タモリの『いいとも!』が延命!?堺雅人『半沢直樹』の大ヒットで、打ち切りが消えたワケ? - アイドル 芸能 見張り隊

タモリの『いいとも!』が延命!?堺雅人『半沢直樹』の大ヒットで、打ち切りが消えたワケ?

『半沢直樹』の大ヒットで、ギャラも“倍返し”となりそうな堺雅人。この恩恵にあずかったのが『笑っていいとも!』の司会者であるタモリ。
視聴率の低迷で、打ち切りも止む無しの危機が、なんと半沢大ヒットで白紙撤回になりそうだというのです。

(以下引用)
堺雅人主演『半沢直樹』(TBS系)の最終回視聴率が関東地区で平均42.2%、瞬間最高46.7%という驚異的な数字を記録した。関西地区ではさらにこれを上回り、平均45.5%、瞬間最高は50.4%。一昨年放送のドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)の平均40%、瞬間最高42.8%を上回ったばかりか、平成に入ってNo.1の視聴率を記録した。

当然、堺の所属事務所はウハウハだ。もともと所属の「田辺エージェンシー」は芸能界でも5本の指に入るほど影響力のある事務所だが、堺の大ブレークで鬼に金棒。

「いま最も“数字が取れる”役者ですからね。堺さんをキャスティングするために、各局とも“参勤交代”するでしょうし、堺さん出演のバーターで、いくらでも自分のところの無名の役者をねじ込めますから。笑いが止まらないと思いますよ」(芸能プロ関係者)

堺のギャラも“倍返し”だ。大手広告代理店関係者が明かす。「主演ドラマなら、これまで1話150万円程度だったものが、SMAP・木村拓哉さんレベルの300万円にまで跳ね上がるでしょう。映画だと、1本1億円といわれる渡辺謙さんには及びませんが、1本5,000万円以上は確実。CMも2,000〜3,000万円程度だったギャラが、倍の4,000万円以上にまで上昇したでしょうね」

このほか、意外なところにも“半沢効果”は波及しそうだ。同事務所の看板タレントは長年『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のタモリだったが、このところ『いいとも!』の視聴率も低迷し、一部で打ち切り説もささやかれていた。同局社員は「1回の出演でギャラは300万円以上ともいわれていますからね。フジが内心“切りたい”のも理解できますよ。
しかし、同じ事務所の堺さんのブレークで、それも遠のいたと言わざるを得ません。タモリさんを切って、堺さんがフジのドラマに出ないとなっては、たまったもんじゃありませんから」と話す。

堺は10月からフジテレビ系連ドラ『リーガル・ハイ2』に主演する。その勢いは止まりそうもない。
(日刊サイゾーより引用)

水面下では、タモリの後継者に、SMAPの中居正広や、くりぃむしちゅーの上田晋也と有田哲平という話も持ち上がっていましたが、これでご和算。

タモリには体力が続く限り、続けてほしいものです。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
前田敦子、熱愛報道はヤラセ!CD売れず、視聴率取れずの末の苦肉の策だったとは…。
エロ偏差値も高かった!新婚高学歴芸人、宇治原史規の性癖を20歳女性がフライデーで暴露!!
スポンサーが大激怒! みのもんた、女子アナへの”セクハラ全行状”を暴露
矢部浩之、待望のパパに!元TBS青木アナが妊娠5か月
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。