AKB48はなぜ大赤字覚悟で、6月の日産スタジアムでの7万人野外フェスを決行するのか? - アイドル 芸能 見張り隊

AKB48はなぜ大赤字覚悟で、6月の日産スタジアムでの7万人野外フェスを決行するのか?

ここにきて、AKB48の高橋みなみ(21)が、総監督としての力を発揮しています。

6月に日産スタジアム(横浜)でAKB史上最多の7万人の野外フェス開催が決定。
現状に危機感を募らせている、高橋の訴えがあったからだというのです。

So long!(初回限定盤TYPE-K)(DVD付) / AKB48 [DVD付CD]

So long!(初回限定盤TYPE-K)(DVD付) / AKB48 [DVD付CD]

(関連商品)

6月の野外フェスのほか、4月25〜28日には日本武道館でAKB48、SKE48、NMB48、HKT48が、単独およびAKBグループでライブを開催。その公演名が「AKB48グループ臨時総会〜白黒つけようじゃないか!〜」に決定した。

ある芸能プロスタッフが明かす。「昨年、結成当時からの夢だった東京ドーム公演も実現したし、念願だった紅白にも連続出場しているし、グループとしての目標を失ってしまった。だから、AKBだけじゃなく、姉妹グループからも脱退者が続出する事態になっている。そんな状況に高橋は秋元(康)さんと話し合い『グループとして新たな目標がないと、このままではバラバラになってしまう。新たな目標がないとまとめることはできない。早く決めてください』と何度も訴えたそうです」

秋元氏がモチベーションアップのために考えたのが、グループ間で”競争”すること。日本武道館での各グループの単独公演を決定したという。さらに、約7万人を動員する日産スタジアムの野外フェスでは、早くも”}”大赤字”を秋元氏は覚悟しているという。

「東京ドーム公演は大型ビジョンや照明などの演出面から、スタッフの人件費などで約6億円の赤字だった。ドーム以上の規模になる日産スタジアムが黒字になることはまずない。それでも決めたのは高橋の声を聞いて、秋元氏はモチベーションの低下に相当な危機感を感じたからです」(前出の芸能プロスタッフ談)
(東スポより引用)

4月の武道館ライブ、6月の野外フェス。
立て続けに行われる2つのビッグイベントが、思惑通り
グループメンバーの”卒業ブーム”に
歯止めをかけるモチベーションアップにつながるのか…。

AKBにとっては、かってない試練となりますが
これを乗り越えてこそ、アイドルとしてのゆるぎない地位を
確保することができるでしょう。

◆今日のアクセス上位記事
石原さとみが小栗旬と不倫密会!ロケ先のNYのホテルで過激な一夜を
【22万部突破!金子哲雄『僕の死に方』に感動、編集部に手紙1300通届く
【痛快】反日の韓国人と中国人を言い負かした、フランス人が凄い!
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

◆今日の売れ筋商品
↓フェカリス菌が花粉症に効果!
朝のYoo(伊藤園xチチヤス共同開発) 125ml紙パックx24本

朝のYoo(伊藤園xチチヤス共同開発) 125ml紙パックx24本


★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。