インタビューに続々登場…みのもんたの豹変に「焦り」と「小心」の声。いっぽうで朝の情報番組が、「若者狙い」になる懸念も? - アイドル 芸能 見張り隊

インタビューに続々登場…みのもんたの豹変に「焦り」と「小心」の声。いっぽうで朝の情報番組が、「若者狙い」になる懸念も?

みのもんた(69)が発売中の週刊誌のインタビューに続々と登場。

次男の窃盗事件や自身が社長を務める水道メーター会社「ニッコク」の経営状況、番組降板の真相、そして一連のバッシング報道についての憤りなど、思いの丈をぶちまけています。

ココロが元気になる「感動ストーリー」 みのもんたの朝ズバッ!

ココロが元気になる「感動ストーリー」 みのもんたの朝ズバッ!

(関連商品)

(以下引用)
内容は10月26日の記者会見と重複するものがほとんどだが、新たに認めたのは逮捕された次男のテレビ局コネ入社について。「週刊朝日」では〈『せがれが受けるからよろしく頼むよ』って、僕が氏家さん(齊一郎・元日本テレビ会長、故人)に言ってますからね〉と語っている。

また、「サンデー毎日」では〈この年まで1日3時間しか寝ないで、必死に働いてきた。それでたくさん税金も納めて何が悪いのか〉〈自殺でもして死ねば溜飲を下げるのか〉とバッシング報道への心情も吐露している。

時にコブシを握り、時に涙を拭いながら、洗いざらいをぶちまけたみの。だが、あるテレビ関係者はこういう。

「みのはまだ話していないことがある。会見では『秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ)と文化放送ラジオ『ウィークエンドをつかまえろ』は局の幹部から慰留されたから降板しなかったと言っていましたが、この発言は大ウソ。局の『当面は様子見』というのを公の場で『慰留』にすり替えたのです。おかげでスポンサー離れが始まった制作の読売テレビは困惑しきり。来年春の改編で降板は避けられない」

芸能評論家の肥留間正明氏はこう語った。「40日以上も逃げ回っていたのに、今頃になって突然、立て続けにインタビューに応じ始めたのは、みのの小心と窮地の裏返し。タレント生命の危機を感じているのでしょう。しかも、古い付き合いの記者のインタビューには応じても、みのに不利な質問もすると伝えた週刊誌の取材は途中で退席したというから何をかいわんやです。

つまり、まだまだ“オレが悪いんじゃない”という甘えがある。目立つことは大好きだけど、都合が悪くなるとダンマリという精神構造は何も変わっていません。時の権力者に対して対等にモノが言えると増長し、世間に見放されたのです」

みのが降板したTBS「朝ズバッ!」は新メンバーでリニューアル。テレビ界でみのの居場所は減る一方だ。古希を前に“身の程”をわきまえる時だろう。
(日刊ゲンダイより引用)

週刊朝日では、「コネ疑惑」「ニッコク」の経営について「もう少し詳しいことが載っているので紹介します。

(以下引用)
記事冒頭で早速「コネ疑惑」について、「次男の日本テレビ入社は、正直、コネでした。受験番号とか言って、『せがれが受けるからよろしく頼むよ』って、僕が氏家さん(故・氏家齊一郎氏、元日本テレビ会長)に言ってますからね。それについてウソはつきません。長男はまともに試験を受けて(TBSに)入ったんです。アナウンサー志望でしたが落ちて、一般職で採用された。でも次男の時は、どうしても放送局に入りたいということだったのでね。縁故ですよ。氏家さんは、『よし、わかった』と言ってくれました」
とぶっちゃけた。

社長を務める水道メーター販売会社「ニッコク」の経営については、「うちは規模の小さい会社で、赤字を僕の芸能の収入で補填してきました。でも、それもほとんどゼロになる。非常に厳しいです。(中略)僕の給料は全部カットしますが、それでもどこまで生き残れるか。全国に4カ所、水戸と諏訪と名古屋と和歌山に工場があったんですが、3カ所を閉鎖して和歌山に集約するつもりです。従業員の数も減らさなければならない」と、かなり厳しいということを明かした。
(J-CASTニュースより引用)

とんねるず/みのもんたの逆襲 【CD】

とんねるず/みのもんたの逆襲 【CD】

(関連商品)

さて、みのもんたが消えて朝の番組がどう変わるのか心配でもあります。

みのもんたの口癖は「日本の経済発展を支えてくれた人たちが高齢になった時に(年金の引き下げや老齢加算の廃止で)みじめな生活に追いやられる。もっと感謝の気持ちを持って扱うべきだ」というもの。

この点だけは頑固なほど徹底していた。 みのもんたは「朝ズバッ!」においては、間違いなく「老人の味方」だった。 さらに母子家庭の母親や障害を抱えた人など「生活弱者の味方」でもあった。

そうした人たちの声を代弁してくれる朝の番組は当時も今もほとんどいない。 今後は「若者狙い」がますます露骨になりそうです。

現在、「朝ズバッ!」のTBSを除いて、現在、民放の朝の番組は、各局とも明確な「若者狙い」にシフトしている。フジテレビの「めざましテレビ」。日テレの「ZIP!」。テレ朝の「グッド!モーニング」。特に視聴率で先行する「ZIP!」と「めざまし」は老人など自分の番組の視聴者ではないと言わんばかりの露骨な若者狙いの作りだ。

みのもんたが朝の番組から退場することで、どうなるか。 確実なことはTBSも含めて、朝の番組はますます「若者シフト」が強まる。 結果として、年金問題、医療問題、生活保護問題などが朝から扱われることはほとんどなくなる。

これから、朝のテレビがますます大人の視聴者や高齢の視聴者にとっては、縁遠いものになっていくことは間違いないでしょう。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
テリー伊藤、愛人発覚でシドロモドロ…もう芸能人スキャンダルいじれない!?
ジャニーズ裏特報4連発!松本潤”AV発言”解禁の裏側、他
指原莉乃 初写真集で「サンタフェ」超え、海藻ヘアヌード宣言!裏で男性スキャンダルが浮上?
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。