改名危機?加護亜依が唐突に復帰宣言するも、”加護亜依”の名前が使えないワケ!? - アイドル 芸能 見張り隊

改名危機?加護亜依が唐突に復帰宣言するも、”加護亜依”の名前が使えないワケ!?

元「モーニング娘。」の加護亜依(25)が15日、自身のブログで新事務所「威風飄々(いふうひょうひょう)」を立ち上げ、芸能界復帰の意向があることを発表しました。

しかし、おいそれと芸能活動ができないようです。なんでも、「元モー娘の加護亜依」という看板が、現状では使用できないというのです。

↓やっぱり、脱ぐしか?
加護亜依 vs. FRIDAY 【DVD】

加護亜依 vs. FRIDAY 【DVD】

(関連商品)

加護は前事務所「メインストリーム」からの独立騒動を起こし、開店休業状態となっていたところで妊娠が発覚。このところすっかり表舞台から姿を消していた。そんな状況下で突然の復帰宣言。

加護はブログで「温かく見守ってくださいね!」とお願いしたが「そううまくいくはずがない」とはある胡散臭いテレビ局関係者だ。

というのも「確かに前事務所とのマネジメント契約は終了した。ただ『加護亜依』という名前の商標登録は、まだ前事務所に権利があるんです。確か2020年までその権利は有効と聞いています」(関係者談)。

現状では、「元モー娘の加護亜依」という本人にとって唯一の“金看板”を掲げることができないのだという。

前回,独立騒動の最中、前事務所の許可も取らずに加護を起用したテレビ局は「メインストリーム」側と民事で争うことになり、結果、和解金を払うことになった。「およそ50万円を事務所に支払ったと聞いている」(別のテレビ局プロデューサー談)

いまだ前事務所との遺恨が残っている加護を積極的に起用する局はないだろう。そんな中で前出のプロデューサーは”起死回生の策”として「解明するしかない」とアドバイスしたというのだ。
(東スポより引用)

芸能人の改名といえば、1992年の「加勢大周騒動」が思い起こされますね。

2人の加勢大周が同時に存在した時期もあったが裁判の末、「新加勢大周」というタレントが生まれた。
その後「新加勢大周」は、坂本一生(42)と名前を改めたが、いまは探偵業がメーンで、主だった芸能活動はしていないという。

果たしてママさんタレントになった、新・加護の復帰はできるのでしょうか?

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
やっぱり番宣だった!「週刊女性」によるAKBとジャニーズのスクープ結婚報道!
タモリはフジにハメられた!? 「笑っていいとも!」打ち切り決定、後任は中居で決まり!
「もうやめられない」酒井法子が“20分100万円”のパチンコ営業で荒稼ぎ!!
松嶋尚美も藤本美貴も悩む、1歳児の息子の夜泣き!ブログにはアドバイスが続々。
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。