みのもんたがTBSの大株主になっていた!自ら降板するつもりはないと、徹底抗戦の意思表示。 - アイドル 芸能 見張り隊

みのもんたがTBSの大株主になっていた!自ら降板するつもりはないと、徹底抗戦の意思表示。

次男の逮捕騒動で揉めるみのもんた。週刊新潮によると、TBSの株を5万〜6万持つTBSの大株主ですが、このトラブルがあり、また株を買い増したとか。

こうなれば、TBSもおいそれと追い出すわけにもいかず、みの自身もそれを見越して「降板するつもりない」と、徹底抗戦の構えです。

とんねるず/みのもんたの逆襲 【CD】

とんねるず/みのもんたの逆襲 【CD】

(関連商品)

以下、「みのもんた反撃の倍返し」と題する週刊新潮の記事より抜粋して紹介していきます。

TBSの幹部の間の情報では、9月30日までにTBSホールディングスの株を2万株買い増し、個人筆頭株主に躍り出た」という。

TBSは、2005年に始まった楽天による株式の買収騒動の際に、局と縁の深い多数の資産家に安定株主として、株を持ってもらう防衛策をとっていて、その時、みのさんにも頭を下げて、株を買ってもらったという経緯がある。

現在のTBS株の値は1300円台で、買い増しに要する費用は約2600万円。みのもんた本来のギャラなら2週間で稼げる金額。

大株主の1人であることは間違いなく、本人にすれば、それを背景に、自分から降板するつもりはないと徹底抗戦の意思表示を行った可能性が高い。

あるいは、株購入で、楽天騒動の際に協力したことを、忘れてないでしょうね?と恩義を思い出してもらおうとした。

文化放送時代、みのさんと同期の橋本テツヤの証言。「私は、みのは報道番組復帰はムリだし、「朝ズバッ!」自体がこのまま終わってしまうのではと思っている」

TBSでは、各部署の法令遵守事実を統括するコンプライアンス室で、みのさんの処遇をめぐる問題が議題にかけられており、復帰は不都合で困難との結論に達した。

TBSの結論を受けて、すぐに解雇はないが、TBSの社長と会長がみのさんと話し合うことになる。
(週刊新潮より一部抜粋)

みの不在中の『朝ズバッ!』視聴率はというと、以前と特に変わっていません。
逆に突然の大役にも29歳とは思えない堂々とした司会ぶりを見せる井上アナに、注目が集まっています。

ここが潮時。ズバッとお辞めいただいた方が、晩節を汚さず、イメージもよろしいのでは。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
芸能人の父子関係 ”勘当”されても成功した国分太一、他
ももクロリーダー・百田夏菜子を悩ます、鬼のステージママ!作曲家のヒャダインを解雇、創価大学に在学中との噂
TKO木本、ギャラが50倍に高騰!東京に進出後はね上がる
再放送も好調!貫禄の刑事ドラマ「相棒」 なぜ視聴者に飽きられない?
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。