アンナ舞台スタッフが仰天証言!高橋氏は本を読んでいない、「(濱田さんは)余命いくばくもない」と暴言 - アイドル 芸能 見張り隊

アンナ舞台スタッフが仰天証言!高橋氏は本を読んでいない、「(濱田さんは)余命いくばくもない」と暴言

土屋アンナ(29)の舞台中止騒動が、思わぬ展開を見せています。

監督の甲斐智陽こと高橋茂氏の連絡役を担っていた元スタッフが
高橋氏の言動を非難するなど、騒動の真相をスポニチ本紙に激白しています。

舞台の原案となった車いすシンガー濱田朝美さん(31)の著書やCDを
「監督は読んでいないし、聴いていないはず」と証言。
チケットノルマの実態も明らかにしています。

高橋氏は「本は10回も20回も読んだ」と反論しているのですが…。

生涯〜たった一つの母との約束〜 / 濱田朝美 [CD-Single]

生涯〜たった一つの母との約束〜 / 濱田朝美 [CD-Single]

(関連商品)

証言したのは、5月上旬から舞台のスタッフだった女性。前任者が突然辞めたため、その代わりに入ったものの「監督(高橋氏)の言動についていけなくなった」ため、6月中旬にスタッフを辞めている。

高橋氏に対しては「当初から疑念を持った」という。その理由を「監督は濱田さんの本を読んでいないと思う。前任者からはそう聞いていました。彼女のCDも聴いていないはずです。というのも“こんなの読まなくていいよ。(CDも)どうせ何言ってんのか分かんないんだから”と言っていたんです」と告白した。さらに高橋氏は「濱田じゃなくても、他に同じようなのがいっぱいいるからいいんだよ」とも言っていたそうで、障害者に対するこういった言動から「信頼できない」と思ったという。

最初に驚いたのが、5月8日ごろ。高橋氏が舞台のPRライブ(7月16日開催)に「濱田さんを呼ぶ」と言いだした時。もともと高橋氏からは「濱田さんは余命いくばくもない。年内持つかどうか」と聞いていたからだ。これには土屋側も驚き「どうして来られるの?」と女性に尋ねてきた。そのことを高橋氏に伝えると「なんでうまいこと説明しないんだよ!と怒られた」という。

女性は、一部出演者に課せられたチケット販売(1枚7000円と8000円)のノルマに関しても新事実を明らかに。本紙で「ノルマは多い人で100枚」と報じたことについて「少なくて100枚。200〜300枚の人もいる」と証言。1枚売れた場合1000円のバックがあったが、これが適用されるのは101枚目以降の売り上げのみだったという。

また、既に配役が決まっていた6月にオーディションを開いていたそうで「もう枠がないのに、なぜ開いたのか。土屋さんと共演できると思って受けに来る人がいて、その方たちにチケットノルマの話をする。皆さん、土屋さんと共演するチャンスですから必死です。その気持ちにつけ込むのはどうかと思った」と話した。

渦中の高橋氏は“側近”だったスタッフの爆弾証言について、スポニチ本紙の取材に応じ「本は10回も20回も読んだ。CDも家にあるし、何度も聴いた」と否定した。

ただ、著書を読んだ上で実際に台本に使ったのは「“お母さんががんで亡くなり、東京に出て来た”という部分くらい」と説明した。その濱田さんについて「余命いくばくもない」と説明をしていたことについては「出版社の人間が俺にそう言ってたからだ。元気でよかったじゃないですか」とした。
(スポニチアネックスより引用)

高橋氏が昨年9月に手掛けた舞台で主演した安田美沙子(31)は
4日、TBS「アッコにおまかせ!」に生出演。

高橋氏とは「演出で何度も話し合ったことがあった。何もなかったと言ったらウソになる」
と疑問を抱いた時があったことを明かしていました。

舞台関係者の評判も良くないようで
一部キャストが降りたいと言いだすトラブルがあったとか。

どうやら、高橋氏は”トラブルメーカー”として有名のようですね。

幻となった舞台チラシ 画像@⇒ ranking
幻となった舞台チラシ 画像A⇒ reading
幻となった舞台チラシ 画像B⇒ ranking

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
AKB48峯岸みなみに、人気モデルが「ブス」発言!
<絶望大王>タモリの凄さを読み解く『タモリ論』がベストセラーに!
45億円以上!草刈民代のご実家は、漫画「ONE-PIECE」で大儲け
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。