聖子側から“NGワード”?『あまちゃん』DVDで、一部のセリフがカットされていた! - アイドル 芸能 見張り隊

聖子側から“NGワード”?『あまちゃん』DVDで、一部のセリフがカットされていた!

早くも『続編を!』の声があがるほど、いまだ衰えないNHK連続テレビ小説『あまちゃん』旋風。

“あの感動をもう一度”と、さっそくDVDを購入した人も多いはず。ところが、あまちゃんファンから、こんな疑問の声が上がっているようです。

「あまちゃん」歌のアルバム

「あまちゃん」歌のアルバム

(関連商品)

(以下引用)
「じつは、春子(小泉今日子)が娘のアキ(能年玲奈)に、自分がなんでアイドルを目指したかという話をする、印象的なシーンがあるんですが、なぜか違和感があるんです」

 くだんのシーンは第7週「おらのママに歴史あり」の第38話。アイドルのポスターやレコードに飾られた春子の部屋で、春子がアイドルの歴史について語り出す場面だ。

 春子が「み?んな夢中だったのよ、聖子ちゃんには。何しろ歌がうまい!もちろんかわいい!」と言ったあとしばらくセリフが途切れ、まるでその空白を埋めるように『青い珊瑚礁』を歌う聖子の映像と歌が流れる。その後、映像だけがスローモーションに切り替わり、いくつかのセリフが続いて春子とアキのやりとりが復活。ほんの数秒だが、たしかに違和感がある。

「劇中とはいえ、小泉今日子が松田聖子を語るという貴重な場面で、オンエア当時も話題になったものですが、じつはDVD化にあたり、聖子側の抗議によって一部のセリフがカットされたそうです」

 そう語るのは芸能プロダクション関係者。実際に本放送と見比べてみると、「ぶりっ子って言葉の語源は聖子ちゃんだからね。かわい子ぶっているのに同性に嫌われない。むしろ憧れの対象だったわけ」という小泉今日子のセリフが、まるまるカットされているのだ。『完全版』と銘打っているDVDボックスだけあって、残念なばかり。

「聖子側はこの『ぶりっ子』という言葉に過剰に反応したようです。通常、楽曲や映像を使用する際、著作権が発生するため、権利を持つ側にテレビ局が許諾を得ます。聖子の映像が流れたのも、ちゃんと許諾をもらったからでしょう。ところが今回、まさかセリフに抗議がくるとまでは思っていなかったようです」(前出・同関係者)

 この件に関して、聖子の事務所から期日までに回答はなかったが、NHK広報局は、文書で次のように回答した。

「制作上の理由で、ご指摘のセリフはDVDに入っておりません。松田聖子さんからのクレームがあったという事実もありません。放送した番組をDVD化する際に、制作上の理由などで、放送した番組を一部編集することはこれまでにもあります」
(女性自身より引用)

数多くの熱狂的ともいえるファンを生み出し、ドラマとしては異例の盛り上がり方を見せた『あまちゃん』。

ここにきて、生きる目的や生活スタイルに不安を覚える、いわゆる『あまちゃん』ロス症候群が、世の中に蔓延しているそうですね。

こうなったら、朝ドラを見続けるしかないですね。自分は朝ドラのファンなんだと自己暗示をかければ、終了ショックなんてありません。そのうち「ごちそうさん」の杏にはまるでしょうから…。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
松本潤が嵐の実態を明かす。「大野智の“リーダー”はあだ名でしかなかった」
赤ちゃんプレイに乱交、3P、SM…超大物バンドボーカルKの驚愕私生活!
AKB48・峯岸みなみ “金爆”メンバーと熱愛騒動でパイ○ン刑!?
みのもんた次男の「キャバクラ武勇伝」店の女の子を全員指名して、「何なんだ、あいつは」と他の客が激怒!
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。