「筆記試験で書いたのは、住所と名前だけ」「デキは悪いが、体力だけはあるで採用?」みのもんた、文春手記で”次男コネ入社”の驚きの経緯明かす! - アイドル 芸能 見張り隊

「筆記試験で書いたのは、住所と名前だけ」「デキは悪いが、体力だけはあるで採用?」みのもんた、文春手記で”次男コネ入社”の驚きの経緯明かす!

次男が窃盗容疑で逮捕=不起訴処分=されたことが原因で報道番組の降板を余儀なくされたみのもんた。
11月10日発売の「文藝春秋」13年12月号に、一連の騒動について綴った手記を寄せています。

これまでの週刊誌のインタビューで、次男が日本テレビに「コネ入社」したことを認めていました。
が、今回の手記では、その経緯がさらに詳しく明らかにされています。

なんと、筆記試験にはまったく歯が立たなかったというのですが
それでも入れたという理由が、”引っ越し要員”というのですから驚いてしまいます。

↓ヤケ酒が増えそう?
みのもんた/夜の虫 (MEG-CD)

みのもんた/夜の虫 (MEG-CD)

(関連商品)

(以下引用)
●将来、社屋を移転する可能性もあるので、引っ越し要員が必要=体力だけはある次男を採用

みのさんは、これまでのインタビューで、11年に死去した元日本テレビ会長の氏家齊一郎氏に次男の入社を働きかけたことを告白している。

例えば週刊朝日11月15日号では、「次男の日本テレビ入社は、正直、コネでした。受験番号とか言って、『せがれが受けるからよろしく頼むよ』って、僕が氏家さんに言ってますからね」と明かしており、週刊文春11月14日号では、入社試験の内容についても触れている。
「試験は、次男が言うには『難しくてわかんなかった』そうですが、結果的に受かった。ですからコネクションがあったからだと思います」

今回「文藝春秋」に寄せた手記「私はなぜここまで嫌われたのか」では、8ページにもわたって自らの思いや、週刊文春をはじめとした週刊誌への反論を展開している。その中で、「コネ入社」の経緯についても詳しく説明している。

「入社試験を受けたのですが、恥ずかしいことに、筆記試験が難しくて住所と名前しか書けなかった、と。それで、当時、日テレの会長で、一昨年亡くなった氏家齊一郎さんに相談したところ、『将来、社屋を移転する可能性もあるので、引っ越し要員が必要だ』といって、体力だけはある次男を引っ張ってくれたのです(笑)」

●塾高時代に万引きが響いて留年

次男は06年に日本テレビに入社し、今回の事件で諭旨解雇されている。日本テレビが本社機能を麹町から汐留に移転したのは04年のことなので、氏家氏が語ったとされる「将来、社屋を移転する可能性」は、どんなに近くても数十年後だ。

もちろん入社試験の内容は年ごとに変わるが、就職情報サイトの情報を総合すると、過去の日本テレビの筆記試験では、一般常識問題や、番組の企画案、好きな番組とその理由を書く問題などが出題されたという。一般に、マスコミ各社の筆記試験での合格ラインは6〜7割だとされる。

次男は、いわゆる「慶應ボーイ」で、「幼稚舎→普通部→塾高(慶應義塾高校)→商学部」という典型的なエスカレーター進学を果たしている。塾高時代に万引きで停学になったことなどが響いて1年留年している。
(J-CASTニュースより引用)

慶應内部の高校から日吉キャンパスにある大学学部に進学希望を出す際に序列というものがあるそうです。

医学部→法学部法律学科→法学部政治学科→理工学部→経済学部→文学部→商学部
これが一般的だそうで、次男の塾高時代での評定平均は、かなり低かった可能性があります。

それでも、テレビ局に入れたのは親のコネが大きかったようですね。
それにしても、「学力がなくても、体力がある」という破天荒な理由をよく考えついたのものです。

息子をかばうあまり、自分まで見落とす結果になったみのに同情の余地はありませんが
子を持つ親としては、他人事とはいえない話ではありますね。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
ヤラセ発覚のフジテレビ「ほこ×たて」に新たな証言!制作会社の担当ディレクターの”悪質な演出”の数々を関係者が暴露
キムタク次回作は、フジの『CHANGE』続編!内閣総理大臣復活で数字は取れるか?
「スター・ウォーズ」最新作、公開は15年12月に決定
V6三宅健・長野博、Hey!Say!JUMPも!ジャニーズがバラエティに本腰!?
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。