日テレが次男を懲戒解雇へ!TBSの“みの擁護”も限界? - アイドル 芸能 見張り隊

日テレが次男を懲戒解雇へ!TBSの“みの擁護”も限界?

大御所司会者みのもんた(69)も、TBSも大ショック!なニュースです。

なんと、窃盗容疑を認めた次男御法川雄斗容疑者(31)が、勤務先の日本テレビを懲戒解雇になりそうだというのです。「朝ズバッ!」などにみのを復帰させようとしているTBSにとっては、頭が痛い話ですね。

(以下引用)
「御法川容疑者は懲戒解雇になりそうです」と小声で語るのはテレビ関係者だ。過去、テレビ局員が不祥事を起こし、退職金の出る依願退社で内々に済まされたこともある。だが、今回は日テレのコンプライアンス委員会が前面に出てきている。

「社会部記者から吸い上げた情報をもとに、早い段階で“クロ”だった場合の処分の検討に入り、先ごろ懲戒解雇ということで決まった。起訴のタイミングか、裁判で判決が出てからなのかは未定のようですが。みのさん本人もショックでしょうが、みのさんをかばい続けるTBSにとっても、日テレの毅然とした態度は相当なプレッシャーになるはずです」(前出のテレビ関係者)

みのには番組を降板する気はサラサラない。TBS側も、「会長を筆頭に早々と“続投”を確認し合っている」(同局関係者)。あくまで“みの擁護”を貫いているが、日テレが厳罰で臨むとなれば風向きは変わってくる。

「懲戒解雇=局として重大な問題と認識しているということ。31歳の息子の不祥事とはいえ、父親のみのに、報道系の『朝ズバッ』をやらせるのか?という議論は視聴者やスポンサー筋から当然出てくる。(みのを)かばいづらくなることは間違いない」(前同)。みのを取り巻く環境は日ごとに厳しくなっていく。
(東スポより引用)

みのもんたがラジオ復帰し、親の責任論についていろいろ発言を行っていたそうですが子供の教育には親の影響が大きいのは間違いありません。
しかし、その一方で親の影響だけがすべてかというと、それも疑問があります。

しかし、普段自分が発言してきたことや、行動なさってきたことから考えるとどうなのかと思ってしまいます。

さて、日テレが次男を”懲戒解雇”と重い処分をしたとなると、TBSとしても擁護しきれない段階に来ています。

こうなったら、みの自身がズバッと身を引いて見せれば、”男が上がる?”というものでは…。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
【ジャニーズ・新勢力図】マッチ社長、東山副社長、中居・櫻井は幹部候補。キムタクは独立の道へ。
ス「出来心だった」みのもんた次男、容疑を認める供述。改悛してやり直したい
NHK紅白歌合戦「マル秘出場者リスト」スッパ抜き!能年玲奈、キョンキョン、薬師丸ら『あまちゃん』絡みは当確、"海上自衛隊の美しすぎる歌姫"もサプライズ出演?
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。