「創造の10年」終わった!宮崎駿監督、引退を表明、アニメ「風立ちぬ」を最後に - アイドル 芸能 見張り隊

「創造の10年」終わった!宮崎駿監督、引退を表明、アニメ「風立ちぬ」を最後に

スタジオジブリの宮崎駿監督が、長編映画の製作から引退することが分かった。
同社の星野康二社長が、開催中の「第70回ベネチア国際映画祭」の会見で明かしています。

「風の谷のナウシカ」「千と千尋の神隠し」など数々の人気アニメを手がけるなど、半世紀にわたってアニメに携わり、監督としても約40年活動してきましたが、現在公開中の「風立ちぬ」が長編映画として最後の作品となるようです。

スタジオジブリ 『風の谷のナウシカ』 宮崎駿 監督作品DVD VWDZ-8006 

スタジオジブリ 『風の谷のナウシカ』 宮崎駿 監督作品DVD VWDZ-8006 

(関連商品)

宮崎監督は、1941年生まれ。63年にアニメ制作会社の東映動画に入社。間もなく頭角を現し、高畑勲さんらと「太陽の王子 ホルスの大冒険」(68年)などを手がけた。その後、いくつかの制作会社を経て「アルプスの少女ハイジ」(74年)、「未来少年コナン」(78年)などに携わり、「ルパン三世 カリオストロの城」(79年)で初めて劇場版アニメの監督を務めた。「風の谷のナウシカ」(84年)でアニメ作家として広く知られるようになり、85年にスタジオジブリを設立。「天空の城ラピュタ」(86年)、「となりのトトロ」(88年)、「もののけ姫」(97年)など数々のヒット作を手がけ、2001年の「千と千尋の神隠し」は、アカデミー賞の長編アニメ賞やベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞など数々の賞を受け、興行収入も国内歴代最高の304億円を記録した。

「崖の上のポニョ」(08年)以来5年ぶりの監督作品となった「風立ちぬ」は、実在のゼロ戦の設計者、堀越二郎の生涯と、堀辰雄の小説「風立ちぬ」をイメージした作品。公開から6週連続で観客動員ランキング首位を獲得しており、37日間の累計で動員640万人、興行収入80億円を突破している。宮崎監督は、初めて自分の映画で涙を流したことを告白。鈴木敏夫プロデューサーも同作品を「宮崎監督の遺言」と発言するなど話題を集めていた。
(毎日新聞デジタルより引用)

スタジオジブリ宮崎駿監督作品 『となりのトトロ』ジブリDVD   VWDZ-8002

スタジオジブリ宮崎駿監督作品 『となりのトトロ』ジブリDVD   VWDZ-8002

(関連商品)

引退理由は明らかにしていませんが、『風立ちぬ』の中でクリエイティブ(創造的)な期間は10年しか続かないという意味のせりふがあります。
宮崎さんは『自分の10年はとっくに終わっている』と、引退を決意したようですね。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
「あまちゃん」次週予告でネット騒然! 震災描写に「ちゃんと見れるか自信ない」という声も
じぇじぇじぇ!「ユイが行方不明に!?」ついに東日本大震災が描かれる『あまちゃん』、結末は……
「あまちゃん」でブレイクの有村架純、”キス写真流出”はヤラセ!売名目的の内部リークだった!?
藤圭子さん、転落死の謎!なぜ警察は司法解剖も行政解剖もせず、自殺と断定したのか?藤さんの実兄との遺体確認拒否の裏で、警察の内部事情が明らかに。
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。