アイドル 芸能 見張り隊

フジテレビ、キムタクと決別!ジャニーズ女帝、爆弾宣言の衝撃余波。

“ジャニーズ帝国の女帝”と呼ばれるジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長が、週刊文春最新号のインタビューに応じた反響が拡大しています。

とりわけ同事務所の所属タレントが連日出演するテレビ各局の動揺は激しいものがあります。

SMAPの番組を数多く手がけてきたフジテレビでは、同グループをマネジメントするI女史側から、メリー氏の実娘・藤島ジュリー景子氏派へとこっそりカジを切っていたことが分かりました。

これによりフジで木村拓哉(42)の主演ドラマは見られなくなるという流れになりそうです。

↓映画化の話もあるが 
HERO 劇場版 スタンダード・エディション(DVD)

HERO 劇場版 スタンダード・エディション(DVD)

(関連商品)

(以下引用)
●敏腕マネジャーとメリー氏の実娘が“対立”

芸能界に激震!! 一大勢力“ジャニーズ帝国の女帝”メリー喜多川副社長が、22日発売の「週刊文春」のインタビューを受け「SMAPは踊れない」と切り捨てた。5時間に及んだ激白では、SMAPなどをマネジメントするI女史(誌上では実名)をその場に呼びつけ、仮に事務所内で派閥争いをするのなら「別に(会社を)作ってください」と突き放す一幕もあった。

かねて独立がささやかれるSMAPとI女史。ジャニー喜多川社長の姉で同事務所一の権力者メリー氏は、なぜ今こんなことを言い放ったのか? 裏側を探った――。

デビュー直後、まったく期待されていなかったSMAPを国民的スターに育て上げた敏腕マネジャーで“外様”のI女史と、メリー氏の実娘で嵐などを手がける“直系”のジュリー氏の対立は業界内ではもはや常識と化している。

「SMAPが力をつけるにつれてI女史の発言力も大きくなっていった。一方の嵐はブレークするのに時間がかかり、ジュリー氏の手腕に疑問符をつける声もあった。事務所の象徴であるジャニー社長がI女史に『SMAP以外のタレントにも、直接でなくていいから力を貸してくれ』とお願いしたことから、ひずみが大きくなったと言われている。SMAPの番組に嵐は出演しないし、嵐の番組にはSMAPや(I女史派の)Kis―My―Ft2は出演しないですから」と派閥争いに拍車がかかった。

さらにジャニー氏、メリー氏が高齢ということもあって、後継者問題も切迫していた。

ところが、メリー氏は文春のインタビューで派閥の存在を完全否定。そのうえ後継者がジュリー氏であることを初めてメディアに公言した。まさに“歴史的瞬間”だ。

初回盤A+B+通常盤セット SMAP CD+DVD/華麗なる逆襲/ユーモアしちゃうよ 15/2/18発売 ポスカ3種&A5クリアファイル(外付)

初回盤A+B+通常盤セット SMAP CD+DVD/華麗なる逆襲/ユーモアしちゃうよ 15/2/18発売 ポスカ3種&A5クリアファイル(外付)

(関連商品)

●「踊れない」SMAP切り捨て

だが、最大の驚きは文春記者がいる場に当のI女史を呼び出したことだろう。メリー氏はこれまで報じられてきた派閥争いについてI女史に厳しく迫り、それが実際にあるのなら「どうぞ自分のところで(会社を)作ってください」と突き放した。

さらにSMAPについても「(嵐と共演しないのは)踊れないじゃない?」と、能力の低さをバッサリ切り捨てた。“早くSMAPを連れて独立しなさい”と言わんばかりの口ぶり。長年、事務所に尽くしてきたI女史のプライドを激しく傷つけたのは間違いない。

「メリーさんが怒るのは半ば芸のようなもの。相手のスキをついて、怒るのはよくあることなんです。もちろん、I女史もメリーさんの性格を分かっているでしょうが、今回のように敵対するメディアの記者の前に引っ張り出されて“罵倒”されては、さすがにたまらない。独立(への動き)はますます加速するでしょうね」(あるテレビ局プロデューサー)

はたから見れば「娘びいきの母親によるヒステリー」――。しかし長年芸能界に携わり、ジャニーズの歴史を知る芸能関係者はこう指摘する。

「メリーさんは激情家でもあるが愛情深い人でもある。SMAPなど“I女史派”のタレントたちが潰れることなんて望んでいない。でも今の状況のままでジャニーさんとメリーさんが事務所から第一線を退けば、ジャニーズそのものがボロボロになりかねない。これはメリーさんの最後の賭け」

いったい、どういうことなのか。同関係者は解説を続ける。

「I女史とジュリー氏の対立が続いたまま、ジュリー氏がトップに立ってしまうと、お互い一歩も引けなくなる。どちらかが倒れるまで内部で戦いが続き、ジャニーズ帝国が崩壊しかねない。それだけは避けたいだろう」

つまりこれはI女史に示した、メリー氏の“最後の愛情”でもあるという。
(東スポより引用)

アイドル帝国ジャニーズ50年の光芒 夢を食う人・ジャニー喜多川の流儀 (宝島社新書)/小菅宏/著(新書)

アイドル帝国ジャニーズ50年の光芒 夢を食う人・ジャニー喜多川の流儀

(関連商品)

メリー氏側であろうとI女史サイドだろうと、タレント同士は共存を望んでいることでしょう。

そうであるなら、『I女史はいち早く独立した方がいい』とメリー氏は思ったのでは。
わざわざ『SMAPは踊れない』などと“挑発”したのは、独立するように仕向けたのかも知れません。

はたしてメリー氏の言動は、吉と出るか凶と出るのか。
いずれにしても、芸能界全体がひっくり返るような事態になりそうです。

◆今日のアクセス上位記事
SMAPが嵐と共演しない理由、それは“踊れない”から!飯島派に、踊れる子は預けられない…。
「私の娘が(会社を)継いで何がおかしいの」メリー喜多川が、文春取材で明言!
あの人気女優や大物作曲家も! たけしの逆鱗に触れた有名人たち。
「花持ってきた」はウソ…極楽・山本、“欽ちゃんネタ”で復帰絶望!
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


↓買ってはいけないベストセラー商品
MONODAS 2014 完全保存版 (100%ムックシリーズ)/晋遊舎(単行本・ムック)

MONODAS 2014 完全保存版



能年玲奈にダマされた!バラエティ番組での「天然ボケキャラ」は事務所サイドの作戦?

13年にNHK朝ドラ「あまちゃん」で大ブレイクし、昨年は映画「ホットロード」「海月姫」と立て続けに主演の能年玲奈さん(21)。

愛らしいルックスに加え、バラエティ番組で見せる芸能人らしくない「挙動不審トーク」で幅広い世代に親しまれています。

彼女は突拍子もない言動が魅力で、そこが番組的にも視聴率の取れる部分なんですが、なんと、「天然ボケキャラ」は、事務所による徹底した“キャラクター作り”だったというのです。

ホットロードOFFICIAL BOOK 能年玲奈&登坂広臣

ホットロードOFFICIAL BOOK 能年玲奈&登坂広臣

(関連商品)

(以下引用)
「昨年、能年は『ホットロード』と『海月姫』のプロモーションで、多くのバラエティ番組に出ていましたが、ウチの局の番組に出演した際、事務所サイドから、これまでに例のない『要請』があったんです」

こう明かすのは、民放局ディレクターである。

「人気芸人が司会を務めるトーク番組に出ていただいたんですが、打ち合わせで『まともにしゃべったシーンはカットしてほしい』と伝えられました。ふだん、出演タレントの事務所から言われることと正反対なので、思わず苦笑してしまいました」

能年サイドの「逆要請」について、「番組の進行についても逐一、シビアな指示があるんですよ」と、このディレクターは続けて説明するのだ。

「他のタレントとの兼ね合いもあり、なかなか難しいのですが、『MCは、できるだけリアクションしにくいようなムチャ振りをしてほしい』『番組では話が通じないキャラとして彼女を扱ってほしい』『遠慮せずにキツめにツッコんでほしい』と言われますね。

『これ放送事故なんじゃないの、とネットに書かれるように』なんて具体的な指示もありました。あと、これは他局のスタッフから聞いた話ですが、昨年末放送のバラエティ特番に『海月姫』のプロモーションで彼女が出演した際は、『能年の意味不明なトークに周囲が置いてけぼりになる展開が欲しい』という注文があったと。番組スタッフは、共演者との調整に苦労したと言っていました」

もっとも、番組制作スタッフによる能年本人への評価は上々だという。

「彼女はとても礼儀正しいですよ。番組ADにもしっかり挨拶をしますし、収録が押しても嫌な顔一つしない。それだけに、本番でオドオドされるのは、本人も周りの期待を意識しているからだろうと思います」

能年といえば、読者モデル時代に撮影された「ギャル風」の口調で話す映像が動画サイトにアップされ、「今と全然キャラクターが違う」とネット上で話題になったことがある。…

現在の天然ボケキャラへは、どのように「移行」したのか。能年をデビュー時からチェックしている芸能ライターによれば、
「彼女は13歳で、ローティーン向けファッション誌『ニコラ』の読者モデルとしてデビューしたのですが、中学時代は現在では想像がつかないほどふっくらしていて、もっとズケズケと話す子でした。『不思議キャラ』になったのは16歳ぐらいからですね。意味不明な絵を描いてブログに掲載するなど、ファンの間でも彼女の『不思議ちゃん』ぶりが話題になっていました」
(アサヒ芸能より引用)
 
先日放送された番組で、「バラエティ番組では周りのスピードについていけず、慌ててしまう」と悩みを吐露していたという能年さん。
彼女はむしろ、徹底した「キャラ作り」に熱心な周囲の関係者に振り回されているのかも…。

今年はバラエティを卒業し、映画やドラマの「キャラ作り」に取り組み、代表作を作り出してほしいですね。

◆今日のアクセス上位記事
SMAPが嵐と共演しない理由、それは“踊れない”から!飯島派に、踊れる子は預けられない…。
「私の娘が(会社を)継いで何がおかしいの」メリー喜多川が、文春取材で明言!
あの人気女優や大物作曲家も! たけしの逆鱗に触れた有名人たち。
「花持ってきた」はウソ…極楽・山本、“欽ちゃんネタ”で復帰絶望!
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


↓買ってはいけないベストセラー商品
MONODAS 2014 完全保存版 (100%ムックシリーズ)/晋遊舎(単行本・ムック)

MONODAS 2014 完全保存版

アッコ激怒!復帰の舞台を間違えた、矢口真里。『アッコ〜』でなくて、なぜライバル局『ミヤネ屋』なの?

『今年は、ゆっくりと一歩一歩前に、全力で頑張っていきたいと思います』

32歳の誕生日にブログを更新した矢口真里さん。ブログのコメント欄にはファンからの温かい応援メッセージが届いていますが
ネット上では今回の矢口さんのブログに対して「人気商売て事忘れんなよ」「今さら矢口を見ても嫌な気分にしかならない」と冷めた意見が多いようです。

相変わらず前途多難な雰囲気から抜けきれない矢口さん。そもそも復帰の仕方に問題があったようで、アッコさんも”おかんむり?”だとか…。

↓コンビ復活!?もあったが…
矢口真里/辻希美/アロハロ! 矢口真里・辻希美

矢口真里/辻希美/アロハロ! 矢口真里・辻希美

(関連商品)

(以下引用)
「彼女はアッコファミリーで、活動休止中は和田アキ子も擁護する発言をしてましたが、復帰の場に選んだのは『ミヤネ屋』(日本テレビ)。しかも、和田にそのことを伝えずに出演したそうで、怒りを買ってしまった」(業界関係者)

準レギュラーを務めた『アッコにおまかせ!』で復帰するのが恩返しというものだろうが、彼女が選んだのはライバル局の『情報ライブ ミヤネ屋』。

和田は当時「今のところは全く話したくないです」と突き放す発言をしている。
すると、暗黙の了解で他の芸能人たちも擁護出来なくなるという悪循環に陥ってしまったのだ。
(探偵ファイルより引用)

↓やっぱり”脱ぐ”しかない?
ラブハロ!矢口真里写真集

ラブハロ!矢口真里写真集

(関連商品)

和田さんは可愛がっているあびる優を『アッコにおまかせ!』で復帰させ、その後も良好な関係を続けています。
矢口さんもそうなっておかしくない存在でしたが、現状は難しいようですね。

◆関連記事
まつ毛エクステ、母親と添い寝…中村昌也のあきれた告白に「矢口真里に同情」の声。

◆今日のアクセス上位記事
SMAPが嵐と共演しない理由、それは“踊れない”から!飯島派に、踊れる子は預けられない…。
「私の娘が(会社を)継いで何がおかしいの」メリー喜多川が、文春取材で明言!
あの人気女優や大物作曲家も! たけしの逆鱗に触れた有名人たち。
「花持ってきた」はウソ…極楽・山本、“欽ちゃんネタ”で復帰絶望!
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


↓買ってはいけないベストセラー商品
MONODAS 2014 完全保存版 (100%ムックシリーズ)/晋遊舎(単行本・ムック)

MONODAS 2014 完全保存版
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。