【驚愕】韓国人気グループ『BIGBANG』メンバーの楽曲が「盗作の代表例」として音楽教科書に掲載されていた! - アイドル 芸能 見張り隊

【驚愕】韓国人気グループ『BIGBANG』メンバーの楽曲が「盗作の代表例」として音楽教科書に掲載されていた!

韓国の男性ヴォーカルグループ「BIGBANG」が
思わぬ形で韓国の音楽教科書に紹介されているようです。

とある韓国インターネットユーザーによると
グループのリーダーG-DRAGON(ジヨン)の楽曲が
盗作の代表例として高校2年生の音楽教科書に載っているという。

これには、韓国ネットユーザーもさすがに驚いたようです。

G-Dragon ジードラゴン 1集 Heartbreaker Repackage CD 韓国盤

G-Dragon ジードラゴン 1集 Heartbreaker Repackage CD 韓国盤

 
教科書に掲載されているのは、G-DRAGONの2009年の楽曲『バタフライ(butterfly)』。これが、英国ロックバンド「oasis」の1995年の楽曲『シーズ エレクトリック(She’s Electric )』と比較され、メロディー進行が類似する例として紹介されているのです。

【輸入盤】OASIS オアシス/(WHAT’S THE STORY)MORNING GLORY(CD)

【輸入盤】OASIS オアシス/(WHAT’S THE STORY)MORNING GLORY(CD)


教科書には二曲の楽譜まで掲載され、韓国ネット上では「盗作の代表例」と揶揄されています。実は『バタフライ』は、発売当初からこの問題が指摘されていました。まさかそれが教科書に載ることになるとは、誰も予想していなかったようです。
(ロケットニュース24より引用)

ちなみにこの教科書には、G-DRAGONだけでなく
韓国のバンド「CNBLUE」と歌手「VIBE」の盗作についても
紹介されているとのことです。

音楽に限らず、韓国のパクリ問題は度々取り沙汰されていますが
音楽の教科書に盗作例を載せたのは、よっぽどのこと。

国をあげて、盗作の警告をしていると考えられますが
日本の楽曲についても、例外ではなさそうです。



◆今日のアクセス上位記事
【動画】マツコ・デラックスの若い頃(自称18歳)が猛烈に可愛い!?
「絶対に潰す!」小森サイドの”西川包囲網”、ペニオク詐欺指弾の西川史子に“ネット詐欺疑惑”が浮上した裏事情
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

◆今日の売れ筋商品
↓冷え対策もオシャレも万全。

コンパクトフードジャケット/Lafuma/ラフマ レディスS〜レディスXL/ベルメゾンネット

コンパクトフードジャケット/Lafuma/ラフマ レディスS〜レディスXL/ベルメゾンネット


★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。