<とんび>最終回視聴率20.3%、瞬間最高25.2%の好記録!その裏で別れた娘との再会が… - アイドル 芸能 見張り隊

<とんび>最終回視聴率20.3%、瞬間最高25.2%の好記録!その裏で別れた娘との再会が…

TBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送された
内野聖陽主演のTBS連続ドラマ「とんび」が、有終の美を飾りました。

最終回(第10話)が17日に90分スペシャルで放送され、平均視聴率は20.3%
瞬間最高視聴率は午後10時21分の時点で25.2%という好記録でした。

とんび

とんび

(関連商品)

ドラマは、直木賞作家・重松清の小説が原作。ヒットドラマ「JIN−仁−」のスタッフが再集結したことで話題を呼んだ。内野のほか、女優の常盤貴子が、ドラマ「ロング・ラブレター〜漂流教室〜」(02年・フジテレビ系)以来、11年ぶりに民放の連続ドラマに出演。内野演じるヤスの息子を佐藤健が演じ、吹石一恵、麻生祐未、野村宏伸、加藤貴子、柄本明らも出演した。

平均視聴率は、初回が17.0%で民放の1月期の連続ドラマでトップを獲得。その後、10日放送の第9話で初回を上回る18.3%(それぞれビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録していた。

最終回は、99年の冬が舞台。ヤス(内野)は走っているフォークリフトの積荷の下敷きになりそうになった葛原の嫁(橋本真実)の孫を助けようとして、代わりに下敷きになってしまう。ヤスは救急車で病院に運ばれ、事故の知らせを受けたヤスの息子・旭(佐藤)や、ヤスの姉代わりのたえ子(麻生祐未)は、急いでヤスが搬送された病院へ向かう……という展開だった。
(毎日新聞デジタルより引用)

ドラマの主人公を演じる内野聖陽は、2006年、舞台で共演した一路真輝と結婚。
長女(6)が誕生したが、2011年8月に離婚。

話し合いの結果、長女の親権は一路が持つことになり
以降、内野は娘と会うことはなくなったそうです。

ところが娘が、頻繁に遊びにきているようで
週末に泊まりにくるようになったというのです。

離婚直後は周囲に“顔も見たくない”と語っていた内野のところに
妻の一路が自ら送り迎えまでしているという。
今では、長女の幼稚園の行事に内野が参加することもあるそうだ。

復縁に到るまでは、まだまだ時間がかかるようですが
高視聴率の裏で、こんなほほえましい話があったんですね。

せんせい。 (新潮文庫)/重松清/著(文庫)

せんせい。重松清/著(文庫)

(関連商品)

◆今日のアクセス上位記事
樹木希林、全身がん告白も達観!遺影も準備し葬儀参列者も指定ずみ
辻希美、園児の娘に豚丼弁当(ウインナー入り)→高校生男子みたいな弁当と批判殺到
フジテレビが暴走!「WBC」より「世界フィギュア」を観ればいい!ネットでは「韓国が負けたから」「自局で放送が無いから」と非難
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

◆今日の売れ筋商品
↓フェカリス菌が花粉症に効果!
朝のYoo(伊藤園xチチヤス共同開発) 125ml紙パックx24本

朝のYoo(伊藤園xチチヤス共同開発) 125ml紙パックx24本


★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。