「手の平返してきた」R-1王者・三浦マイルドがよしもとの豹変に呆れる。 - アイドル 芸能 見張り隊

「手の平返してきた」R-1王者・三浦マイルドがよしもとの豹変に呆れる。

「R-1ぐらんぷり 2013」で優勝した三浦マイルドが
一夜にして、事務所の扱いが変わったとテレビで告白していました。

かつては、所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーから
“戦力外通告”同様の扱いを受けていたのに
あまりの豹変に、本人も戸惑っているようです。

「10thアニバーサリー R-1ぐらんぷり2012」

「10thアニバーサリー R-1ぐらんぷり2012」


芸歴12年の三浦マイルドはこれまで若手芸人専用の劇場『5upよしもと』を中心に活動してきたが、泣かず飛ばずだった。年収30万円だった彼は、伊藤ハムでアルバイトをしながら生活していたようだ。

そんな彼がピン芸コンクール「R-1ぐらんぷり 2013」で優勝すると、翌日からテレビ番組の出演が相次いだ。『笑っていいとも!』や『めちゃ×2イケてるッ!』といった人気番組に次々と登場しており、2月17日には『アッコにおまかせ!』でインタビューを受けた様子が紹介されている。

三浦は「アッコさん、初めまして!」とあいさつすると、髪の薄い頭を向けて「マイルドフラッシュ!」と早速ネタをお見舞い。「すみません」とすぐに詫びていた。そして彼は、今回のR-1で優勝する前と後でよしもとの扱いが豹変したことを語り出した。

よしもとからは「戦力じゃないから、いつ辞めてもいい」とまで言われていたそうだ。つい先日までの状況を振り返る三浦は、「(R-1の)大会が終わったら『やったな〜、おめでとう!』と今までに無い優しい言葉をかけてくれるようになった」と呆れていた。「一瞬で手の平を返すんだ。凄い会社だな」と思ったという。

『いいとも』に出演した三浦は、よしもとの人気芸人・友近と同期だと明かしている。「友近はエリートで僕は雑草みたいなもの」と話す彼にタモリが「頭も雑草みたいだからな」と言い笑いをとったが、イジりやすい三浦マイルドのキャラはバラエティ向きかもしれない。
(TechinsightJapanより引用)

これまで劇場で活動してきた彼が、スギちゃんのように
テレビでブレイクする可能性もありそうですね。

なんといっても、あの”薄い頭”で笑いが取れるのは、強みですね。

マイルドだぜ〜 画像⇒ranking reading ranking

◆関連記事
三浦マイルド、“R-1優勝”批判コメントを一蹴「あれが一発勝負の面白さ」
三浦マイルド、3月に”吉本クビ”が決まっていた!?まさに、起死回生のR-1優勝

◆今日のアクセス上位記事
沢尻エリカ、夫の高城剛と元サヤに!離婚ナシで、芸能界は引退か
西川センセイ加担浮上!ネット詐欺疑惑の過去(東スポ)
18年目の真実!V6の運命を決めたのは坂本じゃなかった!社長直々の相談を受けたのに…
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

◆今日の売れ筋商品
↓冷え対策もオシャレも万全。
コンパクトフードジャケット/Lafuma/ラフマ レディスS〜レディスXL/ベルメゾンネット

コンパクトフードジャケット/Lafuma/ラフマ レディスS〜レディスXL/ベルメゾンネット


★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。