再放送も好調!貫禄の刑事ドラマ「相棒」 なぜ視聴者に飽きられない? - アイドル 芸能 見張り隊

再放送も好調!貫禄の刑事ドラマ「相棒」 なぜ視聴者に飽きられない?

これが定番の強みというやつでしょうか。「相棒」(テレビ朝日、水曜21時〜)の新シリーズが好スタートを切りました。
2時間スペシャルだった初回の平均視聴率は19.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。右京ファンの視聴者を茶の間にクギ付けにした格好でした。

“40%男”の堺雅人が主演の「リーガルハイ」(フジ、水曜22時〜)でさえ、2話目は16.8%に落としている。それだけに20%近くを叩き出したのは立派ですが、いったいなぜ、これほど支持されるのでしょうか。

相棒 season 11 DVD-BOX I DVD

相棒 season 11 DVD-BOX I DVD

(関連商品)

(以下引用) 
上智大教授の碓井広義氏(メディア論)が言う。「相棒は、ひとつのシリーズが終わっても、放送自体は終わりません。再放送をやっているからです。そうやって常にエンジンを温めているから、新シリーズが始まったときに、ポーンと高い数字が出るのでしょう」

期待を裏切らないパターン化された作りも、人気につながっているという。

「制作している東映のテレビ映画の魅力でもありますが、主人公の杉下右京は、回り道をしながらも持てる能力を使って真相に迫り、事件を解決します。

奇をてらわずに、刑事ドラマの王道を歩んでいる。それが60代以上の視聴者に受け入れられる秘けつでしょう。老舗の和菓子屋さんのような感じです。飽きずにやり続けることで、同じ味を作り続けている。その中心がピンク映画出身の和泉聖治監督。シリーズの初回は必ず担当しているし、脚本も輿水泰弘氏が多い。このコンビが変わらないテイストを生み出しているのです」(碓井氏)
(日刊ゲンダイより引用)

夕方の再放送でさえ、10%超の視聴率を叩き出すオバケ番組。
放送時間に合わせて、ゲートボール場から引き揚げる高齢者は少なくないという。

シナリオが意外と多彩。回によって毛色が全く違うから飽きないですね。
しばらくは水曜の夜も出歩けなくなりそうです。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
“悲恋” 桜塚やっくんに恋人がいた!年内に結婚予定、政治家への夢も
フライデー、”密会”3連発!女子アナA、野球選手S、そしてあの関西大物芸人Sも。
中村うさぎ、100万人に1人の難病「stiff person症候群」か
スギちゃん、”ワイルド錬金術”で預金額が1億円に!最近の大きな買い物は648万円のロレックスと太っ腹。
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。