井上真央の大河主役抜てきで見え隠れする、NHKとみずほ銀行との黒い癒着!? - アイドル 芸能 見張り隊

井上真央の大河主役抜てきで見え隠れする、NHKとみずほ銀行との黒い癒着!?

井上真央が再来年(平成15年)の大河ドラマの主演に内定しています。江戸幕末の長州藩士・吉田松陰の妹役ですが、タイトルその他詳細は決まっていません。

井上はこれまで、11年に放送された朝の連続テレビ小説『おひさま』でヒロインを演じ、同年大みそかのNHK紅白歌合戦では紅組司会を務めています。

朝の連続ドラマと大河ドラマの両方の主役を演じるのはきわめて少ない。とりわけ井上の場合は、朝ドラと大河で4年しか間を置かれていない。それだけNHKから寵愛されている、とみていいでしょう。

おひさま 完全版 DVD-BOX 3(DVD)

おひさま 完全版 DVD-BOX 3(DVD)

(関連商品)

たしかに、その実績は無視できない。井上は昨年3月、映画『八日目の蝉』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を獲得、名実ともにトップ女優に上りつめている。過去に朝ドラヒロインから大河主演にステップアップしたのは『ひまわり』から『利家とまつ』の松嶋菜々子、『純情きらり』から『篤姫』の宮崎あおいぐらいだ。

それにしても、なぜ井上はNHKから寵愛されるのか。
 
「NHKのメインバンクと大きく関係しています。NHKの場合はみずほ銀行がそれで、井上は06年から同銀行の広告塔になっている。みずほの圧力もあり、井上を連ドラと大河の両方の主役に据えるという決断に出たわけです」(前出・NHK事情通)

NHKが先日発表した中間決算(14年3月期)では、黒字が180億円になったというが、いつ景気は落ち込むかわからない。そのために、メインバンクのご機嫌をとることも必要だ。さらに、再来年大河の舞台を安倍総理の故郷・山口にしたことも“配慮”の一環とみてよかろう。
(週刊実話より引用)

八日目の蝉 特別版 DVD

八日目の蝉 特別版 DVD

(関連商品) 

それにしても、NHKのメインバンクに対する及び腰はハンパではないですね。

NHKは公共放送の名のもと、聴取料を強制的に取りたてているのでお金には困らないはずなのに
なぜご銀行の機嫌を取らなければいけいないのか解せません。

こうした事例は、他にもあるのでは?と疑ってしまいますが…。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
板東英二、まさかの電撃復帰!ナイナイ岡村の『めちゃユル』でタレント活動再開も、反省の色なし。
「木村が受かったオーディションに僕、落ちました」中居正広、下積みの苦労をさらりと告白!
窮地の猪瀬都知事、元不倫相手が糾弾!「知事クビどころか、お縄ちょうだいよ!」
二宮和也がジャニーズの”お笑い担当”?吉本興業が好感触!コラボ番組オファーも。
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。