薬丸裕英、「はなまる」突然の打ち切り発表に激怒!文春の直撃取材で知る、TBSの不手際とは? - アイドル 芸能 見張り隊

薬丸裕英、「はなまる」突然の打ち切り発表に激怒!文春の直撃取材で知る、TBSの不手際とは?

まさに寝耳に水!TBS平日朝の生情報番組「はなまるマーケット」が、来年3月をもって終了と発表されました。

フジテレビ平日昼の生バラエティー番組「笑っていいとも!」に続き、またもや長寿番組の打ち切り。
その裏で、司会の薬丸裕英(47)とTBSの間に大きな”亀裂”ができていたことが噂されています。

はなまるマーケットミラクル調味料レシピ/TBSテレビ「はなまるマーケット」制作スタッフ

はなまるマーケットミラクル調味料レシピ/TBSテレビ

(関連商品)

(以下引用)
熟慮を重ねて番組終了を発表した「いいとも!」と違って、「はなまる」終了発表の内幕は、何とも慌ただしいものだった。

本来なら発表はもっと後になるはずだったが、7日発売の「週刊文春」に番組打ち切り記事が出ることが分かり、慌ててその前日6日、自発的に終了を発表する形をとったのだ。
これに激怒したのが、番組続行を願っていた薬丸。しかもつい最近まで、終了することを知らなかったというから、怒りも増幅するばかりだろう。

「TBSは番組打ち切りを薬丸さんに伝えてなかったのです。こないだの日曜(3日)、文春記者に直撃されて初めて知ったとか。寝耳に水だった薬丸さんは即日、TBSを詰問。その怒りようを知った局上層部は『文春を早く手に入れろ!』などと大騒ぎだったそうです」(TBS関係者談)

「はなまる」終了は以前から多くの局員が知っており、知らぬは薬丸だけという状況だった。そんな事情なら、薬丸が怒るのも当然だ。
「急きょとはいえ終了を発表できたということは、もうずっと前から打ち切りが決まっていたということ。それを薬丸さんに伝えてなかったというのは、TBSの落ち度と言われても仕方ありません」と関係者。

あるテレビ局関係者によれば、局側が長寿番組を終わらせる場合「通常はMCなどに真っ先に今の状況を誠心誠意伝えたりして、納得して辞めてもらうように努力する」という。それを怠るとトラブルの火種になるということが、今回の「はなまる」でよく分かる。
(東スポより引用)

「50歳までやりたかった」とショックを隠しきれない様子のやっくん。

自分が司会をする番組の打ち切りを、当のTBSではなく週刊文春の取材で分かったなんて、激怒するのも無理はありません。

放送開始から18年目の長寿番組でしたが、この数カ月は視聴率3%を維持するのがやっとだったとか。

時には2%台に落ち込むこともあり、朝の枠ではテレビ東京を除く民放最下位が定位置。6〜7%で安定している同時間帯の『スッキリ!!』(日本テレビ系)や『とくダネ!』(フジテレビ系)に大きく水をあけられていた。

そういう事情もあって番組継続に熱心で、自ら色々な企画を提案していたという。それだけに言いにくかったのでしょうが、それが事を大きくしてしまったようですね。

やっくんとしては、せめて自分で幕引きをしたかっただろうと思うと、ちょっと切ないですね。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
華原朋美はシンデレラになれるのか?明治天皇の玄孫は「いとおしい」とメロメロだが、竹田家に良からぬ話が…
中居正広、“恋愛ネタ”解禁の理由と”身長疑惑”について告白!
テリー伊藤、愛人発覚でシドロモドロ…もう芸能人スキャンダルいじれない!
AKB48、次のシングルタイトルはグループ史上最長の76文字
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。