【週刊実話スクープ】未婚の母・安藤美姫が狙うのは、ソチ五輪“ペア”出場!モロゾフの助言ということは、やっぱり彼が父親? - アイドル 芸能 見張り隊

【週刊実話スクープ】未婚の母・安藤美姫が狙うのは、ソチ五輪“ペア”出場!モロゾフの助言ということは、やっぱり彼が父親?




とんだ真夏のミステリーに発展している、安藤美姫(25)の出産騒動。

テレビで女の子を出産していたことをカミングアウトしたものの
いまだ、父親については一切語ろうとしませんが
週刊実話によると、ソチ五輪“ペア”出場を狙っているというのです。

空に向かって (扶桑社文庫)/安藤美姫/著(文庫)

空に向かって (扶桑社文庫)/安藤美姫/著(文庫)

(関連商品)

 
元専属コーチで恋人、一時は同棲していたニコライ・モロゾフ氏(37)が本命視されるものの、「出産の事実も知らないし、自分が父親ではない」と断言。現在、新横浜で安藤と一緒に住んでいるとされるイケメンスケーターの南里康晴(27)も「父親は僕じゃない。一緒のマンションに住んではいるが、同棲もしていなければ、つきあってもいない」と否定し、父親の存在を隠ぺいするために安藤に利用された、といわんばかりの意外な展開を見せているのだ。

「おかげでフィギュア関係者は大混乱している」と話すのは、全国紙体協担当記者。
 
「日本スケート連盟としては、本当の父親が誰であろうと、ひとまず南里との間にできた子という疑いが残ったままで幕引きを図りたかったのですが、南里が途中でぶち切れてしまった。本人は安藤とはジュニア時代からの親友同士であり、あくまで善意でダミーの父親疑惑を演じていたのでしょうが、やれスケートでは食っていけず、居酒屋でアルバイトしているが、年収はたった100万円だの、安藤の母親が(定職がなく)結婚に反対している、だのと報じられ、ブチ切れてしまったのです。おかげで連盟内は真の父親探しで大混乱したのです」

本命、対抗が否定したことで、「父親探し」が始まったのだ。かつての安藤のコーチの中には日本人コーチもおり、また先輩スケーターが妊娠にかかわっていれば、セクハラ、パワハラといったスキャンダルに発展しかねない。文科省の目もあり、DNA鑑定も視野に入れて事実解明に乗り出しているのだという。

もっとも、安藤出産の事実は、同連盟会長の橋本聖子氏(参院議員)だけには知らされていたというが、その橋本氏が“ママ美姫問題”以上に頭を痛めているのが、来年2月のソチ五輪(ロシア)から採用される団体戦の出場問題だ。
 
フィギュア王国の日本はすでに男女シングルでの出場枠(各3)を獲得しているが、カップル種目のペアとアイスダンスの枠は得ていない。このままでは男女ともダントツの選手層を有しながら、男女シングルとカップル種目の総合得点で競う団体戦は「不戦敗」となる。

ラストチャンスは9月のネーベルホルン杯(ドイツ)。この大会で日本がペアもしくはアイスダンスで出場枠を獲得できさえすれば、最終便で団体戦出場に滑り込める。そこでにわかに浮上してきたのが、安藤のペア転向なのだ。
「元世界女王の実力からすれば、選手層が劣るペア、それも敗者復活戦的なメンバー構成の大会なら出場枠の獲得は可能でしょう。日本は4月の国別対抗戦(東京)では男女シングルだけ出場し(五輪とは違いカップル欠場でも可)、2連覇こそ逃したものの、3位に入った。ソチ五輪でも団体戦に出場さえできればメダル獲得は確実。それだけに戦力外だった元女王のペア転向に期待感を寄せているのです」(スポーツライター)

女子シングル代表の3枠は浅田真央(22)、村上佳菜子(18)、鈴木明子(28)で盤石。安藤のブランクと日本フィギュアの置かれた状況を考えれば、すべてに合点がいく。
 
安藤も「ソチ五輪出場」を目標に掲げてはいるが、「シングル」とは一言も言っていない。「シングルは私生活だけで、五輪は“ペア”で臨むのが秘策です。ここにきて精力的にアイスショーに出ているのも、9月のネーベルホルン杯を視野に入れているからに他ならない」(スケート連盟関係者)

パートナーはフジテレビの大島由香里アナ(29)と熱愛が明らかになった小塚崇彦(24)が有力視される。小塚もシングルでの出場を目指すが、出場枠は3。高橋大輔(27)と羽生結弦(18)が当確で、小塚は織田信也(26)、無良崇人(22)と残り1を争う。
 
「万が一、小塚が“落選”した場合、安藤とのペアで救済するプランを温めている。最終結論は12月の全日本選手権。まずは“出場枠獲得”を目指すことが最優先されるネーベルホルン杯での安藤のパートナーは、木原龍一などペアのスペシャリストが予想されます」(スポーツ紙デスク)

連盟首脳にとってもこのプランは渡りに船。絶望的だった団体戦出場が可能になるばかりでなく、難題が一つ解消されるからだ。
 
「小塚家は3代にわたって日本フィギュア界を牽引してきた名門で祖父の光彦氏は名古屋フィギュア界のドン的存在です。その意味でも小塚の選考漏れは絶対に許されない。代表枠が増えれば、そのプレッシャーから解放されるわけで、まさに安藤様さまなのです」(フィギュア関係者)

実は、ペア転向を助言したのはモロゾフ氏という説もある。彼はカップル(アイスダンス)のスペシャリストでベラルーシ代表としてタチアナ・ナフカと組み長野五輪に出場。シングルでは出ていない。

「安藤が五輪に復活するには、体力的にもこちらの方が手っ取り早い。モロゾフ氏もそうアドバイスしているようです。安藤が専属コーチを決めていないのは、水面下でモロゾフ氏が愛の手を差し伸べているからという情報も囁かれている」(前出・フィギュア関係者)
(週刊実話より引用)

それが事実だとすると、やはり父親はモロゾフ氏ということ?
愛娘・ひまわりちゃんのためにも、ここは頑張りどころですね。

◆関連記事◆
『報ステ』なら高額予算が…安藤美姫の”極秘出産”告白インタビューに、ギャラ500万円!
「美姫の娘はモロゾフの子」週刊現代の断定報道の波紋!妊娠は2度目、出産に踏み切ったのは過去にモロゾフの子供を中絶していた…
安藤美姫、”不倫出産”だった!第3の男”としてイベント関連会社の50代重役が浮上
モロゾフコーチの女性遍歴すげぇ…! 美姫の愛娘パパに50代男性浮上と東スポ

◆◆夏のおすすめ商品◆◆
↓さらさらの感触が涼しいステテコパンツ
【The Funny Company】feat.木下優樹菜♪ミニドット柄レディース リラックスステテコパンツ

【The Funny Company】ミニドット柄レディース リラックスステテコパンツ


◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
関東連合と決別の元幹部が事件の真実を告白!「広末涼子が関東連合OBの前で醜態をさらした噂はウソ」「海老蔵泣いて土下座」
「進藤先生不在の『救命病棟24時』なんて!」江口洋介突然の降板に、視聴者の不満が爆発
これまでのジブリ映画とは違う「子供向け」「万人向け」ではない?業界人は絶賛も、一般の人は賛否両論、宮崎駿監督最新作『風立ちぬ』
「進藤先生不在の『救命病棟24時』なんて!」江口洋介突然の降板に、視聴者の不満が爆発
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。