フジテレビがまたも窮地に!視聴率低迷にスポンサーの花王が激怒、バラエティーへの変更申し入れで日曜夜9時ドラマが消滅? - アイドル 芸能 見張り隊

フジテレビがまたも窮地に!視聴率低迷にスポンサーの花王が激怒、バラエティーへの変更申し入れで日曜夜9時ドラマが消滅?

“万年視聴率3位”に転落したフジテレビ。
やることなすことが次々と裏目に出て、スポンサーも呆れてしまっています。

フジがテコ入れの柱の一つとして挙げてきたのが
日曜夜9時のドラマチック・サンデー(以下ドラ・サン)枠だった。
 
だが、1月期クール『dinner.』も上向かないまま。初回が8.8%(関東地区)
2回目で11.2%と10%の大台に乗ったが、この数字では決して成功とはいえない。

これには、単独スポンサーの花王が激怒し
「3月末で打ち切り、4月からバラエティーに変更するように」
とフジに申し入れているそうです。
 
↓夢よもう一度も空しい?
マルモのおきて DVD-BOX(DVD)

マルモのおきて DVD-BOX(DVD)


「ドラ・サンは、一昨年4月期クールの芦田愛菜と鈴木福『マルモのうた』が最終23.9%を達成し、一時は軌道に乗った。だが、昨年4月期クール、オダギリ・ジョーの『家族のうた』は盗作疑惑に加え、3.6%という記録的な低視聴率で全11話が8話に短縮。ほかのシリーズドラマも似たようなもので惨敗でした」(テレビ情報誌記者)

『dinner.』の主役は江口洋介。フジでは大多亮常務のお気に入りであり、親友ともいわれている。『101回目のプロポーズ』以降、『愛という名のもとに』、映画『ヒーローインタビュー』など大多プロデュース作品には数多く出てきた。
 
「あまりにも大多常務の“江口頼み”が多すぎた。しかし失速も目立ち、今回もやはり、という厳しい結果です。バラエティーでも、大多常務が担当である『料理の鉄人』のリメイク『アイアンシェフ』がこけており、常務の立場が危なくなっている」(フジテレビ関係者)

2階級昇進した大多常務だったが、社長の椅子は遠のいた?
(週刊実話より引用)


そういえば、裏で放送のTBS「とんび」も花王が協賛スポンサー。
同時間帯で、2本のスポンサーというのも不思議な話。
どっちがコケてもいいように、テンビンをかけているのでしょうか。

真面目な話、いい加減フジとは手を切るべきでしょうね。
このままだと本当にフジと心中することになりそうです。

◆今日のアクセス上位記事
マツコが峯岸みなみの丸刈り謝罪に激怒!AKB48を「クソアイドル」呼ばわり
【画像】ゴールデンボンバー「樽美酒研二」の素顔がハンパじゃなくイケメン、肉体美はGacktばり!
「ギリギリ難を逃れた!?」“脱税疑惑”のGACKTにお咎めなし!事務所社長が身代わりでパクられる
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

◆今日の売れ筋商品
フカダック ミニセラミック温風ヒーター FH-896P ピンク

フカダック ミニセラミック温風ヒーター FH-896P ピンク


★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。