アイドル 芸能 見張り隊

百田尚樹氏が、開き直り!「作家なんかいつ辞めたっていい」 引退時期が早まる可能性を示唆。

故・たかじんさんを看取ったさくら夫人を「殉愛」とメチャ褒めしたばかりに、非難を浴びてしまった作家の百田尚樹氏(58)。

17日、自身のツイッターを更新し、「いつ辞めたっていい」と、開き直りとも思える発言をしています。

これまで60歳での引退を示唆する発言をしていましたが、その引退時期を早めることも辞さないとの考えを示しているとか。

↓おかげで、ベストセラー?
殉愛/百田尚樹

殉愛/百田尚樹

(関連商品)

(以下引用)
今年1月になくなった歌手やしきたかじんさん(享年64)の闘病生活をつづったノンフィクション本「殉愛」の内容の真偽をめぐり、たかじんさんの家族を含む関係者の間で損害賠償訴訟などの問題に発展しており、百田氏のツイッターにも連日のように賛否両論が多数寄せられている。

批判の声にも逐一対応してきた百田氏だが、そんな状況に嫌気が差したのか。

「百田尚樹はこれで終わり、というようなことを嬉しそうにツイートしている人が多い。そんなに嬉しいかね 別に作家なんかいつ辞めたっていい。世間に媚びへつらって生き残ろうとは思わん」とコメント。

先日にも「50歳で小説家になったとき、とりあえず10年やろうと思った。来年で9年。あと二作くらい書いて引退するか」と、自身のプランを明かしていたが、さらに早める考えもあるらしく
「もともとデビューした時、十年で引退と思っていた。来年で九年。一年早く辞めたってどうということはない」とつづった。
(日刊スポーツより引用)

↓おかげで、これも売れてる?
永遠の0

永遠の0

(関連商品)

他人の家の家庭の事情に首を突っ込んだのが、そもそもの間違い。
作家である立場を考えれば、これはちょっと、行き過ぎた行為でしたね。

まさか、さくら夫人に籠絡?された、なんてことは…。
(でなきゃ、あそこまで擁護することはないのに)

百田さんの本、好きだっただけに、残念です。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


STAP細胞は存在しない?華々しい発表から1年、検証で再現できず。

STAP細胞をめぐる問題で、理化学研究所の小保方晴子研究員が11月末までの期限で取り組んできた検証実験でSTAP細胞の存在を確認できなかったことが、理研関係者への取材でわかりました。

細胞の存在を一貫して主張してきたものの、自らの手でも証明できなかったようです。
夢の細胞として、華々しい発表から約11カ月。一連の検証作業の試みは、終わることになりました。

それでも「STAP細胞」は存在する 小保方晴子さん守護霊インタビュー

それでも「STAP細胞」は存在する 小保方晴子さん守護霊インタビュー

(関連商品)

(以下引用)
STAP細胞をめぐる問題で、理化学研究所の小保方晴子研究員が11月末までの期限で取り組んできた検証実験でSTAP細胞の存在を確認できなかったことが、理研関係者への取材でわかった。

理研の別のチームが来年3月末を期限に続けていた実験でも確認できず、理研は両方の検証実験を打ち切ることにした。19日に記者会見を開き、発表する。会見には小保方氏は出席しない見通し。

STAP細胞の論文は小保方氏らが1月に英科学誌ネイチャーで発表し、7月に撤回された。小保方氏は7月から神戸市内の理研の施設で、監視カメラ付きの部屋で第三者の立ち会いのもと実験を始め、1人でSTAP細胞が再現できるかを調べていた。期限の11月末で実験は終了した。

理研関係者によると、実験で得られたデータを分析したところ、論文に記載されたように、マウスの体の細胞を弱酸性の液体などで刺激する方法では、万能細胞ができなかったと結論づけられたという。

小保方氏は4月の記者会見で、STAP細胞について「何度も確認されている真実」「200回以上、作製に成功している」などと主張していた。

捏造の科学者stap細胞事件 / 須田桃子

論文発表後、世界中の研究者が再現実験に取り組んだが、STAP細胞が作製できたという報告はない。論文著者の一人で理研の丹羽仁史チームリーダーらも、小保方氏とは別に4月から検証実験を開始。8月に「論文に記載された方法ではSTAP細胞はつくれなかった」と中間報告を発表した。その後も方法を変えて実験を続けていたが、結局、確認できなかったという。

STAP細胞の論文では、マウスの体の細胞を弱酸性の液体で刺激するだけで、どんな細胞にもなれる万能細胞に変化するとされた。理研の調査委員会は4月、論文に研究不正があったとする報告書を公表。7月に論文が撤回された後、さらに疑義が指摘され、理研は改めて調査委を設置。STAP細胞問題の全容解明を目指している。この結果を踏まえ、理研の懲戒委員会が小保方氏らの処分を決める。

小保方氏は7月から検証チームに参加し、第三者の立ち会いの下で実験したが、STAP細胞を作製できなかったことが18日、明らかになった。STAP細胞が存在する可能性は極めて低くなり、理研は、検証実験を打ち切る方向で検討している。
(日刊スポーツより引用)

【送料無料選択可】STAP細胞に群がった悪いヤツら/小畑峰太郎/著

STAP細胞に群がった悪いヤツら/小畑峰太郎

(関連商品)

「200回も再現実験に成功!STAP細胞はあります」と、記者会見で涙浮かべていたのに…。なんか裏切られた感じですね。

この結果を受けブログを更新した尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(67)は、小保方氏を信じたい気持ちがあっただけに、憤りも大きいようで
「国民的な背信行為と批判されても 犠牲者まで出した問題をどう考えているのか…?研究者以前の人間性問われます!!」と強い言葉で批判していたそうです。

気になるのは、小保方さんの処遇。どんな、処罰が下されるんでしょうか。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

出演本数300本超え!年収倍増でも痩せられない、マツコ・デラックスの悩みとは?

今年のテレビ番組出演本数はなんと300本超えの、マツコ・デラックスさん(42)。

業界関係者から尊敬と畏怖の念を込めて“バラエティー番組と寝た男、否、女…”と呼ばれているのですが、。
デラックスな体型ゆえの悩みがあるようです。

実は、本人は痩せたいという切実な願望があるのですが、ある理由でそれもままならないというのです。
なんとも切ない悩みですが、一体、どう対処するんでしょうか。 

全身ジレンマ うさぎとマツコの往復書簡/中村うさぎ/マツコ・デラックス

全身ジレンマ うさぎとマツコの往復書簡/中村うさぎ/マツコ・デラックス

(関連商品)

(以下引用)
現在、マツコは『月曜から夜ふかし』(日テレ)、『ホンマでっか!?TV』(フジ)、『アウト×デラックス』(同)、『マツコ&有吉の怒り新党』(テレ朝)、『マツコの知らない世界』(TBS)など計9本のレギュラー番組を抱える売れっ子の中の売れっ子。
 
「なんでも事務所スタッフによれば、3年先まで予定が埋まっているとか。人気の秘密は潜在視聴率の高さです。バラエティー界ではトップの12%超え。明石家さんまやくりぃむしちゅー、ダウンタウンなんて足元にも及びません。しかも、ギャラがこれらの売れっ子芸人よりも2〜3割安なんです」(放送作家)

気になるマツコのゴールデン&プライム番組、一本当たりのお値段は…。
 
「日テレが一本50万円、フジが120万円でテレ朝が110万円、TBSが140万円といった具合です。日テレが他局に比べ比較的安いのは、番組の放映時間帯もさることながら、キー局で初めてレギュラー番組を持ったのが日テレで、演出担当を気に入っているからです」(テレビ局関係者)

と、ここまで聞けば当然知りたいのが、昨年は3億円オーバーともいわれていたマツコの推定年収だ。
 
「CMも含めると計6億円超えは確実です。所属事務所が比較的良心的で手数料は3割しか取らない。正直、来年の確定申告は大変だと思います(笑)」(芸能プロ関係者)

魑魅魍魎が跋扈する芸能界を、デビューからわずか3年で制覇したマツコ。勝利の美酒を日々あおっているのかと思いきや、実は聞こえてくるのは真逆の話。私生活の方は超ジミで、体調面の危険にもさらされていたのだ。
 
「あれだけ稼いでいても、素顔が世間にバレるのを恐れ外に出られない。だから食事はもっぱらテレビ出演でもらった弁当とコンビニ飯。また、健康を考えると本当は体重をもっと落とさないといけない。すでにマツコの場合、いつ病院に担ぎ込まれても不思議ではないそうです。
密かに10キロダイエットしたが、それ以上体重を落としたくても落とせない現実がある。マツコ本人も言っていますが、いま売れているのは巨漢のお蔭。体重を落とせば人気凋落を招きかねない恐怖に日々襲われているんです」(事情通)
(週刊実話より引用)

新品本/デラックスじゃない マツコ・デラックス/著

新品本/デラックスじゃない マツコ・デラックス/著

(関連商品)

テレビ界では、マツコのように巨漢を売りにしているタレントを“FAT(太った)ビジネス”と呼ぶのだという。芸能界では、人生の幸せと金は決してイコールではないようです。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

限定5万部。たかじんさんの記念切手発売!12・20予約開始

今年1月に亡くなった歌手でタレントのやしきたかじんさん(享年64)。
それを悼んでか、記念切手が発売されることがわかりました。

決定版 やしきたかじん (こちらの商品は7曲入CDです!!) [CD] HIC-1023

決定版 やしきたかじん (こちらの商品は7曲入CDです!!) [CD] HIC-1023

(関連商品)

あなたも、その勇姿をフレーム切手として永遠に残しませんか?
豪華な台紙付きの特別セット販売です。 この最初で最後の機会にぜひ手に入れて下さい。

今月20日より特設サイトで予約受付を開始し、期間は来年2月20日まで。

たかじんさんの勇姿がプリントされたフレーム切手は、豪華な台紙とイラストが描かれた特製コースター2枚付き。

たかじん記念切手.jpg
(関連商品)

さらに、ファンクラブ「やしきたかじんメモリアル」会員には限定の特製キーホルダーも付属。そして、ファンクラブ会員から抽選で30名、一般からの抽選で20名にたかじんさんが愛用していた「バカラグラス」の特製モデルがプレゼントされる。

フレーム切手は限定5万部で、価格は4530円(税・送料・代引き手数料込み)。
発送は来年2月1日より順次予定。

【特設サイト】
http://takajin-memorial.com/
http://www.oricon.co.jp/news/2046109/photo/1/

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

ペテン師、佐村河内を売り出したのは五木寛之だった!作家タブーで封印された、”ゴーストライター騒動”の新事実。

今年2月、「現代のベートーベン」として一躍注目をあびた作曲家の佐村河内守氏(50)。
実は全聾ではなく作曲も新垣隆というゴーストライターの手によるものだったこと判明し、非難を浴びてしまいました。

しかし、この騒動の裏で封印されていたのが、作家の五木寛之氏の存在。
佐村河内氏をメディアの寵児にする起爆剤の役割を果たしていたというのですが、その責任は追及されることはありませんでした。

ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌/神山典士

ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌/神山典士

(関連商品)

(以下引用)
先日、発売された『ペテン師と天才』(文藝春秋)は、「週刊文春」でゴースト問題をスクープした作家・神山典士氏によるノンフィクションだ。

そこには佐村河内氏、そしてゴーストライターの新垣隆氏の半生や関係を追いながら、"虚像の作曲家"がいかに誕生し破綻していったかが丹念な取材で描かれているのだが、その中に佐村河内氏がどのように有名になっていったかの記述がある。少し長くなるがその経緯を追っていきたい。


96年に佐村河内氏と出会い、2曲のゴーストを手がけていた新垣氏に3曲目の依頼がきたのは99年のことだった。

「新垣さん、今度は200人編成のフルオーケストラが新垣さんの曲を演奏してくれます。録音の時は指揮もしてください。ゲームの製作発表会で演奏する、約20分の交響曲を作曲してほしいのです」

この「ゲーム」とはカプコンが製作する「鬼武者」という戦国を舞台にするアクションゲーム企画だった。佐村河内氏はこの企画の音楽監督に指名されていたのだ。

日本経済が冷え込み、音楽業界にも不況の波が押し寄せていた時期だった。そんな時、200人のフルオーケストラで指揮をするという依頼に新垣氏は心が動き、曲を作り上げる。一方、佐村河内氏もまた、この作品をきっかけに欺瞞の自己プロデュースを加速させていくのだ。
 
本書ではカプコンの社員で、いまは都内の公共ホールのプロデューサー・大原康夫氏(仮名)がこう語っている。

「佐村河内さんは1999年の『鬼武者』の発表の日に『全聾宣言』をして、その日から全聾ということにしました。(略)確かに当時から、売り込み能力は凄かったです。『鬼武者』のサウンドトラック版に付いている解説書に掲載された横尾忠則さんの絵と五木寛之さんのコメントは、佐村河内さんがアポなしで二人の事務所に乗り込んでとってきたものです」

五木氏は「人間存在の根底に触れる音楽」と題された文章を寄稿し、佐村河内氏を絶賛した。だが、これはほんの序章に過ぎなかった。著者である神山氏もこう記している。

「佐村河内は横尾や五木というビッグネームを訪ね、『自分は聴覚障害を持つ作曲家である』『完成したこの曲を聴いてほしい』、『オーケストラと邦楽界が融合した壮大な曲だ』と吹聴して歩いた。その結果として、二人から大きな贈り物をもらうことになる。
 
ことに五木においては、この関係が最後まで続き、それが大きな波紋を呼ぶことになるのだが──」

「大きな波紋」とは一体どういうことか。それは、佐村河内ブランドがNHKや出版界に浸透し、さらにクラッシック界に足を踏み入れるきっかけを五木氏が作り出し、その売り出しの"装置"となったことだ。


06年、佐村河内氏にNHKから仕事のオファーがあった。

「──ある作家を主役にして世界7カ国をまたにかけた壮大な旅番組の音楽を手がけて欲しい。佐村河内さんに頼めないかという提案が、当の作家からあった」

その番組とは『五木寛之 21世紀・仏教への旅』であり、もちろん「当の作家」とは五木寛之その人だった。この番組は07年の正月に放映される。

さらに五木氏は出版界にも佐村河内氏を紹介する。目的は佐村河内の自叙伝出版のためだった。07年頃、大手出版社・講談社で五木寛之氏を担当していた文芸部・豊田利男氏のもとに佐村河内氏の自叙伝の企画が舞い込んできた。この企画を持ち込んだのも、五木寛之当人だ。

「他ならぬ五木の頼みとあっては豊田は断るわけにもいかない。長年一緒に五木の仕事を手がけていたフリー編集者の浅間雪枝にこの企画を担当させて、『交響曲第一番』のタイトルで07年10月に発刊している」

当時、佐村河内氏は一枚のCDを出す事もなく、タイトルにある交響曲は一度も演奏されていなかった。にもかかわらず五木氏はこの企画を旧知の編集者に依頼し、自らも帯にコメントを寄せた。その帯によって佐村河内氏の「現代のベートーベン」「全聾の天才作曲家」のイメージが完成されたと神山氏は指摘する。


五木氏を起点とした連鎖はさらに続いていく。この自叙伝を読んで佐村河内氏の被爆二世体験を知り、感動したのが当時の広島市の秋葉忠利市長だった。そして08年8月の「G8議長サミット」の記念コンサートに佐村河内起用を"独断"で決めた。

こうして、全聾、被爆、クラッシックの天才という称号を佐村河内氏は手に入れたのだ。その後の佐村河内氏は、障害者の子どもを利用する形で、活躍の場を広げ、存在感を増していく。 


だが五木氏の影響力はこれだけで終わらなかった。その後、多くのメディアが佐村河内を取り上げる中、そこに怪しいにおいを感じた者もいた。しかし五木氏の存在が目くらましとなってその疑惑は暴かれることはなかった。

「執筆した記者やカメラマンたちは、いずれも3つの迷宮を前にして、その扉をこじ開けることができなかった。もちろん私もその一人だ。すでに出合った時には「Time」(2001年9月15日号の「聴力を失ったビデオゲーム音楽の巨匠」と佐村河内氏インタビュー)の記事があり、自叙伝が出版され、CDでは『鬼武者』や『交響曲第一番HIROSHIMA』があり、五木寛之の推薦の言葉があった」

五木寛之という大御所作家は、佐村河内氏の"売り出し"や"権威付け"に大きな役割を果たしただけでなく、メディアを欺く装置としても機能していたのだ。もちろん五木氏も多くの人々と同様、佐村河内氏のペテン的な能力に騙された被害者なのかもしれない。しかし、NHKに紹介した張本人が五木氏である事を考えると、その果たした役割、責任はNHKに匹敵するくらいに重大といえるだろう。


だが、ゴースト問題をスクープした「週刊文春」でも、後にこの問題を検証、謝罪したメディアでも、五木氏の責任は追及されることはなかった。それどころか、その存在すら一切取り上げられることはなかった。それは現在、大きな問題となっている百田尚樹『殉愛』問題同様、作家タブーによるものだ。

今回、文藝春秋で刊行された本書で、五木寛之氏に関する記述を削ることなく出版されたことは評価に値する。しかし、それはノンフィクション作品の中に一幕としてかろうじて登場しただけで、週刊誌では同書を紹介する記事にも、一行も五木氏の名前は出てこない。
(LITERAより引用)

出版社系週刊誌における作家タブーはあまりに強固です。しかも、その影響力は芸能人と違って、しばしば政治や社会問題の報道にまで及んでくるから、ややこしい。

今話題になっている、たかじんの遺産相続における親族間の確執。たかじんさんへの、さくら夫人の献身ぶりを、作家の百田氏が「殉愛」に仕立てたものだから、こちらはもっと、ややこしい話に。

あの文春でさへ、百田氏の連載が始まるということで、手も足も出ない。
これは雑誌ジャーナリズムにとって、最大の、しかし永遠に解決されない問題といえるでしょう。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。