前田敦子、熱愛報道はヤラセ!CD売れず、視聴率取れずの末の苦肉の策だったとは…。 - アイドル 芸能 見張り隊

前田敦子、熱愛報道はヤラセ!CD売れず、視聴率取れずの末の苦肉の策だったとは…。

「前田敦子、尾上松也と真剣交際!」突如としてスポーツ紙2紙の1面で報じられ、ファンや芸能マスコミを大いに慌てさせました。

当日には双方事務所が「プライベートは本人に任せている」と交際を否定せず、前田・尾上ともにコメントはしなかったのですが、この報道、どうやらすべて“ヤラセ”だったようです。

前田敦子/タイムマシンなんていらない(Type−A)(DVD付)

前田敦子/タイムマシンなんていらない(Type−A)(DVD付)

(関連商品)

(以下引用) 
話題作りのために、あえてウソの熱愛をでっち上げる――芸能界では昔から行われてきた手段だが、このタイミングで前田がヤラセに至った理由とは何なのだろうか?

「AKB48卒業後の前田の芸能活動が、まったく軌道に乗っていないということですよ。先日リリースしたシングル『タイムマシンなんていらない』は、初日で3万枚に届かず、NHKの主演ドラマ『あさきゆめみし』は初回視聴率5.8%の大惨敗。最近ではオファー自体が減っていたこともあり、事務所も焦りを感じていたのでしょう。苦肉の策として、前田所属の太田プロ広報・Z氏が、懇意にしているスポーツニッポンのAデスクと相談して口裏を合わせたんです。なお日刊スポーツも同時に報道したのは、スポニチの1面を察知して本来予定していた『半沢直樹』の1面を、急きょ前田熱愛に差し替える“裏ワザ”を使ったからだとか」(同)

しかしこれでは「尾上の立場なし」という声も聞こえてきそうだが……。

「彼は歌舞伎界期待の若手。前田とプライベートで親交があるのは本当で、スポニチも以前から取材を掛けていたようなんです。結果的に今回の報道で名前が売れたわけですから、尾上にもメリットがあった。大掛かりなヤラセを発動させたかいがあったといったところでしょう」(ワイドショー関係者)
(サイゾーウーマンより引用)

↓意味深?
前田敦子/無防備(Blu−ray Disc)

前田敦子/無防備(Blu−ray Disc)

(関連商品)

結局、交際そのものが話題作りのでっち上げだったことで、ファンとしては一安心でしょうが、前田の関係者が、そうまでしなければ今後の芸能活動がうまくいかないと判断したことには、やはり不安を感じてしまうのではないでしょうか?

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
40歳になった“ジャニーズJr.”がいた!最年長メンバー・佐野瑞樹に、誕生日祝福と驚きの声!
福山雅治が前回4位から初の栄冠。女性では綾瀬はるかが連覇。ローラ、小泉今日子、櫻井翔も圏外から躍進。『タレント人気度上位20』
引退勧告スクープ!みのもんた黒すぎる過去、暴力団と親密関係疑惑?経営する会社の談合めぐるトラブル解決を依頼か
「つい、クセでやっちゃう!」吉本も見抜けなかった、楽しんごは”置き引き”の常習犯?
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。