みのもんた「(親の責任はない)思い上がってた」 会見の締めは「(息子に)バカヤロウッ! - アイドル 芸能 見張り隊

みのもんた「(親の責任はない)思い上がってた」 会見の締めは「(息子に)バカヤロウッ!

次男が窃盗容疑で逮捕され、TBSの報道2番組を降板したタレント・みのもんた(69)。

26日、都内のホテルで記者会見を開き、次男逮捕当初に「親の責任はない」と主張し、反発を招いたことに対し、「思い上がってた」と認めています。

↓不義理の間違い?
義理と人情 僕はなぜ働くのか/みのもんた

義理と人情 僕はなぜ働くのか/みのもんた

(関連商品)

(以下引用)
無数のカメラのフラッシュを浴びたみのは、机の上に両手の拳を置き、とうとうと一人語りのように、語り始めた。

内容は、会見の直前に生放送された文化放送のラジオ番組とほぼ重複。「私の次男が窃盗未遂ということで。親子の縁は切れません。間違いなく我が子。どこかで子育てが間違っていたのでは。不完全な形で世に送り出したとしたら、その責任は私にあります。せがれは全てを失った。父も原点に戻って一番きついことを体験しなくては」と降板を決意した理由を説明した。

9月13日の会見で「せがれを信じたい」と話し、9月21日放送のラジオで「親の責任ではない。日本はおかしい」とマスコミを皮肉るなど、親の責任を否定していたが、世論の反発を浴びる形となり、この日は、「親の責任」と発言。180度の“心境の変化”だった。

みのは、この日の会見の最後の質問で「最初の会見で『親の責任だ』と言っておけば、と思いませんか」と、指摘されると、「それはそうだと思います。アハハハ」といつもの豪快な“みの笑い”。「それが、あの、どこか思い上がって突っ張ってた。でも完膚無きまでに、自分の考えは間違ってた、と(思い知りました)」と話した。

会場を去る際、「息子さんにかける言葉は」と聞かれ、「バカヤロウッ!!」と会場中に響き渡る声で、怒鳴り、1時間超の会見を締めくくった。
(デイリースポーツより引用)

みのもんたの朝ズバッ!でズバッとわかるニッポンの問題点

みのもんたの朝ズバッ!でズバッとわかるニッポンの問題点

(関連商品)

これで、引退の道を選らんだのかとおもいきや、ラジオで報道番組返り咲き宣言をしています。

「ぼくは報道番組でダメなものはダメと言ってきた。これからはそれを言わせてもらうために成長したい」と発言。

文化放送でアナウンサーとしてスタートし、「夢にまでみた」報道番組に再び返り咲きたい意向を強く表明していたそうです。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
辻希美、子供服ブランド「Saruru」を立ち上げ!11月にプレオープン予定
嵐・相葉雅紀、相次ぐ降板騒動は「実家に対する事務所のペナルティ」か?
宇多田ヒカルは知らない、藤圭子と作家沢木耕太郎の「禁断の真実」藤とNYで同居の女性が明かす一部始終。
Yahoo!知恵袋「憎くて仕方がない女が1人います」 SKE48メンバーのアカウントかと話題に!
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。