キムタクの新ドラマにテコ入れラッシュ!「半沢直樹」のおかげで番宣タダ働き必至、新たに発表された共演者で話題なのは大島優子だけ…視聴率次第では大物ゲスト、脚本変更も - アイドル 芸能 見張り隊

キムタクの新ドラマにテコ入れラッシュ!「半沢直樹」のおかげで番宣タダ働き必至、新たに発表された共演者で話題なのは大島優子だけ…視聴率次第では大物ゲスト、脚本変更も

1日放送の第7話でついに視聴率30%台を記録したTBS系ドラマ「半沢直樹」。

いまや社会現象にもなった同ドラマが高視聴率をマークすればするほどプレッシャーに押し潰れそうになっているのが、後枠のSMAP木村拓哉主演「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?」のスタッフ陣だという。

水面下ではジャニーズ事務所とTBSによる熾烈な”せめぎあい”が繰り広げられており、スタッフ陣はいつ無理難題を押し付けられてもおかしくない状況に戦々恐々としているというのです。

【DVD】GOOD LUCK!!(1)/木村拓哉 キムラ タクヤ

【DVD】GOOD LUCK!!(1)/木村拓哉 キムラ タクヤ

(関連商品)

キムタクには”大失態の前科”がある。同じ日曜9時枠で2011年10月期にTBS開局60周年記念番組として放送された主演ドラマ「南極大陸」の不振だ。

名のある役者陣を集め、ヒロイン役にはキムタクご指名の綾瀬はるかを起用するなど一話の制作費に1億円も掛けたのに、視聴率で20%を超えたのは初回と最終回のみ。全10話の平均も18・0%にとどまった。そればかりか天下の朝日新聞記者にも「キムタクのPRみたい」と酷評された。

「木村拓哉×柴咲コウで視聴率37・6%を記録した『GOOD LUCK!!』以来、10年ぶりの再共演が実現した」の”煽り文句”で宣伝されている「安堂ロイド――」もしかり。100年先の末来から現代にやってきたキムタク演じる安堂ロイドと、柴咲コウ演じるヒロイン・安堂麻陽の時空を超越したラブストーリーだが、ネットではハリウッド映画「ターミネーター2」の「パクリ」と揶揄されている。

そんななか、2日にその他の共演者が発表された。キムタクの妹役に大島優子(AKB48)、そして桐谷健太、本田翼、山口紗弥加、ジェシー(ジャニーズJr.)、山本美月、平岡雄太、名取裕子、遠藤憲一ら。

「はっきり言って、柴咲と大島以外は話題性に乏しいですよね。『半沢直樹』と視聴率を比較されることは分かりきっていることですから、大物ゲストの出演を要求したり、脚本にも注文をつけてくるでしょう。そうなれば、大物ゲストの出演料を制作費に上乗せしなければならず、スタッフも頭が痛いでしょうね」(事情通談)

TBSとしては今後の関係を良好に保つためにある程度、ジャニーズの要求に従うことになりそうだが、言いなりになる気もない。「当然、ジャニーズサイドは番組宣伝にも力を入れろと言ってきますので、TBSも『南極大陸』以上にキムタクをあちこちの番組に出演させるつもりですよ。もちろん、PRですからタダ同然の金額でね」(前出の事情通談)
(東スポより引用)

PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜DVD-BOX / 木村拓哉 [DVD]

PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜DVD-BOX / 木村拓哉 [DVD]

(関連商品)

「何をやっても、キムタク」と揶揄される、大根役者ぶり。
しかも、視聴率20%超えが命題となれば、肩の荷も重い。

「半沢直樹」超えなど到底無理そうな状況でのタダ働き…。
何だかキムタクがかわいそうに思えてきますね。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
掟破りの自宅襲撃にマー君激怒!出版社が出入り禁止に
「セリフ棒読み」MAKIDAIドラマが、視聴率でジャニーズ超え!?
「創造の10年」終わった!宮崎駿監督、引退を表明、アニメ「風立ちぬ」を最後に
「あまちゃん」次週予告でネット騒然! 震災描写に「ちゃんと見れるか自信ない」という声も
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。