日本シリーズ共演で発覚! 義父・東尾修も驚いた石田純一のマニアック解説。高校時代はエースで4番だった。 - アイドル 芸能 見張り隊

日本シリーズ共演で発覚! 義父・東尾修も驚いた石田純一のマニアック解説。高校時代はエースで4番だった。

26日の日本シリーズ「楽天対巨人」。テレビやラジオ各局でプロ野球OBが解説者として出演する中、意外なゲストが登場しています。
文化放送で東尾修(63)とともに出演したのは石田純一(59)。熱烈な阪神ファンで野球オタクで知られていますが、そのマニアックで巧みな解説ぶりに、元プロの東尾も驚いていたそうです。

野球 DVD/日本一 読売ジャイアンツ2012〜最高点の戦士たち〜 12/12/26発売

野球 DVD/日本一 読売ジャイアンツ2012〜最高点の戦士たち〜

(関連商品)

(以下引用)
義理の親子のこの2人、試合開始前には東尾の孫トークが炸裂(さくれつ)。石田が「球場で原監督や佐々木(主浩)さんに『今日パパも来てるの?』と聞かれました」と話すと、野球中継はたちまち東尾家の近況報告会に。東尾理子(37)も「テレホンゲスト」として登場するなど、不思議な中継となっていた。

なぜプロ野球OBでもないタレントが……と誰もがラジオの前で首をかしげたはずだが、石田は大の阪神ファンにして野球オタク。松島アナが「石田さん、何を書いているんですか?」と尋ねると、「試合の流れをメモしているんです。CSも家で見ながら実況しています」と話し、楽天のジョーンズが所属していたブレーブスについて、石田が東尾にレクチャーする場面も。

さらに、「枡田のようなタイプは内海から打てない」と指摘すると、枡田は2タコと予想的中。六回には代打を出されていた。これにはリスナーもビックリ。

ネット掲示板には「石田純一の解説がすげーイイ! 豆知識を石田さんがめっちゃ知ってるww」「東尾よりも的確」「今日の解説では、非常に細かいところに目線がいっていたし展開も度々当てていた」といった書き込みがあふれ、元プロは形無しだった。
(日刊ゲンダイより引用)

石田純一 Presents 人生をポジティブに生きる25の方法 / 石田純一 [DVD]

石田純一 Presents 人生をポジティブに生きる25の方法

(関連商品)

都立青山高野球部時代にはエースで4番を務めていたという、石田。
娘だけじゃなく、野球の仕事までお義父さんから奪うのではないでしょうね。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
『ほこ×たて』ヤラセ騒動はなぜ起こったのか…『イッテQ』との明確な違いとは
「いつやめてもいい」秋元氏が“許可”?大島優子、年内にもAKB卒業か!
宇多田ヒカルは知らない、藤圭子と作家沢木耕太郎の「禁断の真実」藤とNYで同居の女性が明かす一部始終。
嵐・相葉雅紀、相次ぐ降板騒動は「実家に対する事務所のペナルティ」か?
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。