中村うさぎ、100万人に1人の難病「stiff person症候群」か - アイドル 芸能 見張り隊

中村うさぎ、100万人に1人の難病「stiff person症候群」か

原因不明の病気のため入院中の9月15日に一時、心肺停止状態に陥ったエッセイストの中村うさぎ(55)。100万人に1人とも言われる難病の「stiff person症候群」の疑いが強いことが分かりました。

うさぎの美容整形を担当しているタカナシクリニックの院長・高梨真教氏が、うさぎとともに開設しているブログで17日、明らかにしています。

それによると、病名は週明けにうさぎの両親が主治医から説明を受けたもので、本人には知らされていないようです。

女という病/中村うさぎ

女という病/中村うさぎ

(関連商品)

(以下引用) 
「今の段階で最も考えられる病名はstiff person症候群という、非常に稀な神経疾患らしく、その発症頻度は一説によれば100万人に1人位の確率だそうです」

しかし、まだ100%判定されたわけではない。「典型例で認められる自己抗体が見付かっていないそうで、断定は出来ないとの事です」と、対症療法に頼るしかない治療の難しさを説明した。

今後については「ムーンフェイス状の顔や大腿骨頭壊死といったステロイドの副作用を注意しながら、一般生活を送れる段階までのリハビリを続けていく方針とのことの様です」と、難しいながら一応の目標は立てられている。

まだ鼻チューブを外せないうさぎだが、最近では練乳やヨーグルトを食べられたり、尿道カテーテルが外されたりと状態が改善、本人も前向きに闘病している。

ちなみにスティッフパーソン症候群患者会のホームページでは、この病気を以下のように解説している。

「この病気は進行性で、根治させるグローバルな治療法がありません。患者はとても少数で、非常にまれな病気です。(100万人に1人という説もあります)

 神経に異常がおこり、筋肉への命令が伝わらなくなります。そのため、筋肉に力が入ったまま動かせなくなったり、けいれん、こわばり(強直)がおこります。腰、背中、足で主に症状が出ますが、症状が進行すると全身が固まったままになります。体幹(胴体)に症状が及ぶと、肺を動かせないため、呼吸が止まることもあります」
(デイリースポーツより引用)

自分の病名を知らされていない中村うさぎさんが、16日のブログで、尿道カテーテルが外されたことを報告しています。

「まだまだオムツは手放せませんが、自分の意思でオシッコできる喜びを噛みしめております!」と、回復のステップを踏む度に感じる喜びが、その記述からストレートに伝わってきます。

そんな元気を取り戻した彼女に、明るい笑顔を取り戻す日が1日も早く来ることを願いたいですね。

【送料無料選択可】難病あげは 800万人に1人の病を生きる力に変えて/あげは美樹(単行本・ムック)

難病あげは 800万人に1人の病を生きる力に変えて/あげは美樹

(関連商品)

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
スギちゃん、”ワイルド錬金術”で預金額が1億円に!最近の大きな買い物は648万円のロレックスと太っ腹。
“悲恋” 桜塚やっくんに恋人がいた!年内に結婚予定、政治家への夢も
ダル弟に凶行新事実!知人少年に暴行し、海に投げ飛ばしていた。
梅宮アンナの不倫相手、実業家S氏は、父親・梅宮辰夫のスポンサーだった!?リークの裏で、S氏に”目を覚ませ”という警告も
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。