんの娘との確執を報じている。

この一件は、他週刊誌もキャッチし取材を進めていたが、しかし百田の圧力で相次いでボツになったといわれた、いわくつきのもの。それを果敢に取り上げた「自身」の功績は大きい。そのため古くからたかじんを知る関係者の間でも「『自身』だけが本当のことを報じてくれた」と評価が高かった記事でもある。

そんな「自身」が報じたさくら夫人の“裏面”とは――。

まずさくら夫人が主張するたかじん親子の不仲について、娘のHさんは「なぜ他人がとやかく言えるのか」と疑問を呈す。さくら夫人が主張する「一度も見舞いにこなかった」ことも、Hさんが連絡しても返事がなくマネジャーに聞いても「誰にも会いたくない」との答えだったこと。

普通の親子関係とは違っていたが、お互いを思う気持ちはほかの家と変わらないことを語っている。

そもそもHさんの幼い頃、たかじんの女性関係で両親が離婚、その後母親が亡くなるも、たかじんは娘を引き取ることなく親戚に面倒を見させていた。娘が反発しても当然だし、いろいろなことがあったと容易に想像できる。

たかじんの3番目の妻となり、たった2年間を過ごしたさくら夫人に、長年複雑な親子問題を一方的に語ってほしくないという気持ちはもっともである。

さらに「自身」は、ネットで話題になっているさくら夫人の重婚問題にも踏み込む。さくら夫人は2008年12月、イタリア人と結婚し11年5月に離婚の話し合いを始め、12年3月に日本国内での離婚が成立したというが、「イタリアで婚姻届を提出していた場合、離婚するにはまず別居の申し立て」が必要で、その後3年を待って離婚が成立するのだという。
(サイゾーウーマンより引用)

さらに「自身」のすごいところは、さくら夫人の最初の夫を直撃していること。

男性は結婚していた事実は認めたものの、それ以上は一言も話さなかったらしい。とはいえ、この直撃こそ週刊誌の面目躍如といえます。

そして、たかじんさんの2番目の妻の親戚からも、こんな証言があったというのです。

(以下引用)
『殉愛』には、この前妻が昨年ヨリを戻したいとたかじんに迫った様子が描かれているが、これに対しても話は真逆で「たかじんさんは彼女にずっとラブコールを送っていました」と。そのため闘病中も検査の数値や治療法などを知らされてきたという。さらにこの親族によると、驚くべき事実もあったという。

「死後、初めてわかったそうですが、たかじんさんの携帯に登録されている彼女(前妻)の電話番号が変わっていたそうです」

本来090で始まる前妻の番号が080に変わっていた――。これではたかじんは前妻に連絡を取ることができない。それは一体何を意味するのか。多くの関係者がたかじんに連絡さえ付かなかったこと、さくら夫人の主張する遺産と、その後の経緯に大きな齟齬があるなど、「自身」は『殉愛』とさくら夫人の矛盾を次々と浮き彫りにしていく。
(サイゾーウーマンより引用)

↓硬派だと思っていたのに…
永遠の0

永遠の0

(関連商品)

もちろん、その多くがすでにネットで話題になったことではありますが、大メディアが沈黙または、『殉愛』擁護に走る中、老舗メディアでもある「自身」が百田氏におもねることなく報じることは大きな意義があると言えます。

権力や権威にあまりに安易に屈し、自己保身しか考えないメディア――。

今回の『殉愛』騒動は、メディア業界に対する作家タブーの自粛と圧力、そして言論封殺事件としてさまざまな遺訓を残しつつあるようです。

それにしても、このたびの殉愛騒動。多くの禍根を残しましたね。

さくら夫人の呆れた物欲、色ボケ?した百田氏の偏向取材、そして新潮・文春の腰砕け…。
今の世の中、すべて金、金。金で動くなんて、がっかりしてしまいますね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。