小説家の中村うさぎさんが病状急変で一時心肺停止、現在はICUで治療中。ギランバレー症候群の疑いが… - アイドル 芸能 見張り隊

小説家の中村うさぎさんが病状急変で一時心肺停止、現在はICUで治療中。ギランバレー症候群の疑いが…

小説家の中村うさぎさん(55)が現在、集中治療室(ICU)で治療中であることが分かりました。
中村さんの知人で、タカナシクリニックの院長・高梨真教氏がブログで明かしています。
中村さんは、手の震えなどを訴え8月頃から入院していたようです。

うさぎの行きあたりばったり人生/中村うさぎ

うさぎの行きあたりばったり人生/中村うさぎ

(関連商品)

高梨氏が17日に更新したブログによると中村は15日午後に病状が急変し、数分間の心停止と呼吸停止を起こしたという。
幸い救急蘇生により心拍は戻ったが、現在は大学病院のICUに入室している。

高梨氏によると、当初は運動神経の障害から四肢に力の入らなくなる「ギランバレー症候群」が疑われていたが、いまだ明確な診断には至っていない。高梨氏は「回復に向かってくれる事を周囲の人間も含め、願っている次第です。
仕事関係の方々や、出版関係の方々、一般視聴者、読者の方々には、大変ご心配をおかけしていますが、
現在の知りうる限りの近況報告です」とつづっている。
(スポニチより引用)

【送料無料選択可】うさぎとマツコの往復書簡/中村うさぎ/著 マツコ・デラックス/著(単行本・ムック)

うさぎとマツコの往復書簡/中村うさぎ/著 マツコ・デラックス

(関連商品)

ギランバレーって大原麗子さんも患ってましたね。
この病気。 実は最近非常に多くなってきている「感染症」の一つだそうです。

約3分の2の人が、発病の1-2週前に風邪をひいたり下痢をしたりしています。手足のマヒの程度は発病してから1-2週以内にもっともひどくなり、重症の場合には呼吸もできなくなるのだそうです。

風邪くらいで、なんて油断してたら大変なことになりそう。
日頃から、体調には気を配ることが大切ですね。

ギラン・バレー症候群,フィッシャー症候群診療ガイドライン 2013/日本神経学会

ギラン・バレー症候群,フィッシャー症候群診療ガイドライン 2013/日本神経学会

(関連商品)

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
中居正広が衝撃発言「10代の時1回くらい、25年間ジャニーズ事務所を訪れたことない」「社員も現場のSMAPのマネージャーしか知らない」
逆ギレ、開き直り!謝罪会見は逆効果だった?息子をかばうみのもんたに、TBSも「さすがに今回はダメかもしれない」
<かばん、財布から指紋が出ず…>深まる謎…みのもんた次男は本当に盗みをはたらいたのか
<桃色乳首がビンビン>NHK朝ドラ女優、原田夏希「極妻」最新作で、全開ヌード!
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。