<半沢直樹・東京編>「(原作より)もっと強い悪が必要だ」堺雅人のアイデアで、亡き父の敵役に香川照之を起用! - アイドル 芸能 見張り隊

<半沢直樹・東京編>「(原作より)もっと強い悪が必要だ」堺雅人のアイデアで、亡き父の敵役に香川照之を起用!

俳優の堺雅人さんが型破りの銀行マン役で主演を務め、右肩上がりの高視聴率を連発しているドラマ「半沢直樹」(TBS系)。

25日から始まる東京編では、第5話最後で父の敵だったことが明らかになった香川照之さん演じる大和田常務、出向していた大阪国税局から金融庁に戻ってきた片岡愛之助さん演じる黒崎と、今まで以上に強力な敵が立ちはだかることになります。

↓半沢直樹シリーズ第三作
ロスジェネの逆襲/池井戸潤

ロスジェネの逆襲/池井戸潤

(関連商品)

同ドラマの伊與田英徳プロデューサーによると、大和田が敵役となった経緯について、「堺さんサイドから出てきたアイデアだった」という。

伊與田プロデューサーは、堺さんと半沢のキャラクター作りについて何度も相談を重ね、堺さんは役を演じきるために、なぜ半沢がそこまで悪を憎むのか、悪に立ち向かうのかという理由を明確にしたいとアイデアのひとつとして「もっと強い悪が必要だ」と提案したという。
「そういう設定が一つあると、半沢という役の軸足が固まるかもしれない。“絶対的主役”として、堺さんが半沢直樹を演じきるために、大和田は“父親の敵”になった」と伊與田プロデューサーは語り「大和田という役も、香川さんがさらに理詰めでバチッと決める鋭い悪役を演じてくれている。半沢との対決は見応え十分です」と自信を見せている。

また現場での堺さんについて、伊與田プロデューサーはいつもは物腰の柔らかい、笑顔のイメージの堺さんが「半沢直樹という役を演じきっている」といい、「堺さんを半沢さんと呼びたいくらい。キッとにらまれると、何か悪いことをした? 怒られるんじゃないかと思う」というほど役にのめり込んでいるという。
撮影では、リハーサルが長いのが特徴的だといい、「リハ−サルで監督が役者を信じて芝居の部分をしっかりとやって、役者の方々が芝居を作り込む。だから本番を撮り始めると早いんです」と現場の様子を語っている。
(まんたんウェブより引用)

大阪で回収不能と思われた5億の不良債権を回収した半沢が、今度はその24倍となる120億を回収できるのか、興味津々ですね。

登場人物も一新され、伊勢島ホテルの社長・湯浅威を演じるのは、落語家の笑福亭鶴瓶さんの長男で俳優の駿河太郎さん、同ホテル専務は、原作では男性だが、ドラマでは女優の倍賞美津子さんが演じるそうです。

新キャラクターと半沢の掛け合いにも注目したいところです。
   
◆関連記事◆
バブル世代の星「半沢直樹」後半を“10倍返し”で楽しむ方法!
堺雅人『半沢』好演生んだ“波乱の倍返し半生” 官僚目指すも、演劇の世界に没頭し早稲田中退、勘当同然、極貧生活…
菅野美穂に、おめでた情報!ドラマ「半沢直樹」に1回限りのゲスト出演話も浮上
「半沢直樹」なぜ主題歌がないのか?大ヒットドラマには付き物なのに
名前ドラマはヒットする? 「半沢直樹」人気の理由と次回作への期待!
大ヒット「半沢直樹」を生かせないTBSの大失態!放送回数延長を堺雅人に断られ、18日は世界陸上でお休みのお粗末ぶり

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
週刊女性スクープ記者、「“盛って”話してしまった!」“超人気アイドル結婚”の掲載を見送った驚愕の真相!?
「病気は殆ど完治」「新曲作ってる」タレントNAOMI、チャゲアスASKAの近況綴る!
ネタじゃなかった!北陽・虻ちゃんの離婚が秒読み!非モテ女子の夢が破れた?
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。