大塚範一アナの直前降板が痛手か?フジ系「アゲるテレビ」視聴率が上がらず、9月で打ち切り!「知りたがり!」に続き、わずか半年で打ち切りは異例 - アイドル 芸能 見張り隊

大塚範一アナの直前降板が痛手か?フジ系「アゲるテレビ」視聴率が上がらず、9月で打ち切り!「知りたがり!」に続き、わずか半年で打ち切りは異例

今年4月にスタートしたフジテレビ系情報番組「アゲるテレビ」が
9月いっぱいで終了することが一部スポーツ紙で報じられています。

情報番組が放送開始からわずか半年で打ち切りとなるのは、異例のこと。
後任番組は、ドラマの再放送枠となるようです。

女子アナスキャンダル調書/女子アナ研究会

女子アナスキャンダル調書/女子アナ研究会

(関連商品)

同番組は前番組「知りたがり!」が低視聴率で打ち切りになったのを受け、今年4月にスタート。ところが、元日本テレビでフリーの西尾由佳理アナと司会をつとめるはずだったフリーの大塚範一アナが番組開始直前の今年3月に受診した定期検査で、白血病の再発が判明し、再び治療に専念することになり、これまで出演していない。

「大塚アナならば、『知りたがり!』で離れた主婦層の視聴者も戻って来たかもしれないが、表情に乏しく、あくまでも事務的に淡々と仕事をこなし、やる気のなさが伝わってくる西尾アナでは主婦層にウケなかった」(フジテレビ関係者)

初回の視聴率は2.1%(第1部)・1.9%(第2部)で、開始1週目から1%台を複数日記録。

ネット上では「サゲるテレビ」などと揶揄され、同局の4月度定例会見で豊田皓社長(当時)は「新しいので定着するのに少し時間がかかる」と分析し、5月度定例会見では「重点的にテコ入れをしていきたい」とし、同年6月10日から同局の軽部真一アナの投入などの大幅リニューアルを敢行。

しかし、リニューアル後も平均視聴率は2%台に低迷したままでテコ入れ効果なし。

7月度定例会見において、亀山千広社長は苦戦している現状を認め、「一進一退。一生懸命、鉱脈を探しているところ」と語っていたが、情報番組としては異例の放送開始からわずか半年で打ち切りが決定したようで、後任番組は、ドラマの再放送枠となるとみられるという。
(リアルライブより引用)

「知りたがり!」に起用された元NHKでフリーの住吉美紀アナは
今やすっかり表舞台から消え、西尾アナも今後はオファーが激減しそう。

フジが気合いを入れた枠だった割には“
女子アナの墓場”となってしまっている。

オファーを受けた西尾アナにとっては
かなりの誤算となってしまったようですね。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
ビグダディに隠し子発覚!”夏の魔物”で親子タッグを結成しプロレスデビュー
上戸彩 「半沢直樹」で小物扱い! HIROとは”セックスレス”でブチ切れ寸前倍返し?。
元オセロ中島知子とビッグマミィ美奈子が競艶「ヌード映画」極秘情報!
45億円以上!草刈民代のご実家は、漫画「ONE-PIECE」で大儲け
「だんだん好きに」…高橋真麻アナ “ズブ濡れど根性”花火中継で人気沸騰!
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。