宮沢りえ、二谷友里恵、元AKB48、山下智久らも登場…大王製紙、前会長が「アイドル豪遊記」を出版。芸能人のほとんどが実名、その赤裸々すぎる内容に芸能界も騒然! - アイドル 芸能 見張り隊

宮沢りえ、二谷友里恵、元AKB48、山下智久らも登場…大王製紙、前会長が「アイドル豪遊記」を出版。芸能人のほとんどが実名、その赤裸々すぎる内容に芸能界も騒然!

「すべてを失った私に、守るべきものなどない。見栄も外聞も捨て、ここに至るまでの私の半生を皆さんにお話ししたいと思う」――。

総額106億8000万円をカジノで負け、会社法違反(特別背任)で逮捕された大王製紙の井川井高(もとたか)前会長(49)。

裁判では懲役4年の実刑判決を受け、現在は喜連川社会復帰促進センターに服役していますが、今月15日に獄中から「熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録」を出版。その赤裸々すぎる内容を巡り、各方面に衝撃が走っています。

熔ける 大王製紙前会長井川意高の懺悔録/井川意高

熔ける 大王製紙前会長井川意高の懺悔録/井川意高

(関連商品)

(以下引用)
<「東尾修、二谷友里恵とテキーラ一気飲み対決」>

井川前会長が半生をつづったこの本は、「創業家三代目 転落の記」という副題からもわかるように、東大に現役合格し、赤字子会社を立て直した20代、役員を歴任した30代、そして42歳での社長就任というオモテのプロフィルからはうかがい知れないウラの部分がたっぷり。井川家に生まれたがゆえの苦悩、父親との確執、そしてカジノにどっぷりとハマっていく様子が詳細につづられている。

中でも衝撃的なのがタレントや有名人との華麗なる交遊だ。ウワサになった女性タレントや、六本木・西麻布界隈(かいわい)で飲み遊ぶうちに知り合った芸能人のほとんどが「実名」で明かされているのだ。

そのいくつかをかいつまむと、歌舞伎役者とお忍びでデート中の宮沢りえに声をかけて怒られたエピソードから始まり、東尾修、二谷友里恵とのテキーラ一気飲み対決も。バーで酔っぱらった女優の岩佐真悠子から耳に噛みつかれたとか、ほしのあきとは月に2〜3回は食事をする仲で、ダンボール1箱分のティッシュをプレゼントしたこともあったという。

ちなみに、交際がウワサされたセクシー女優とは泊まりがけで軽井沢の別荘に出掛けたことはあるが、プールやサウナも水着着用だったとか。

その他にも酒席などをともにした芸能人は元AKB48の大島麻衣、ジャニーズの山Pこと山下智久、加藤ミリヤ、田丸麻紀など数十人。西麻布で暴行被害にあった市川海老蔵とも飲み仲間で、海老蔵を殴った側の「関東連合」の石元太一とも面識があるというからスゴイ話である。

<「1万円」に釣られた某人気アイドル>

また、名前こそ伏せているが、人気アイドルグループの元メンバーの2人とは彼女たちが高校1年生の時に西麻布のバーの個室で遭遇したというくだりも興味深い。

さすがに女子高生はヤバイと判断した井川氏がソフトドリンクを飲ませて1万円ずつタクシー代を握らせて帰らせたところ、「1万円をポンと渡されて味を占めたのだろう。それから数カ月間、2人からは毎日のように、『今日は何をやっているんですか?』と電話やメールで連絡が続いた」というからホステス顔負け。

今や人気タレントになっているという2人だが、高校生の頃から目先のカネ欲しさに西麻布や六本木界隈を徘徊(はいかい)していたとは、表沙汰にならない芸能界の暗部と恥部には驚くしかない。
(日刊ゲンダイより引用)

衝撃の記述はまだまだ続き、芸能界とタニマチ、そして「半グレ」と呼ばれる関東連合をつなぐ点と線までもが明らかに。

上場企業創業家の転落記としては空前絶後の内容ですが、今ごろ、真っ青になっている芸能人は少なくないでしょう。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
神田うの夫妻、離婚の重大危機! 原因は夫の○○疑惑?カメラの前で謝り続けるしかない
また、嵐の土下座事件発生!嵐のうちわを地面に並べて、集団で土下座をするファンの画像がアップされ物議。
“第二夫人発覚”のテリー伊藤が、矢口真里の半同棲を応援!?「お前が言うな」「自分を擁護してるようにしか……」と非難の声が
設楽も宮根も半笑い…矢口真里の「半同棲報道」をワイドショーが“笑い話”にできるワケ
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。