「少し色んな壁にぶつかった」入院中の辻希美、ブログで心境報告も、ノアからの手紙に笑顔も… - アイドル 芸能 見張り隊

「少し色んな壁にぶつかった」入院中の辻希美、ブログで心境報告も、ノアからの手紙に笑顔も…

無菌性髄膜炎症候群のため入院中のタレント・辻希美が29日、入院後初めて自身のブログを更新しています。

「私は大分回復に向かっています」と現状を報告するとともに「ただ…少し色んな壁にぶつかってしまって…大変な事もあったり、私自身少し凹んだり。。。」と胸の内を綴っていました。

辻希美(アテナ)/ここにいるぜぇ!(CD)

辻希美(アテナ)/ここにいるぜぇ!(CD)

(関連商品)

(以下引用)
辻は22日夜に体調不良を訴え救急外来を受診、24日に所属事務所より病状と入院が発表された。入院後は家族の見舞いに励まされたと明かし「凄く元気が出ました。ノアとセイとソラの笑顔に私も笑顔をもらい…ノアからのこのプレゼント」と、イラスト入りの手紙を写真付きで紹介した。

現在は「頭の痛みも減り、やっとご飯も少しずつ食べれるようになったので、ゆっくり起き上がって…そして歩いてみようかなって思っています!!」と辻。「皆さん…ご心配お掛けして本当に申し訳ありませんでした…。。。そして私が入院している間…子供達の事を見てくれているママやパパやたぁくんやお義母さんやお姉ちゃん家族に、本当に申し訳ない気持ち…感謝の気持ちでいっぱいです」とファンや家族、友人らに深謝し「早く退院しなくちゃね!!そして早く子供達を抱っこしたいな」と意欲的にコメントしている。

花は、すでにもうひとつの使命達成に目を向けているというのですが、一体どういうことなんでしょうね。
(ORICON STYLEより引用)

無菌性髄膜炎症候群って、どんな病気なんでしょうね。

髄膜が炎症を起こす病気で、髄液の中に細菌が認められないものをいうのだそうですが
これでは、ますます混乱してしまいますね。

無菌性髄膜炎症候群は、髄膜というところが、何らかのウイルスなどによって炎症を起こす疾病で、無菌性とは、細菌ではないもの、という意味。通常ウイルスの場合が多いですが、寄生虫やマイコプラズマの場合もある。

そして、髄膜とは何なのかというと、脳と頭蓋骨の間にある、脳を覆っている膜のこと。
この脳を覆っている膜、髄膜にウイルスなどが原因で、炎症ができる疾病を無菌性髄膜炎症候群という。

無菌性髄膜炎症候群の症状は、発熱、頭痛、嘔吐が主なものになる。また、うなじが硬くなったり、膝や股を曲げたりのばしたりしづらくなったりすることもある。髄膜炎の炎症の原因となるウイルスなどによっては、他の症状が出ることもある。

辻希美さんは「むくみがひどい」という事でしたが、これは無菌性髄膜炎症候群によるものか、薬など他のことが原因なのか、報道されている情報からは判断できませんね。

通常は1週間〜2週間の入院で回復しますが、ウイルスなどの種類によっては長期化することもあります。
無菌性髄膜炎症候群を引き起こすウイルス等の種類は様々。ですから、予防接種などの有効な予防法はないと考えていいでしょう。

今のところ、無菌性髄膜炎症候群の予防法はインフルエンザウイルスなどと同様に、手洗い、うがいなどをしっかり行ったり、食材はよく火を通すようにしたりしてウイルスなどの侵入を防いだり、あるいは、健康的な生活を送って免疫力を高める、ということくらいになります。

詳しくは、こちらから
無菌性髄膜炎症候群 症状 予防 治療

ノアからの手紙 画像@⇒ ranking
ノアからの手紙 画像A⇒ reading
ノアからの手紙 画像B⇒ ranking
ノアからの手紙 画像C⇒ reading

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
前田敦子、熱愛報道はヤラセ!CD売れず、視聴率取れずの末の苦肉の策だったとは…。
エロ偏差値も高かった!新婚高学歴芸人、宇治原史規の性癖を20歳女性がフライデーで暴露!!
スポンサーが大激怒! みのもんた、女子アナへの”セクハラ全行状”を暴露
矢部浩之、待望のパパに!元TBS青木アナが妊娠5か月
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。