窮地の猪瀬都知事、元不倫相手が糾弾!「知事クビどころか、お縄ちょうだいよ!」 - アイドル 芸能 見張り隊

窮地の猪瀬都知事、元不倫相手が糾弾!「知事クビどころか、お縄ちょうだいよ!」

決断する力/猪瀬直樹

決断する力/猪瀬直樹

(関連商品)

公選法違反容疑で幹部6人が逮捕された徳洲会グループが、昨年12月16日の東京都知事選前、猪瀬直樹都知事(67)に5000万円を提供していたことが分かり大騒ぎ。
そんな窮地の猪瀬知事を、女流作家・中平まみ氏(59)が「知事クビどころか、お縄ちょうだいよ!」と徹底糾弾しています。

中平氏は2001年の参院選で、徳田虎雄・前徳洲会理事長(75)が代表だった自由連合から比例代表で出馬。また猪瀬氏とはかつて不倫関係にあったとされ、徳洲会×猪瀬スキャンダルを斬るにはもってこいの人物なんですね。

(以下引用)
都知事選で史上最多の約430万票を得て初当選。東京五輪招致に成功するなど絶好調だった猪瀬氏の足元が大きく揺らいでいる。

朝日新聞のスクープを発端に、マスコミも追及態勢に入った。猪瀬氏は22日午後、都庁の定例会見で、現金を徳田毅衆院議員(42)から直接受け取ったことを認めた。場所は議員会館だった記憶があるという。

本人説明によると、選挙直前の昨年11月中旬ごろ、徳田前理事長のもとを訪問し、石原慎太郎前知事(81)の後継者としてあいさつ。虎雄氏は「頑張ってください」と応援を約束したという。

その後に渡された現金だが「受け取った後、すぐに妻の貸金庫に入れて一切手をつけなかった」と説明。受け取りの事実を知っていたのは、猪瀬氏と亡くなった妻だけだという。

無利息、無担保で巨額の資金提供を受けたことについて「申し出があって断るのは失礼だと思った。選挙資金ではなく、個人の借り入れだった」とし、借用書を作成したと釈明。東京地検特捜部がグループの強制捜査に入った後の9月、特別秘書が徳洲会側に返却したことについては「妻が病気になって入院したり、9月に五輪招致が終わったりしたためだ」「今年1、2月に返したかった」と釈明した。

猪瀬氏が昨年12月に都選挙管理委員会に提出した選挙運動費用収支報告書の収入欄に、徳洲会に関する記載はなかった。公選法によると、報告書に虚偽の記載をすれば、出納責任者に3年以下の禁錮または50万円以下の罰金が科される。

司法に詳しい関係者は「7年後の東京五輪を控え、猪瀬知事は公人として借りた5000万円の性格や意味を都民が納得できるよう説明をすべきです。そうでないと東京地検特捜部が、猪瀬知事の徳洲会側から受け取った5000万円の流れについて関心を持つ可能性があります」と指摘した。

この問題に「めでたい!」と喜ぶのが中平氏だ。1991年、猪瀬氏は不倫関係にあった中平氏とドライブデートした際、酒を飲んで運転した揚げ句、中央分離帯に衝突する事故を起こした――。これが今年6月の「週刊文春」の取材に対して中平氏本人の口から語られ、大問題に発展した。

22日夕、本紙の取材に応じた中平氏は「これで知事職も失脚。乾杯しましょ」と早速シャンパンを頼んで上機嫌だ。中平氏は徳田前理事長とも親しい間柄にあり、「私は(前理事長の)性格を知ってるから。もっと(金額は)エスカレートしてるかも」と語る。

また、猪瀬氏の金銭感覚についても、こんなエピソードを語った。「顔のシミを取りたくて、人に紹介された整形で施術されたのに、金を払わなかったそうよ」。さらに「姑息で薄汚い。『小男コンプレックス』よ。小さいのに限って自分を大きく見せようとするのよ」と糾弾。また、返金時期が強制捜査直後ということに、病気の妻の看病から解放されたタイミングだったと説明した猪瀬氏に対しては「妻の病気を理由に出すなんて卑劣!」と言い切った。

中平氏は先月、猪瀬氏をモデルとした短編が収められた短編小説集「ポランスキーも小男(チビ)だけど」(展望社)を出版。2人の関係や“小男”の本性を明らかにしている。

「お縄ちょうだいで(刑務所に)ぶちこむべき」。最後には失脚どころか、逮捕まで予感させる言葉を残し、中平氏はシャンパンを流し込んだ。すべてが、中平氏の言葉通りとは思いたくないが…。
(東スポより引用)

作家の中平まみさんは、過去に実名で猪瀬直樹知事を告発していました。

週刊文春の記事によると、猪瀬氏は、91年夏の雑誌対談で中平さんと知り合い、音楽会や食事に誘うなどして男女交際していた。
当時、中平さんは独身だったが、猪瀬氏は妻子持ちのため、事実なら不倫関係になります。

(以下引用)
猪瀬氏は交際中、寝室のある事務所に中平さんを呼んだり、中平さんに電話で卑わいな言葉をかけたりしたこともあったという。

また、中平さんによると、この年の10月10日には、猪瀬氏は、中平さんの実家の車を運転して横浜にデートに出かけ、バーに寄った帰りに高速道路を飲酒運転した。そして、前方の追突事故で急ブレーキをかけた車を避けようとして急ハンドルを切ったため、中央分離帯に激突し、フロントを大破させたが、警察に連絡せずにそのまま車で去った。

さらに、文春の記事では、中平さんと会わなくなった後の92年1月も、テレビリポーター女性にアプローチし、何度も肉体関係を迫るなどしたという。

猪瀬氏は中平さんとの不倫交際については、20年以上前のことだが深く反省しているとした。また、飲酒運転はしておらず、軽い自損事故を起こしただけだという。
(週刊文春より引用)

都知事ともあろう人が、こうも人格のない、ずるい人だとは呆れてしまいました。
こんな人に、東京五輪のすべてをまかせていいものか、いささか心配ですね。

ポランスキーも小男(チビ)だけど 中平まみ-短篇集-

ポランスキーも小男(チビ)だけど 中平まみ-短篇集-


◆関連記事◆
台風大惨事でもジョギング&ツイッター…猪瀬直樹は、都知事「失格」だ!

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
「木村が受かったオーディションに僕、落ちました」中居正広、下積みの苦労をさらりと告白!
ジャニーズ内で中居正広の存在感が上昇中!決め手は若手へのトーク指導とプロデュース力
70歳、加藤茶に”要介護”?一人でジュースが開けられない!旅番組で「生気がない」「介護に見える」と心配の声。
仰天!「リーガルハイ」続編は時代劇!堺が旗本の三男坊、広末が遠山の金さん、悪代官、くノ一も登場?プロデューサー驚きの構想語る
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。