中居正広、塩谷瞬よりヒドイ過去!2股交際は当たり前、中絶強要も - アイドル 芸能 見張り隊

中居正広、塩谷瞬よりヒドイ過去!2股交際は当たり前、中絶強要も

俳優・塩谷瞬の二股交際騒動について
あろうことか、SMAPの中居正広が
「キンスマスペシャル」で擁護していましたね。

ムリもありません。なんと中居には過去に
塩谷よりもよほどヒドイことをしているし
当たり前のように二股をかけていたんですね。

これじゃあ、中居に塩谷を罵倒する権利なんかありませんね。

↓確信犯では?
☆DVD/邦画/模倣犯
☆DVD/邦画/模倣犯

(以下引用)

その発端は今から10年以上前、2004年に休刊した月刊誌「噂の眞相」が報じたスクープだった。

「中居が交際していた女性の妊娠が発覚。すると中居は中絶を強要したため、女性が中絶同意書や中居との会話のやりとりを同誌に“告発”した。あろうことか、中居は途中から自分は直接女性と会話せず、代理人としてチーフマネジャーのI女史に女性との“交渉”を一任。この件を後追いしたのは東京スポーツぐらいで、ジャニーズべったりのスポーツ紙や各テレビ局の情報番組は一切触れなかったので、広く知れわたることはなかった」(同)

かつて関係を持った女性たちから「避妊しなかった」と暴露されている塩谷だが、まだ中居のような“中絶強要”話は出てきておらず、この時点で中居が塩谷を責めることはできないはず。さらに中居には、二股交際がささやかれたこともあった。

「ここ最近の中居の女性スキャンダルといえば、昨年12月にデキ婚を発表した歌手・倖田來未との交際。ゴールイン目前といわれた時期もありながら破局してしまったが、実は、倖田と同時に、かつて写真誌で交際を報じられた地方出身のフリーターの女性とも交際を続けていたようだ。おまけに、双方にバレないように、自宅マンションのほか、倖田とその女性とそれぞれとの密会用にマンションを借りていたというから“確信犯”。

塩谷は冨永にはプロポーズしたようだが、一方の園山は『金スマ』ではそのことに一切触れず、“Wプロポーズ”については疑わしいところ。中居のように大手事務所に守られているわけでもない塩谷は、中居に比べれば男としてマシなような気がするが」(女性誌記者)
(日刊サイゾーより引用)

身から出たサビ、とはこのこと。

中居が同類の塩谷を擁護したことで
過去のスキャンダルを蒸し返されるなんて、自業自得ですね。

ぜひ、「キンスマ」で中居VS塩谷の
熱いトークバトルを実現させてほしいものです。

(参考記事:日刊サイゾーより)

【送料無料選択可】塩谷瞬/Vex 塩谷瞬
塩谷瞬/Vex 塩谷瞬

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。