三谷幸喜の再婚相手は要注意人物!? 辻仁成の不倫相手だった過去 - アイドル 芸能 見張り隊

三谷幸喜の再婚相手は要注意人物!? 辻仁成の不倫相手だった過去

2011年5月、女優の小林聡美と離婚した三谷幸喜。それからおよそ2年、三谷に“小林聡美似”の女性との同棲が発覚しました。

この時三谷は、「相手は一般の女性。静かに見守ってくれ」と発言し、さらに今年8月にはその女性とめでたく結婚。その際にも「一般女性」を強調していました。

だが今回、「週女」が明らかにした三谷新妻の正体は――なんと元女優だったというのです。
それにしてもなぜ、素性を隠したかったのか解せない話ですね。

清須会議/三谷幸喜

清須会議/三谷幸喜

(関連商品)

(以下引用)
引退後、映画製作会社で製作デスクをしていた折に三谷と出会い結婚したという。神経質で変わっている三谷のこと、今度の妻は表に出したくないというのはわからないでもない。女優だったとはいえ、とっくに引退した人でもあるからね。しかし新妻の“女優歴”を知ると、三谷が「一般女性」と強調する理由は違ったものに思えてくる。

三谷の新妻は、かつて辻仁成の初監督作品『千年旅人』(1999年公開)にヒロインとして抜擢された女優yumaだったというのだから。この女優、覚えている。興行的には泣かず飛ばずだった『千年旅人』での唯一の話題、それが監督辻とyumaとの関係だった。当時の辻は、自身の作品などよりも何百倍もそのプレイボーイぶりが有名だった。しかも職権乱用的というか、仕事でお近づきになった女性に入れあげ、手を付けるのが早い、と。辻がこの映画を監督をした時期、辻には95年に結婚した南果歩という妻が存在した。しかし辻はyumaに相当入れ込んでいた様子だった。そのため映画の内容などそっちのけで「2人は不倫関係」と芸能界、そして文壇でもまことしやかに囁かれたものだった。

映画公開後も辻はyumaの歌をプロデュースし、CDを出したという事実、そして辻の女性遍歴からも、このうわさはかなり信憑性があると今回あらためて確信した。世俗に疎そうな三谷といえども、同じ映画業界にいる(三谷に失礼か!)のだから、辻の女癖の悪さくらいは聞き及んでいてもおかしくはない。

再婚によって辻の存在がクローズアップされることを嫌った、新妻と辻の関係を再び引っ張りだされたくない、そう考えると頑なに「一般女性」と言い張り、素性を明かさなかった三谷の心情がよくわかる。なるほど、と。

女優だった当時のyumaは19歳。かなりしたたかな女性だったという印象がある。辻の寵愛を武器に成り上がろうとする感じというか。しかし2年ほどの芸能活動は、ほとんど辻絡み。やがて消えていった、そんな女優である。

そして、もう1つ気になる記事が今週の「自身」に掲載されていた。三谷の監督・原作・脚本作品『清須会議』の打ち上げで、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽ら、主要出演女優が揃って欠席したというものだ。これは尋常ではない事態である。通常こうした打ち上げには、出演者は極力スケジュールを調整し、出席するものだ。
もちろんどうしても無理な場合もあるとは思うが、主要キャスト3人が欠席というのはちょっとした異常事態である。「自身」は欠席の理由については記していないが、「女優たちに“逃げられた”三谷が頼りにしているのは、映画界に人脈があり、語学も堪能な妻だ」と記している。うーん?? 本当は、女優たちが“逃げた”理由に新妻yumaの存在があったりするんじゃない!? 三谷幸喜を巡る女優たちの動向、芸能マスコミ的にも要注目である。
(サイゾーウーマンより引用)

う〜ん、どうも芸能界の評判は、あまりよろしくないようですね。
それでも、結婚したのですから、彼にとっては魅力ある女性だったのかもしれません。

こうも女優さんたちに嫌われてしまっては、今後、映画や舞台をやるにしてもキャスティングに苦労しそうですね。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
<続報>松坂大輔の娘がAKB加入?
嵐のギャラ値下げで、ジャニーズに危機感!学歴偏重、キャスター部創設など、新戦略の噂が
ジャニーズ内紛 !「嵐が売れて予定が狂った」ジャニーズ派閥争いに、バーニングが加勢?
好調『あさイチ』共演者が絶賛するV6井ノ原の司会力とは?
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。